My Favorite Goods & Foods Life

ugandaこだわりのグッズ、食べもの、遊び、つぶやきetc

September 2006

もりくまツーリング2006〜背あぶり峠〜銀山温泉

今日は7さんプロデュースの背あぶり〜銀山温泉ツーリングに参加。
昨日136km走ったというのに・・・。
asa爺さんが仙台からの転勤でいらっしゃった方と銀輪のメンバーの方を連れて来ると言われていたので休めなかった。
7時に県庁へ行くと
お見送りでりんくまさん、7さん、マスター、クロちゃん、asa爺さん、仙台から転勤で山形に来たというobaraさんが来ていた。
あれyamaさん来ないのかな?
やっぱりお尻痛かったんだなー。
りんくまさんが電話して確認したところお休みらしい。

その他saitoh,気鵑saitoh君が後から合流するとのことで早速出発する。
ツチダレーシングのジャージで固めたobaraさん、トライアスロンをやってるらしく、すごい筋肉。
最初から期待外れにさせてはいけないと思い、僕の脚が動くうちは楽しんでいただこうと最初から引っ張る
あづまや前まで25km/hペースで走る
結構いっぱいいっぱいなんだけど平気で付いてくる
さらにべにばなトンネルは30〜28km/hで引くがまったく離れず付いてくる。
速いぞ
こりゃ背あぶりどころかジャガラまでも持たないな・・・と覚悟の上でobaraさんに楽しんでいただくことを優先に下りもガンガン下る。
途中、saitoh,気鵑合流。
obaraさんと高瀬小学校前46km/h〜大森陸橋40km/h〜トンネル前坂30km/hで走行。
マスターや7さんから非難轟々
asa爺さんからも「背あぶりまで持つのか?」とたしなめられる
正直今日はもう行ける所まで行ってリタイヤしても良いと思っていたのだ・・・。
さらにジャガラモガラまでの農道をobaraさんと突っ走るが、ジャガラモガラ前の最後の坂で売り切れ、obaraさんとクロちゃんに交わされる
とうとう化けの皮が剥がれた
ダメだなー
ジャガラモガラで休憩、saitoh君が合流。
アンカーのアルミBikeに上下アンカージャージで一目で走り屋とわかる様相
マスターがクロちゃんに「ジャガラの上に行って来い」と言うと笑顔で「行ってきます」と行ってしまうクロちゃん。
すぐに戻ってきてマスターから「もっと先までだよ」と言われて「わかりました」とまた行ってしまった
スゴイね
ここでobaraさんは帰宅。
お疲れ様でした。
さて、ここからまた農道のUPDOWNが続く道。
saitoh君が積極的に前に出る
その後を僕が追う形。
saitoh君、来週の宮城クリテに出るって言ってから、今日は少しでも楽しんでいってもらわないとね
他のみんなは背あぶり峠まで体力を温存する様子。
それでもasa爺さん、saitoh,気鵑和いんだけど

堂の前公園に到着。
もうバテた
ここで帰ろうかなーと本気で思っていた。
せっかくデジカメ持ってきたのにさっぱり撮っていない事に気が付いた。
みんなで記念撮影

堂の前公園
左から
マスター、7さん、saitoh,気鵝◆saitoh君、asa爺さん、クロちゃん

「もう帰る」と言っても誰も許してくれない。
マスターも絶不調だと言いながら決して「帰る」とは言わない。
すごいなー
堂の前公園を出てバラ公園に入るあたりでもう限界が来ていた。
7さんが前に出てきた。
パワーアップしてるしなー。
僕は大倉溜池から先の坂でいきなりパワーダウン
あっという間にみんなに置いて行かれてしまった。背あぶり峠への曲がり角でみんな止まってくれていたので「すみませーん」と追いつきながらそのまま登り始める。
「行きたくないよー
必死で登るが全然進まない感じ・・・。
ここに来るのは3度目だけど自転車で登るのは2回目。
あのカーブを曲がったら前が開けてゴール・・・あれぇぇぇ
りんくまさんの言葉通り「坂には3回裏切られる」でした。
天気も良くて気温も上がってきたね。
背あぶり峠のピークで休んだ後、本日2度目の「もう帰る」宣言をするが、これまた却下された
「この先の下りは慎重に」とasa爺さんが先行して危険箇所で待機してくれて、みんなを誘導してくれた。
さすがベテラン
7さん先導で今回のメインの農道を走る。
saitoh,気鵑Fタイヤのスポークが折れるというアクシデントがあったが大事に至らずそのまま走れるとの事。
いきなりの登坂で「行きたくなーい」と泣きを入れる。
みんなどんどん行ってしまうので行かざるを得ないし・・・。
途中の集落の民家で水を分けてもらった。
鶴子までの道も結構キツイ
7さん「ちょっとした丘越え」って立派な山越えです。
鶴子に入って、だいぶ前と離れたなーと不安になりGPSを取り出したら、前方の自販機前にいたので一安心。
ActiveDietを買って飲む。
ここからさらに登るんだよなー
登り口はいきなり10%弱の坂
なんだよー
どこまで続くかわからない坂を登るのってキツイね。
尾花沢サーキット場の近くでみんなが待っててくれた。
ヘアバンドの汗がジャバジャバ絞れる。
「この先は下りだけど道が悪いのでゆっくり下りましょう」と言葉を残してあっという間に行ってしまった。
本当にゆっくり下ったのは7さん、saitoh,気鵑世院
やっと銀山温泉に着いた
銀山温泉に着いた喜びよりも、もう山は無いよねという喜びだった。
asa爺さんお勧めの温泉街奥の「はいからさん通り」へ
マスターと白銀の滝を見に行く。

白銀の滝withマスター.jpg
小っちゃく写っているのがマスター
カリーパン食べてます(笑)

「はいからさん通り」名物のカリーパンを食べる。
今日は食べてもいいよね

はいからさんのカリーパン

ウマかったぁー
二階の座敷に上がって昼食、肉が食いたいとチャーシューメンを注文。
ごくごくフツーのチャーシューメンでした
帰りにクロちゃんからシャッターを押してもらってパチリ

銀山温泉にて
ホントお腹凹んだねー

ここから下り基調の道は僕は鬼になった・・・らしい。
尾花沢の街中までガンガン走り、尾花沢からは朧気から国道13号に出て居合神社の交差点から西に下りて県道381号を突っ走る。
山間部で置いていかれた分平地で引っ張る。
saitoh君と先頭交代しながら36〜45km/hで激走
神町まで来てコンビニ休憩。
asa爺さんから「後は勝手に先に行け」と言われてしまう(笑)。
そこからは7さんに先導してもらい、県道20号を帰る。
見崎でsaitoh,気鵝馬見ヶ崎でsaitoh君がそれぞれ帰宅。
輪熊ショップに無事到着したのは16時20分頃だった。
yamaさんのBMCが止まっていたので中をのぞくとyamaさんが居た。
今日は西川の方へソロで走ってきたそうだ

nagaoka隊長、matsuda班長、youyaが自転車を見に来るとのことで16:30に待ち合わせをしていたのに間に合ってよかった。
そのあと西浜ツーリングの反省会をすることになっていたのを忘れていて、急いで家に帰ってシャワーを浴びて輪熊ショップに戻ってきた。

本日の走行距離:139km
今月の走行距離:320.3km

体重:74.6kg、体脂肪率:21.9%

「かめや」〜馬肉チャーシューメン

木地山ダムツーリングに行った際に長井市今泉の『かめや』に行った。
yamaさんに「馬肉チャーシューの店でいいですか?」と聞くと「いいよ」とのことで今泉の駅前とは聞いていたが行くのは初めて。
厳密に言えば小さい頃におじさんに連れられて何度か来た事があるのだが、道や場所など覚えていない。
今泉駅へ行く交差点を曲がるとすぐに「かめや」の看板。
nagaoka隊長に電話で確認して馬肉チャーシューの店は「かめや」で間違い無いか確認し店に入った。

メニューは「中華そば」しかないんだね。
チャーシューとメンマと追加できるようになっていたので
yamaさんと中華そば並み盛にチャーシューを追加で注文。
帰りも健脚で無事に帰れるように馬肉を食べないとね

馬肉チャーシューメン.jpg馬肉チャーシューメンUP

チャーシューは塩っぱいね
スープは見た目濃いようだが意外と薄味。
逆の方がよかったなー。
牛ダシ?なんだろう?
麺は太麺というほどではないが結構モチモチしている。茹で具合もちょうどいい。
だけどトータルでの評価は「普通」だなー。
もう一回わざわざ今泉まで食いに来たいってほどでもないね。
でも、美味しい方だと思います。

(c)ちゅうかツルツルウマウマ隊 隊員No.18 uganda

もりくまツーリング2006〜木地山ダム

もりくまツーリングからのオプションでyamaさんと長井の木地山ダムへ。
朝7時西公園集合で集まったのは、
りんくまさん、WADAさん、7さん、マスター、初参加のM崎さん、仙台出張の為お見送りのみのkuboさん、遅れてyamaさん登場(笑)で僕を含めて7台のツーリング。
yamaさん、昨夜のルート会議でのお酒が残っていたのかな
僕とyamaさん以外は午前中のみのショートコースということで、まずは県民の森まで登り始める。
yamaさんが積極的に前に出る。
おっ調子いいみたいだそ
登り口の麓でマスターが先行。
やっぱり登りは強いなー。
マスターの後ろに付いて序盤先行する。
最初の元気なうちにしかマスターをアシストできないと思い「少し引きます」と前に出るが「先に行ってください」と言われる
やはり昨夜は遅かったのかな・・・スミマセン
程なくWADAさんが追いついて来てあっという間に抜かれる。
しばらく・・・いや少しの間並んで走れただけでチギられる
「あーあ、やっぱりいつまでたっても登りはカメなんだなー」とガッカリ
いつもならマスターにも追いつかれるところだが今日は何とか逃げ切ることができた
続々と大沼の売店前に到着し休憩。

県民の森_7さん&マスター

県民の森_wadaさん&りんくまさん&yamaさん&S木さん
yamaさんのBMCに興味津々のWADAさん、M崎さん

yamaさんの自転車のサドルを調節する。
それがこの後の悲劇の原因になったのだろうか
ここから先は一旦下ってから少し登るコースだが、今日は調子がいいみたいなのでWADAさんとグイグイ先行して行く
ショート組は途中朝日町にショートカットし大蕨を経由して山形へ戻る。
yamaさんと僕は木地山ダムへと向かった。
県道17号を下りて白鷹から長井へ県道11号を走る。
ここはひたすら平坦路で軽快に30km/h台で進む。
気温がだいぶ上がってきたなー
途中コンビニで補給食を買おうと長井市内へ少し入っていくと7ELEVENがあったのでそこに入る。
持って行って補食と言うよりは食べてしまおうとおにぎりを二個食べた。
補食として「剥き甘栗太郎」を購入。
そんなところへ偶然マルさんが登場。
今日は非番だったそうだ。
なあんだ、前もって掲示板にでも「木地山行く」と書いておけばよかったなー。
って決まったのは昨夜遅くなんだっけね
マルさんに道順を確認して出発

県道252号のずっとなだらかな傾斜が続く道を「このまま山間を入っていくんだろうなー」と走らせると目の前にドーンと現れた坂
なんだこれ
yamaさんも「えー」と言いながら「行くしかない」と登る。
まだ脚が残っているので行けるうちに行こうと先に行かせてもらう。
この辺が経験の少なさから来る自分を知らない怖さだなー。
どこで売り切れるかわからないので「行けるうちに行かないとたどり着けないのでは?」という恐怖が周りへの気遣いを無くしてしまう。
反省すべき課題だなぁ
過去にもりくまツーリングで山刀伐峠〜次年子でみんなに置いて行かれて、次年子の山奥で一人ぼっちで両足攣って身動きが取れなくなってしまったことがトラウマになっている
少し坂が緩くなってトンネルが見えた。(高張トンネル)
トンネルを抜けると長井ダムの工事現場が見渡せる展望台が現れた。
ここでyamaさんを待とう。
まもなくyamaさん到着。
一緒に長井ダムの現場を眺める。
本当にでかいダムだ。

長井ダム展望台

もう一つトンネル(黒獅子トンネル)を抜けるとさっき展望台から見えていた道だ。
そうかートンネルが曲がってたんだ。
さらに奥へ進むと「御神輿トンネル」なんてのがあって抜けると思いっきり下り坂がある。
またもやyamaさんと「何コレ」と声を発してしまう。
すごいところだなー
どんどん道は狭くなり山奥へ入っていく。
小さなUPDOWNが続くのかと思うと再び現場が出てきて、その先にはまたまたキツイ登りがあったりで、結構キツイ。
すっかり僕の頭の中はゴールすることしか無くなっていた。
しばらく走ってダムが見えた時は本当にホッとした
ダムサイトの上を走り対岸へ渡ると記念碑がありその先は未舗装だったので記念碑の前でyamaさんを待った。
ヘアバンドの汗を絞るとジャバジャバと汗が落ちた。
どのぐらい走ったんだろう?

木地山ダム_メーターDST木地山ダム_メーターAVS

70kmかー遠かったなー
AVS 21.5km/hはこれだけの山岳コースの中で非常に優秀だね
yamaさん到着
お尻が擦れて痛いらしい。
記念碑の前でパチリ。

木地山ダム記念碑前

天気も良いし眺めも良い
来てよかった、イヤ来れて良かった
さてこれからがまた長い道のりだ。
途中水を汲む予定だったのだが上手く汲むことができる場所が見当たらず過ぎてしまった。
さっき下った長井ダムの大きな坂の前に来た。
下で待つか上で待つか悩んで上で待つことに。
キッツイ
コケるかと思った
またまたヘアバンドの汗はジャバジャバ
甘栗太郎を口にすると甘くて美味しい
yamaさんを待つ間にパチリ。
「御神輿トンネル」だって・・・

長井ダム御神輿トンネル前

自転車がドロで真っ白になっている
yamaさんが登ってきた。
お尻辛そうだなー。
甘栗太郎を上げたら食べてくれた。

後は長井市の街中まで下り基調だから楽できるな。
下りながら「よくもまあこんなところを登ってきたもんだ」と思う。
帰りは宮内の旧道経由で小滝に抜けて帰るルートを選択。
国道287号沿いまで出てきてコンビニで水を補給。
お昼どこで食べようか相談し、今泉の「かめや」にした。
馬肉チャーシューで有名なお店。
健脚になるように馬肉を食べた(笑)。

国道287号から国道113号に出て、県道247号に入りフラワー長井線「梨郷駅」前を通って宮内の街中を通過、県道5号を走って国道348号へ。
県道5号は緩やかに傾斜の付いたのぼり基調。
yamaさん相当お尻が痛いらしくだいぶペースが上がらない。
途中待ちながら進むがすぐに離れてしまう。
小滝のトンネルのすぐ手前に「縁屋(ゆかりや)」を発見
山銀本店の裏にあった蕎麦屋で好きで良く通っていたのだが突然山奥へ行ってしまった店で場所がわからなくなっていたのだ。
「ここだぁ」とうれしくなった。
店の前の作業小屋で作業をしている人に小滝峠の入り口を確認。
トイレを借りようとしたらすぐ近くに公衆トイレがあることを教えてくれた。
yamaさん来ちゃったらどうしよう?
不安になりながら公衆トイレに向かい急いで出てきて戻ったところ前方にyamaさん発見
ちょうど旧道に入っていくところだった。
また登りかーがんばって登っていく。
意外とあっさりピークになっちゃった。
キツかったけどね。
後は国道348号をひた走り、途中変なオヤジにけたたましくクラクションを鳴らされて血が騒いだが、隣にばあちゃんが乗っていたようだし、何しろ社会的地位のあるyamaさんが一緒だからね。
迷惑は掛けられまいとグッと我慢
西部工業団地でyamaさんと別れ西公園へ。

本日の走行距離:136km
今月の走行距離:181.3km

体重:75.2kg、体脂肪率:21.9%

ルート会議

ルート会議と称してyamaさん、kuboさん、りんくまさん、7さんと一席。
いや、二席か・・・(笑)
マスターの店が満席で「割烹いし山」へ
元辰寿司の店長だった石山さんのお店で久しぶりにうかがった。
舌の肥えたyamaさん、kuboさん、7さんをお連れするとなると、お店選びも気を遣う。
石山さんが寒河江川で釣って来たという鮎を食べる。
ウマい
これ「ざっこや」の鮎よりウマいぞ
yamaさん、kuboさん、7さんは喜んでくれたかな?
さて本題のルート会議だが、今だかつて話がまとまったことは無い(笑)
結局あそこはどうだ、こうだ、ああだった、こうだったの繰り返しでいつも決まらない。
それがまた楽しいのであるが・・・
この集まりのときは東北マップ、山形県マップは欠かせない。
飲み会に地図持参で盛り上がる集団ってそういないよね(笑)。
マスターから電話が入り、席が空いたとのことで早速移動。
あれぇyamaさん今夜は飲まないんじゃなかったのー?
「割烹いし山」を出るときにはすでに焼酎のボトルは空だった(爆)

マスターのお店は大繁盛
新聞効果だね。
飲まないはずのメンバーは早速ワインを開けている
さてここに来ても話題は一向に進まない。
だいたいyamaさんが「登りたくない・平地がいい」と言うのだが、自ら行きたい所として出てくる場所がすべて山の中なのである。
7さんも新車のCADD8が絶好調の様子で、県民の森を超えて大蕨で帰ってくるとか・・・それって山だけジャン
何なんだこの“坂好き”オヤジ共は
ようやく大筋で決まったのは明日仕事で走れないkuboさん提案の「狐越え」ということに。
僕とyamaさんはその先「木地山ダム」へ行くことに・・・結局山の中に行くことになったのである。
解散はam12:30を回っていた。
でもホント楽しいんだよねー

誕生祝 part2

昨日、妻の誕生日に「何かほしいものある?」と聞いても「何もいらない」と言う。
毎朝早くからサンドイッチを作ってくれて世話をかけっぱなしの僕から心ばかりの贈り物をした。

誕生祝バラ

41歳の誕生日、バラの花4本とカラーを1本。
何もアレンジ無しでシンプルなものに。
とっても喜んでくれた。
僕はその笑顔でとても幸せになれた。

これからもよろしくお願いします

高瀬〜西蔵王トレーニングVol.40

昨夜はあっという間に寝ていたなー。
最近はam4:40に目覚ましをかけているんだけど、まだ暗いんだよね。
昨日一日中脚が痛かった
もう無理できない歳なんだね。
今日は無理せず行こうとサンドイッチを食べて出かける。
気温が低いのでインナーをアンダーアーマーからカステリのWINDSTOPのアンダーに変えて出た。

今日も単独走行。
また右のクリートをいじったんだけどちょっと変だな・・・前に出しすぎたかも
昨日よりもゆっくり目に走る
中央病院前33km/h、刑務所前28〜30km/h、立谷川25〜28km/h
それでも高瀬でメーターを見るとAV28.7km/hだって
その先はさらにゆっくり登り、22km/h程度でトロトロ。
西蔵王のために脚を残しておかなくちゃね
坂で脚を残すとトンネル内も脚が軽やかで50km/h台で巡行できる。
西蔵王も今日は無理せず行こうとのぼり始める。
今日は38-21で敬寿園まで持たなかった
気温は17℃、涼しくなったねー
妙見寺大橋を38-23で通過その先もそのまま行けるな。
畑仕事をしているおじさんに「おはようございます」と挨拶。
「おぅ」と返事してくれた
それぞれのコーナーで通過タイムを見ると、そう遅くないぞ
極端にペースダウンしなければレコードまで行かなくてもそこそこいいタイムで登れるぞ。
今日のタイム:19分58秒
何だかんだ言って12秒遅れだが20分切れたのがうれしいね

虹のネットワークは犬もマスターもいなかったのでそのまま通過。
明日はどこに走ろうかなーなんて考えながら走っていたら、途中の景色の記憶が飛んでいる
危なー
気を引き締めて帰宅。
帰宅後クリートを調整する。
今度こそバッチリだ・・・といいんだけど。

本日の走行距離:45.3km

体重:76.2kg、体脂肪率:22.6%
なんだろなー体脂肪率がやばいぞ
livedoor プロフィール

uganda_

訪問者数

    最新コメント
    月別アーカイブ
    Google
    Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
    Twitter
    followme