My Favorite Goods & Foods Life

ugandaこだわりのグッズ、食べもの、遊び、つぶやきetc

February 2007

新味覚発見!

hiroさんに電話をいただき「にこみや」へ。
すると、K嶋君も同席、偶然一緒になったらしい。
hiroさん大好きのK嶋君、よかったねー
hiroさんの話題一つ一つ全てに感動するK嶋君を見てるだけで楽しい。

「にこみや」から「餃子倶楽部」への裏ゴールデンコース。
いつものトマトと玉子の炒め物と三鮮水餃子、ジャガイモサラダにチャーシューサラダを注文。
hiroさんK嶋君は紹興酒、僕はウーロン茶。
お茶漬けさんオススメのチャーシューサラダ、ウマかったっす
ここでK嶋君から教えてもらった「酢にコショウ」
水餃子を酢とコショウだけで食べるのだ。
えぇぇぇ美味しいの???
たっぷりの酢に水餃子を一個入れてコショウを振る。
パクリ、ウマーい
これHITだねー
「酢にコショウ」今度から定番だね

平日ライド〜風呂敷ライダー参上!

快晴の元、午前中銀行に行ったりでパタパタしていた。
hiroさんが今日休みを取って病院に行く事は先日のツーリングのときに聞いていたのだが、もしかして・・・と思っているところにasa爺さんからメールをいただく。
「hiroさんと走ってるんですか?」とのこと。
みんなBlog見てるねー(笑)
すかさずhiroさんに電話を入れると「今トロベコカレー」だって
やっぱり・・・「今から行きます」と言うと「仕事しなよー」だって
すぐにasa爺さんに「既に走っているようです、これから僕も追撃します」と返信
速攻で支度して出撃
hiroさんの居場所と行き先を聞いて県道22号〜20号を使い爆走
向かい風もなんのその、ガンガン攻める。
「14:30になったら折り返す」と言われていたのでそこまではノンストップ。
AVSを見ると31〜30km/h
向かい風でこのAVSは良い感じだ

東根二中隣の白水荘手前200mでタイムアップ。
hiroさんに電話すると「さくらんぼカントリーのところ」とのこと。
そこからさらに北上してhiroさんと合流する。
「来る途中に『長瀞納豆』ってあったよね?」と聞かれたので「知り合いです、行って見ますか?」と言うと「うん」とのこと。
長瀞の集落の中へ入っていく。
『長瀞納豆』の社長のU津さんは湯殿山神社の神輿会の仲間なのだ
工場の脇の事務所にお邪魔すると「何したの何やその格好」と笑う
hiroさんを紹介しご挨拶。
「納豆持って行ぐが?」と言っていただき、遠慮せずに「いただきます、でも入れ物が無いので少しで・・・」と言うと「風呂敷に入れでやっから」と持ってきたのは赤の唐草模様の風呂敷に包んだたくさんの納豆
これを背負って走るのか・・・風呂敷ライダーじゃん
超恥ずかしいのだが、せっかくのご好意に断ることもできずにいただいて帰る。
hiroさんの「カッコイイ」の笑顔は決して誉めてる笑顔じゃないね
来るとき向かい風だった風は帰りは当然追い風。
その風に乗ってグイグイ飛ばす
hiroさんのオパール+アンタラホイールがメチャクチャカッコイイ
前半hiroさんも快調だったのでついついペースが上がる
AVSで30〜32、33km/hぐらいかな・・・
後半、hiroさんも少しバテたのかペースダウンして走る。
と言っても僕は風呂敷ライダーの格好なので早く帰りたいのだ
yahapooh先生に立ち寄ってhiroさんのオパールをお見せして納豆をおすそ分け。
「次はマスターに持っていこう」とその格好で七日町へ。
周囲の目が気になる。
明らかに笑われてる気がするし・・・

風呂敷ライダー風呂敷ライダー2

風呂敷ライダー見参
hiroさん、写真いただきましたよ

夕方から打ち合わせがある為、輪熊shopに行くと言うhiroさんと別れて帰宅。
テルメに行って着替えて再び仕事へ復帰した。

本日の走行距離:68.6km、AVS:25.7km/h
今月の走行距離:624.6km
本年の走行距離:973.9km

残念・・・(T_T)

Ak葉先生から来ていた撮影の話がお流れに・・・
残念無念
でもこれで今シーズンの日曜日がまた空いてしまいました。
悲しいんだかうれしいんだか・・・

山形極寒ライド

今日も福島に行くかどうか迷っていたのだが、天気予報では相変わらず風はある様子
山形も晴れの予報だが、日中の最高気温が2℃
現在の気温は-4℃近く
どうしようかなーと悩みつつ何度も天気予報を見る
外の天気は見事な快晴なのだが、気温がめちゃくちゃ寒い

8時頃hiroさんに電話して「今日はどうしますか?」と相談すると「昨日の酒がまだ抜けていないのでもう少ししてから決めよう」とのことで、9時に再度電話することにして一旦電話を切る。
9時ちょっと過ぎに再び電話
相談の結果、河北の『葵食堂』に餅入りラーメンを食べに行こうと決まり10:30文翔館前で待ち合わせ。
5分ほど遅れて文翔館に行くとコルナゴをひっくり返してゴシゴシやってる
行き先を確認して出発
yahapooh先生の接骨院前を通って千歳橋を渡り県道22号で天童市長岡まで北上、左折して清池の運転免許センター前を通り中野目から県道20号へ。

左右に雄大な山の景色を見ながら北へ進む。
hiroさんに「右側前方に見える山はなんていう山?」と聞かれるがよくわからない
本当に良い景色、hiroさんの口から「いいねぇ」が連発される。
前方に煙が上がっているので何の煙だろうと思っていたら、回りの畑で小さく煙が上がっていたので「野焼きか・・・」と安心してそのまま河北町へ進む。
hiroさんのペースを見ながら走る。

空港近くのFamilyMartでトイレ休憩しコーヒーを飲む。
少し温まった
谷地橋を渡って先に進むと交通規制が貼られている。
と思うと火事だった
現場付近は通行止めだが「自転車は?」と聞くと「ホースが張られているから気をつけて」と通してもらい『葵食堂』へ向かうと・・・なんと休み
「喬陶庵に行きましょうか」と一路寒河江へ。
『喬陶庵』に着くと駐車場は車で一杯
こりゃは入れそうに無いなとすぐ近くの『天好』に入る。
僕はラーメン、hiroさんは天丼を食べる。

天好_中華そば天好_中華そばUP

ラーメンは450円と格安。
味は値段が値段だけに文句は言えないかなって感じ
ほのかにごま油のような香りがする、少し塩っぱい系。

hiroさんと天丼

hiroさんの天丼は見た目は豪華だが、肝心のお味はhiroさんをうならせるものではなかった様子

お腹が一杯になったところで午後のコースをプランニング。
このまま南下して『LOTUS CAFE』でお茶しようということになり出発。
国道458号経由で中山町〜山辺町を通過して長谷堂トンネルへ。
見晴らしの丘からの蔵王の眺めも本当にきれいだった。

『LOTUS CAFE』からも蔵王がはっきり見える
マスターと蔵王へ行っているはずの7さんに電話してみると、丁度下山中だと言う。
KuboGさんも合流して今日もこれから『亀太郎』だそうだ。
僕とhiroさんはカフェオレでマッタリ。
温まるね
hiroさんが日大山形そばの『ガーベルデリカテッセン』に行きたいとのことで道案内する。
行ってみたらまたまた休み
亀太郎に顔を出しに行ってみるが既に食べ終わってお風呂に入っているようだったのでそのまま帰還。

寒いながら最高の日差しと景色に大満足のツーリングだった

本日の走行距離:78.3km
今月の走行距離:556.0km
本年の走行距離:905.3km

亘理〜小斎峠〜旗巻峠〜松川浦ツーリング

昨夜久しぶりのルート会議を開催。
7さんと一緒に亘理〜松川浦ツーリングに行こうということになっていたのでhiroさんもお誘いするがNGとのこと

8:40県庁待ち合わせ、車に7さんの自転車を積んでいざ出発
山形はあいにくの雪模様
「hiroさん今日は走れないんじゃないの」なんて言いながら車を山形自動車道を走らせる。
村田IC付近に来てもまだ曇り空、ただ先の空は明るいので天気予報どおり晴れるようだ。
昨夜から天気予報を見ながら気になっていたのは太平洋側の強風。
今朝のTVで宮城・福島に強風警報が出ているとのこと
大丈夫かなー

鳥の海に着いたら丁度晴れ間が出ている。
駐車場に車を止めて出発。
コースは先週僕がソロで走ったコース。
7さんは今年初めての走行、短めにするのかと思ったら「100km走りたい」と言う。
達者だ

走り出してすぐに風の洗礼を受ける
強いし冷たい・・・
今日は7さんがいるので前回のように激しく頑張らなくても良い。
阿武隈川の堤防沿いの道を走る。
とても良い景色に7さんもご満悦。
北西からの風で追い風なのだが、時折西から強い風が吹きあおられることも
途中止まって7さんがサドル位置を目一杯後方にずらす。
やっぱり窮屈なポジションだと気付いていた。
ほらねー
再度出発して「少し良くなった」と言っている。
天気は最高、風さえなければ・・・

枝野小学校付近のヤマザキショップに入ろうとするが、なんか不安を感じたので7さんと相談、大内のふれあい交流センターまで行って休憩することに。
そのまま小斎峠に登る
緩い傾斜で登っている峠なので7さんもゆっくりでもしっかりと登ってくる。
やっぱりベースができているんだね。
ピークまで登ってから引き換えして再び一緒に登るが「先に行ってていいよ」と言われピークで待つことに。
小斎峠クリア
止まって「写真撮りましょうか?」というと照れくさそうに「いいよぉ」と自転車を降りずに進んでいった

国道113号丸森町大内地区にある大内ふれあい交流センターで休憩。
ここに来るのは3回目だが、今回が一番ゆっくり見学できたな(笑)
旗巻峠にある「青葉豆腐」も売っているんだね。
玉コンニャクを売っていたので「何処のこんにゃくですか?」と聞いたら地物のこんにゃくだと言う。
山形以外にも玉こんにゃくってあるんだなーと思っていたら、「どこから来たの?」と聞かれたので「山形から亘理に車で来てそこから走ってきました」と答えると「あら私も山形出身なのよ」とおばさん。
こういった出先でのふれあいって良いよねー
休憩を終えて再び出発

旗巻峠に入り
ゆずの木の前で止まって奥の民家へ訪ねてみる。
「表のゆず一個いただけませんか?」とお願いすると「何すんの?いいよ、持ってげ」とお許しをいただく。
7さんと一個ずついただくが、ゆずの木ってすごい棘があるのね
あちこち刺さって結構痛かった
ゆず大好きのマスターへお土産GETだ。
再び登って旗巻峠の第二の目玉「世界一グルメ」の看板がある喫茶店「カントリー」前へ。

世界一のグルメ

7さんも爆笑していた。
残念なことにもう営業していない様子で「世界一のグルメ」は味わうことはできないのだ。
先に進んで旗巻古戦場跡を過ぎると最大の難所、斜度12〜3%の坂登場
7さん、ヒイヒイ言いながらもしっかりクリア
ピークの県境でパチリ。

20070224旗巻峠県境_7さん

7さん、今年最初の県境越えを達成
下っていくと山の隙間から太平洋が望める場所を発見
前回は気付かなかったなー
7さんに撮ってもらう。

20070224旗巻峠から見える太平洋20070224旗巻峠から見える太平洋をバックに

一気に下り、相馬駅前から跨線橋を越えて国道6号の交差点で「先にお昼を食べてから松川浦に行きましょう」と相談。
本日のお昼ごはんは「たこ八」へ。
7さんは穴子天丼、僕は海鮮丼を注文。
おいしく完食した

松川浦に向けて再び出発。
大洲松川浦ラインは当然強烈な向かい風
進まないよー
景色を楽しむ余裕も無い・・・
この先ずっとこの調子になるのだ。
途中コンビニで休憩をしながらなんとかゴール。
7さんだいぶお疲れモードでしたがしっかり完走しました。
まったく練習してないのにすごいことです
『わたり鳥の海温泉』でゆっくりお風呂に浸かり、大満足
二人で「hiroさんも来ればよかったのにねー」と口を揃える(笑)

本日の走行距離:106.7km
今月の走行距離:477.7km
本年の走行距離:827.0km

スポニチ佐渡ロングライド210準備篇

昨夜yahapooh先生から電話があって「ウチのIS川君も佐渡に行きたいと言ってるんですがいいですか」とのこと。
「もちろんですよ」と回答、「明日接骨院に伺います」と返事して電話を切った。

朝一でyahapooh先生へ伺う。
IS川くんはまだ来ていなかった。
今日は特にアポイントも無かったのでゆっくりトレーニングしながら話そうと思っていた。
kuboGさんが「yahapooh先生のエアロバイク、バーテープ交換したら俺も使う」と言っていたのを思い出し、バーテープを交換してあげようと古いテープを剥がしたら・・・
すんげぇ錆び
IS川君に紙ヤスリと防錆剤を買って来てもらい、まずは錆び取りから開始。
紙ヤスリで錆を落とした後、防錆剤を吹き付けてバーテープを巻いて終了
1時間半以上かかった
トレーニングは夕方することにして佐渡の話をする。
まずはyahapooh先生にIS川君のエントリーをしてもらい、その後は行程の打ち合わせ。
先生、今日はお昼の往診が無いとのことで、3人で「PetitNoel」でランチをしながら打ち合わせをする。
決まった内容は以下のとおり。
々圓は11:00発のジェットフォイルで佐渡入りする。
3人部屋で申し込み、後で一人追加できるよう相部屋不可にしておく。

<行き>
5/19(土)am6:00出発
新潟港フェリー乗り場へ10:00まで着、駐車場へ入庫し自転車を梱包する。
11:00新潟港発のジェットフォイルで両津港へ
12:00両津港着
12:15シャトルバスにて相川地区へ
チェックイン
※宿に荷物を置いて自転車を組み自走で受付会場へ行くか、シャトルバスで受付会場へ行くかは未定。
14:30相川地区発シャトルバスにて受付会場へ。
15:28本部着受付、その後ノンビリ周遊。
※自転車は本部に預ける(ロックを忘れないように確認)か自走で帰るか未定。
17:30前夜祭に参加
18:45本部発シャトルバスにて相川地区へ
19:23相川地区着
なるべく早く就寝。

<当日および帰り>
5/20(日)
3:30起床
4:30相川発シャトルバスにて本部へ
5:28本部着
6:00スタート

17:00ゴール予定
荷物の受け取りおよびBIKEの梱包
近くの風呂屋で汗を流す
18:40本部発シャトルバスにて両津港へ
19:10両津港着
19:30両津港発フェリーで新潟港へ
22:00新潟港着
山形へ

夕方JTB関東新潟支社へセットプラン(宿泊+佐渡汽船)の申し込み完了。
楽しみだなー

打ち合わせ三連発

今日は朝から打ち合わせが立て込んでいる。
10:00にT畜産の社長と、午後一13:00から○ん蔵groupの社長と打ち合わせ。
T畜産は○フエム山形のI毛さん同行で伺う。
物静かだが頭のキレは抜群のT社長、昔JCでお世話になって、今は娘の学校でPTAとしてお会いする機会が多い僕の目標とする先輩である。
提案した企画にも「具体的に検討します」の回答。
クロージングはできなかったが今後につながる営業ができた

予定より早めに終わったために同じPTAつながりでMコムの社長にアポイントを取ると、「今日は来客中のため、ウチの常務と会ってくれ」と話を通してくれた。
そのままI毛さんと一緒に営業へ
こちらも「検討します」との回答。
こっちはどうなるかわからないな・・・
でも結果より営業できただけでもいいや

I毛さんと分かれて次の予定に。
nagaoka隊長の会社に勤める僕の友人のN記君と駅前のごま蔵でお昼を食べた後、今取り掛かっている仕事の打ち合わせ。
こちらはN記君のgood Jobのおかげで好反応
デザインはが出てさらに先の仕事も見えてきた。

あっという間に3件の打ち合わせが終わった
何だかすごく疲れた・・・
夕方からは自宅で今月の広告の原稿の校正と、ホントあわただしい一日だった。

久しぶりの面々

先日撮影したビリヤード場のPHOTOデータを持って打ち合わせに行くと、駐車場が一杯
すごいな・・・と思いながら中へ入ると常連の皆さんが勢ぞろい。
超久しぶりのG藤くんが娘を連れて遊びに来ていた。

さっそくオーナーのY崎さん、店長のM実ちゃんと打ち合わせ。
今回の原稿には先日撮影した写真は使わずに来月からの原稿に使うことにする。
打ち合わせをしている間に仙台で活躍しているH光君が来店。
お互い「おぉぉぉ元気だった?」と声を掛け合う。
彼と会うのは5年ぶりぐらいかなー。
「ugandaさん痩せましたねー」と言われて気分を良くしていたら「若くなりましたよね」だって・・・
昔どれだけおっさんだったんだって感じ

yasu君とH光君の9ボールの様子を見ながらZERO23の担当者が来るのを待っていたら、来るまでY崎さんとやろうと9ボールを。
この間米沢で散々やっつけられたのに
大体勝てるわけ無いよね・・・
でも数ゲームだけ良い球が撞けた
その間も久しぶりに会う面々が続々現れ、地球滅亡でも近いのかという勢いで顔合わせになる(笑)。

深い言葉や会話は無いけれど友人に囲まれてワイワイやるのは良い事だね。

スポニチ佐渡ロングライド210準備篇

佐渡の宿の予約、フェリーの時間についてお昼yahapooh先生と打ち合わせをすることに。
ローマステーション鈴川店で待ち合わせ。

フェリーで行くか、ジェットフォイルで行って少し余裕を持って行くか、宿選びはどうするかなどを検討。
結局車を持ち込むのは断念
宿は民宿でも良いが禁煙で「ゆっくり休める宿にしよう」ということで確認。
佐和田地区の宿はすべて一杯で取れないので相川地区でしか取れない。
早目にJTBに申し込みをしようということに。
楽しみだなー

2007スノーシューVol.2〜月山

昨日のハンガーノックのような症状から無事に回復し、いたちょうと一緒に月山へ。
今回、妻はお休み

支度に手間取っていたちょうとの待ち合わせに遅れてしまう
いたちょうゴメン
セブンイレブンで買出ししようとしたらスキー客で大混雑
向かいのセーブオンに移動して買い物をした。
今日のお昼はカレーヌードルだな
山形自動車道に乗って出発
9:00集合を9:30と間違えていて途中で連絡を入れる。
なんとか9:15頃到着し他の人たちもまだ支度中だった。
今日の参加者は16名だ

今回は志津の上からの出発。
爺さん婆さんブナに行くんだな。
出発してすぐに温かくなり、アウターを脱ぐ
冬用インナーとフリース1枚で充分だ
ネイチャーセンターへ行く途中の道路標識で前でパチリ

標識前_潔くん標識前_uganda

いつもは「湯殿山」の文字が目の前まで積雪があるのだが今年はこんなに少ない。
ネイチャーセンター付近で他のグループも見かける。
今日は僕たちのほかにも2つのグループがスノーシューや山スキーを楽しんでいるようだ
ネイチャーセンター前の積雪量は3m70cmだった
いつもは6m積もるそうだ。
それでもネイチャーセンターの屋根と周りの雪がつながっていて屋根の上に登れるようになっている。

ネイチャーセンター上からネイチャーセンター上で

屋根の上から下の人に手を振る
いたちょうの後ろに見えるのはネイチャーセンターの煙突。
後ろを振り返るとグレーの空ながら湯殿山と姥ヶ岳がクッキリ

湯殿山と姥ヶ岳

時折日が刺すこともあり、天気も気温も申し分ない。
僕といたちょうは晴れ男なんだね
お昼は周海沼で食べる。
普通のカップラーメンなんだけど外で食べると美味しいよねー。
いたちょうからチョコレートをいただく。
山歩きをしているときや長い距離をBIKEに乗っている時は食べて良いことにしたのだ。
午後からのルートでまたも絶景
湯殿山をバックに

湯殿山をバックに

コースのほとんどを僕といたちょうでラッセル。
ガイドの人に「そこを左」とか声をかけてもらって先に進む。
雪の状況や地形の状況を伝えながらコース取りする。
一本ブナに到着。
いつ見てもデカイ

一本ブナ_潔君一本ブナ_uganda

午後からは日が差す時間も増えてきて本当に気持ちの良いスノーシューハイクとなった。
次回は3月4日、ガイドの人に「○○さん、来月も来るよね?」と声をかけてもらい、
いたちょうと妻と参加する予定。
帰りは道の駅で温泉に浸かってまたのぼせちゃった
わらび漬けをお土産に買ってきた。
自転車も楽しいけどスノーシューも止められないね

亘理〜小斎峠〜旗巻峠〜松川浦ソロツーリング

今週も旗巻峠に行こうといろいろお誘いするが、みんなNGだった
というわけで今回はソロツーリングだ。
明日いたちょうと月山にスノーシューに行く予定もあるので多少迷ったが、天気予報を見たら晴でしかも風も弱い。
これは行かねばと気持ちを奮い立たせた。
急いで支度して出発

わたり鳥の海に到着すると天気予報どおりの晴れ

20070217亘理湾

少し風もあるが先週ほどではない。
自分のペースで行こう
と走り出すが、頭のどこかに麒麟αさんやasa爺さんのイメージがあり、今度誘われた時も遅れずに付いて行ける様に・・・とついついトレーニングモードになる。
角田からの堤防沿いの道は前回ほどではないが向かい風だった
この区間だけは天気予報が当たらない
今回は角田の県道44号小斎峠を登ろうと向かう。
前回曲がった道を通過してさらに頂上にある県道245号の分岐まで登る。

20070217小斉峠

斜度はそんなにキツくなかったが、やっぱ登りは苦手
県道245号を一気に下り、113号に出ると前回クリートの泥を落とした物産センターに立ち寄りGPS用の乾電池を買おうとするが売ってなかった
店員さんに近くにコンビには無いか聞いてみるとこの先にヤマザキショップがあるとのことでそこに向かい乾電池を交換。
お昼は何処で何を食べようかなーと考えながらイノシシラーメンの看板を通過し、県道228号旗巻峠へ。
まだゆず生ってるかな?と見ながら行くと、まだ生ってた
この間のおじさんの影が見えたら「一つ分けてください」と言おうと思っていたけれど人影が見えずそのままスルー
更に上に進むと青葉温泉付近の「青葉豆腐」に惹かれるが登りの途中で休むと再スタートがキツくなるので諦めてこちらもスルー
やはり今回も12〜3%はあるかと思われる坂に苦戦
キツイはいつ来てもキツイ

20070217旗巻峠

相馬駅前まで行くが食べたい店が見つからない。
今日は松川浦の下まで行って大州松川浦ラインを走ろうと、駅の裏に出てからGPSで道を確認、国道6号を南下し県道74号を左折する。
そろそろ何か食わないとマズイよなーとFamilyMartでVAAMゼリーSOYJOYを購入。
ゼリーを補給し走りながらSOYJOYを食べる。
この走りながらのモグモグをやってみたかったんだよね
向かい風の洗礼を受けながら「この風は帰りは追い風になるんだな」とめげずに『相馬海浜自然の家』を目指す。

相馬海浜自然公園

3年前に初めて参加した宮城100kmライドの際に来た施設。
中で工事をしている様子だったので入らずに写真だけ撮って出発した。
いよいよ今日の最大の目的の大州松川浦ライン。
風は追い風だし、波の音が聞こえて気持ち良いねー

松川浦

この絶景を写真で表現するにはこのカメラでは厳しいかな・・・
ほんと来て良かった

さて、何か食べないとな・・・
でも「これが食べたい」と言うものが無い。
まいっかーとそのまま進んでしまう
ソロツーリングの唯一の話し相手はサイクルコンピューター、いわゆるメーターだ。
いつも気にしているのはケイデンスだが、今回はAVSにこだわってみた。
追い風に乗って相馬〜新地〜山元町のストロベリーラインはハイスピードツーリング
34〜37km/hで巡航
磯浜漁港前のレストランに気を惹かれるが降りたくなくてスルー
さらに高速巡航をキープしながら「そろそろヤバイな」と思い、山元町のSEVENELEVENでコーラとSOYJOYを購入し補給。
ここでもコーラはお店の前で飲んでSOYJOYは走りながらモグモグ(笑)。
再び高速巡航の開始。
途中山元町長選挙の選挙カーと出会い、選挙カーから「ガンバレー」と声をかけられる
メーターを見るとAVS27.8km/h、「くそぅせめて28km/hにしたい」と欲を出す。
ガンガン回して亘理町へ入るとyahapooh先生から電話。
これでAVS下がっちゃったかなーなんて思いつつ鳥の海に到着。
結局昼休みを取らずに100km走りきってしまった。
AVSは28.0km/h
おぉ目標達成だ

車にBIKEを片付けて「わたり鳥の海温泉」へ。
少しのぼせたのもあるのか風呂場でめまいが・・・
ハンガーノックかな
N本先生に電話したら「まずはちゃんとごはんを食べなさい」と指示を受ける。
まぁ何とも無かったんだけどね。

来週末は土日ともサッカーの審判で走れないのでエンドさんのところへ持って行って洗車調整とバーテープを交換。
それに・・・やはりリアからの音鳴りがあったので見てもらうとやはりセラミックベアリングに原因がある様子。
外してみたら、明らかに一個動きが渋いのがあった。
結局7さんからもらったNSK製のベアリングに交換した。
轍屋に電話して事情を説明したら、不良品は交換してくれるとのことで一安心
すっかり暗くなって山形へ帰るが、仙台市内は大渋滞

山形へ到着してhiroさんをお誘いして久しぶりに「にこみや」へ。
飲むつもりは無かったんだけど妻に送ってもらう。
hiroさんも今日は山形で走ったんだって
しかも92kmも・・・やるなー
カウンターで知り合ったお客様と意気投合、22:30ごろまで居てしまった。
「明日はいたちょうと月山だ」と話すとhiroさんから「好きだねー」と笑われる。
ホントここまで来ると運動バカだよね

本日の走行距離:101.0km
今月の走行距離:371.0km
本年の走行距離:720.3km
今年越えた峠:5箇所(明通峠、大沢峠、割山峠、旗巻峠、小斎峠)

「龍上海米沢店」〜からみそラーメン

朝一でZERO23来月号に掲載するFORTUNAの広告の打ち合わせ。
終わるとすぐに友人の経営するビリヤード場の広告写真の撮影に米沢へ。
いやー雪が多いのにビックリ
明るいうちに撮ろうと思って出かけて、お昼はオーナーのY崎さんに連れられて龍上海米沢店へ。
からみそラーメンを注文。

龍上海米沢店_からみそラーメン龍上海米沢店_からみそラーメンUP

この間カップ麺で食べたけど、お店のラーメンを食べるのは久しぶりだな・・・。
カップ麺のほうはすごく塩っぱかったけど本物はそうでもないかな。
でも最後の方は塩っぱく感じてきた。
いつもそうだけど汗だくになるね

「赤湯ラーメン龍上海米沢店」
山形県米沢市春日4丁目4−6
0238-21-8234
0120-508234

(c)ちゅうかツルツルウマウマ隊 隊員No.18 uganda

スポニチ佐渡ロングライド準備篇

なんとyahapooh先生も「エントリーしました」とのこと。
なんとか新潟一人旅は回避された・・・
と同時に当日帰県の強行ツアーも決定した
やはぎ接骨院に資料を持って打ち合わせに出かける。

BIKEはフェリーには完成車で乗せることはできるのだがシャトルバスは輪行バックに入れないと乗れない。
ジェットフォイルの場合も完成車はNGだ。
yahapooh先生は「少し早目に入って市内観光したい」と言うが・・・

◆1便前のフェリーの場合→
新潟港発9:20−11:50両津港着
両津港12:15発のシャトルバスに乗って13:05に本部会場に着ける。
そうすると17:30まで余裕を持って本部近隣を試走したりできるかな・・・。
そのまま宿に行って試走しながら自走で本部に来るのも手だね
となると、駐車場への入庫、搭乗手続き等の時間を考えると1時間前にフェリー乗り場へ着きたい。
逆算していくと4:20に山形を出なければならない

◆ちょっと奮発してジェットフォイルにした場合→
新潟港発11:00−12:00両津港着と言うのがある。
シャトルバスは12:15発で同じになるんだね。
この場合の山形発は6:00頃か・・・。
待てよ、帰りもジェットフォイルになると17:30発になるぞ。
シャトルバスは16.00発、遅くとも15:00にはゴールしないと・・・
無理じゃない
行きをジェット、帰りフェリーってアリなのかな?

◆車を持ち込む場合→
追加料金24,500円。高ぇー
でも自由度は計り知れないものがあるけどね。
時間はフェリーの場合に順ずることになる。

HPで昨年のMOVIEを見てみた。
受付時BIKEに計測チップを付けてテストするんだね。
BIKEラックにズラリと並んでいる様子が映っているが・・・。
ちょっと気になって本部に問い合わせてみた
本部のラックに鍵をかけて置いていく人がいるそうだ。
うーん心配だけどそれが一番楽だなー

それから、当日の朝は4:50発(相川地区に宿泊の場合)のシャトルバスに乗って本部に来るわけだけれども、その際チェックアウトしてから来るので荷物も持って出るわけで、走っている間の荷物はどうしたらいいのか?も聞いてみた
本部できちんと保管(業者に委託)してくれるそうだ

ついに決断!佐渡行き決定!!

にわかにスポニチ佐渡ロングライド210に行きたい気持ちが高まってきた。
経費やフェリーの時間、宿泊についてあれこれ調べると・・・

<経費>
エントリーFee:7,000円
宿泊代:平均12,900円(1泊2食)
フェリー代:1等6,200円、2等4,120円+手荷物料金500円(輪行バック入り)
駐車場代:2,100円
燃料費:別途(山形県庁〜新潟港往復326km÷平均燃費8km/l×軽油@105円≒4289円)
JTB関東新潟支社に宿とフェリーのセットを頼むと若干の割引があるらしいが・・・
概算合計:32,989円(フェリー1等の場合)
あとは新潟市内に泊まるかどうかだな・・・

<スケジュール>
◆19日
受付が13:00〜17:00で、前夜祭が17:00〜18:30なので、遅くとも
新潟港発12:30−15:00両津港着のフェリーに乗船する必要がある。
さらに駐車場に車を入れて何だ彼んだする時間を考えると11:30まで新潟港に着きたい。
ということは途中休憩することも考えて、山形は7:00頃出発かなー
両津港から大会本部まではシャトルバスを利用。
両津港発15:15−16:05大会本部着
受付を済ませて前夜祭(無料)へ出席。
前夜祭終了後、再びシャトルバスにて宿に移動
大会本部発18:45−各宿へ停車
◆20日当日
各宿発4:50頃−5:28本部会場着のシャトルバスで移動。
この時点でチェックアウトして荷物をパッケージしなければならない。
朝早いし面倒だなー
6:00大会開始、210kmのロングライドスタート
ゴールは18:00まで。
昨年は一番速い人で13:00頃帰って来た人がいたそうだ
◆帰り
大会本部発18:40−19:10両津港着のシャトルバスに乗るためには遅くとも17:00にはゴールしていないとマッサージとかしてもらう時間が無いわけだな・・・
遅れないように両津港発19:30−22:00新潟港着のフェリーに乗って帰ってくる

荷物は大会本部で預かってくれるんだろうか
預かってくれないわけ無いか・・・
そうなるとパッケージもしっかりしたモノを選ばないとダメだな

<宿>
JTB関東新潟支社に一括申込み。
そうするとフェリー代と宿代のセット割引があるそうだ
一人で「相部屋可」で申し込んで、後から仲間が行くようになって「同じ宿にしてくれ」という調整も可能だと言うことだった。
誰も一緒に行く人がいなかったら帰りも新潟で泊まろう

<エントリー>
スポーツエントリーにてエントリー。
プチ、おぉこうやるのか・・・
でもって支払い方法を選択して・・・プチ
あぁっ押しちゃったー
ということでエントリーしてしまいましたぁ

決まればいいなー

Ak葉先生から「仕事の件で話がある」とのことで打ち合わせに。
「君の得意な分野の撮影の依頼が来ているが引き受けられるか?」とのこと。
僕にしてみればホントに得意なジャンルなので即OKしたいのだが、僕の機材スペックでで果たして撮り切れるかどうか不安もある
現状、周りを見ると同等かそれ以下の機材で撮ってるカメラマンも多いそうだ。
「ま、単価はメチャメチャ安いのでそんなに気にするな」と先生は言ってくれるが・・・
うーん、でも土曜・日曜の現場が多いので自転車に乗れない日が出てくるな

それでもまずは決まればいいなー

亘理〜旗巻峠〜相馬ツーリング

昨夜は帰って来てすぐにFORTUNAの練習に参加。
クタクタの一日だった
asa爺さんから「明日麒麟αさんと亘理鳥の海から出撃」のメールが来ていて、返事をしたと同時にバタンキュー

朝も寝坊気味で起きて支度すると、妻から「また行くの?好きだねー」と呆れ顔で言われる。
妻は今日は仕事らしい。
人が働いてるときにスミマセン・・・
急いで朝ごはんを食べて出発

今日も山形は昨日の雪が残る。

20070212山形の天気
山形蔵王IC付近

ETC通勤割引で村田ICまで600円。
お得だよねー

鳥の海に着くと既にasa爺さんが来ていた。
「麒麟αさんが夜勤明けで多少遅れるかもしれないと言ってた」とのことで車の中で少し待つ。
ほどなくして麒麟αさんが到着。
asa爺さんのDE ROSAをはじめて見せてもらう
カッコいいー
出撃時の亘理鳥の海の天気は晴れ。

20070212鳥の海前天気
上空は抜けるような青空

「今日の風向きはどうなんですか?」と麒麟αさんに聞かれたので「宮城県は北西の風、福島県は西の風と出ていました」と答える。
走り出すとやはり風がある
先頭交代しながら逢隈〜角田に向かう。
相変わらずのハイスピードツーリングになりそうだ
「阿武隈川沿いの土手の上を行きましょう」とasa爺さんから声がかかると、麒麟αさんが「山形の人に宮城県の道を聞きながら走るなんて」と笑っていた。
僕らがhiroさんやkuboGさんに山形の道を聞いてるようなもんだよね。
天気予報では北西の風と出ていたので追い風のはずなのに、どう見ても向かってる。
南西の風じゃねぇか
キッツいなー

角田中央公園から西に折れても、南からの風にあおられて追い風にならないよー
県道28号〜44号に入り小斎峠に向かう途中からasa爺さんが前回ソロで走って見つけたという新しくできたっぽい農道を走る。
結構なアップダウンが続き、麒麟αさんが「インターバルトレーニングのような道ですね」とバリバリ登る
僕は昨日の疲れもあって付いて行けるか不安ながらも、後のことは考えずに付いて行けるところまでは・・・と必死で付いて行く。
僕と麒麟αさんはダンシングを多用して先行するが、asa爺さんは坦々とシッティングで登って来る。
それでも決して遅れることは無いのだ。
カッコいいなー、いつかあのペダリングを盗んでやる
もちろん麒麟αさんの高回転&パワフルなペダリングも僕には生きた教科書だ

asa爺さんが「この先土砂崩れで通行止めのところがあります」とのことでたどり着いたところは・・・

土砂崩れの前で

両側から土砂が崩落していて完全に遮断されていた。
こんなところを担いで越えるなんて・・・
hiroさんなら好きそうだな
雨の影響か土が粘土質になっていてクリートにガッチリ詰まってしまう
サドルバックに入れていたタイヤレバーでこそぎ落とすが、なかなかキレイにならない
国道113号に出て途中にある物産センターに立ち寄り、そこの水道で靴底の泥を洗う
先週ははる某さんとこの道(国道113号)を真っ直ぐ登って大沢峠に行ったのだが、今日は僕のリクエストで旗巻峠へ
前回asa爺さんがソロで走ったときに見つけたデコポンらしき樹の前で立ち止まる。

旗巻峠_ゆずの木の前

この樹はいったい何なんだろう?
デコポン?ゆず?それとも“丸森みかん”とかあるのかな?
asa爺さんが奥にある民家の人に「聞いてくる」と向かう。
答えは“ゆず”でした。

青葉温泉、斉川温泉を通過し、途中古い民家のような建物で「こんなところに喫茶店」と疑うような店を発見
窓に「世界のグルメ」と書いてあったには笑ったね
旗巻峠は道は細くキツイ坂が何箇所かあったけど楽しかった
いつものように麒麟αさん、asa爺さんから遅れてしまう

ちょうど県境付近で携帯がなったので自転車を降りて留守電を確認するが電波が弱く確認できず・・・
ついでに記念撮影

旗巻峠_県境
旗巻峠県境

下りは道幅が狭いが路面は良い。
asa爺さんたちと合流し、再び松川浦を目指す

また携帯が鳴ったので出ると高校の同級生からだった。
友達の訃報だった
出なきゃ良かった・・・。

気を取り直して走り出す
相馬駅前でGPSを取り出し道を確認
松川浦近くのイタリアンの店を目指す。
「メルカート」に到着。
県道38号から横にちょっと入った場所で外見は民家のようなお店だった。
それぞれパスタ一皿と3人でピザ一枚をシェアすることに。
僕はワタリガニのスパゲティーを注文。

メルカート_ワタリガニのスパゲティー
ワタリガニのスパゲティー 840円

なかなか美味しかった。
ピザはイマイチだったね
帰りの時間を考えて早目に切り上げる。

県道38号ストロベリーラインをひた走る
天気予報どおり風は西風。
時々あおられるぐらい強い
相変わらず麒麟αさん、asa爺さんのおじさんパワーに圧倒されながら必死に付いて行くが、僕が前に出ると明らかにペースダウンするのがわかる
途中asa爺さんが切れる。
珍しいな・・・
僕も切れようかと思ったが、行ける所まで行こうと必死にもがく
クラウチングして必死に漕ぐがせいぜい32〜33km/h程度でしか引っ張れない
最後の最後で麒麟αさんにチギられる
「ようこそ亘理町」の看板前でasa爺さんを待つ。
合流後、鳥の海までゆっくり行くのかと思えばまたさっきのペース。
「距離は100kmにならないけど高負荷だったから良しとしましょう(笑)」と笑う麒麟αさんに「シクロクロスもありましたしね」と僕が返すとニッコリしていた。

無事に鳥の海に到着。
3人で「わたり鳥の海温泉」に浸かり楽しいツーリングは終わった。

そうそう、セラミックベアリングの効果は・・・
絶大です
下りでの転がりはビックリ。
アップダウンのあるところでのくだりの勢いが以前より全然残っている感じですよ
>エンドさん、見てますかー(笑)

本日の走行距離:89.1km
今月の走行距離:270km
本年の走行距離:619.3km
今年越えた峠:4箇所(明通峠、大沢峠、割山峠、旗巻峠)

「うしのや」ホッキめしセット

亘理町の亘理漁港近くにある「うしのや」へ。
前回はる某さんと「浜寿し」でホッキめしを食べたときに「ここもウマいんですよ」と教えていただいたお店。

なんだかパッと見やってるのかやってないんだかわからないような雰囲気なのだが、店の前に「営業中」とあるので入ってみる。
入り口を開けるとすぐにカウンターがあり、常連らしきお客さんがカキを肴に生ビールを飲んでいた。
「おっ自転車か、競輪の選手かい」と声をかけられる。
お店の女将らしいおばちゃんが「どちらから?」と尋ねるので「山形から車で閖上に来てそこから乗ってきました」というと、「あら、私も山形よ」と言う。
上山出身らしい。
「結構山形から釣りに来る人は多いけど、この間も来てたよ」
と気さくに話しかけてくれる。
孫らしき子供たちが座敷で遊んでいたが、お客様が来たと見てすぐにいなくなった。
自分の小さい頃と同じだなぁ

ホッキめしセット1300円を注文。
出てきてビックリ、毛ガニのみそ汁だ
さらにカレイの煮付まで付いてきた。

うしのや_ホッキめしセットうしのや_ホッキめしUP

うしのや_毛ガニ汁うしのや_カレイの煮付け

ホッキが軽く茹でてあるがプリプリしてウマい。
ごはんも炊き込みご飯ではなく白いごはん。
そこに炊き込みご飯の具のような煮物が載っている。
これはこれでウマいなー

毛ガニのみそ汁も身がしっかり詰まったもので味噌もある毛ガニの半身が入っていた
カレイの煮付もウマい。
茶碗蒸しは普通だったな。
これで1300円は安いねー。

うしのや外観

「うしのや」
宮城県亘理郡亘理町荒浜字横山187
0223-35-2170

名取〜角田(割山峠)ソロツーリング

昨日は一日何度も天気予報を見ながら「明日は行く」って決めていた。
朝起きてみたら山形の天気はイマイチ
天気予報を見ると、晴れマークだが風が強いとの予報。
「どうすっかなー」と気持ちが折れかかるが「行ってみてダメなら戻ればいいや」と出発
今日はBELLE EQUIPEの朝練をやっているがこの時間じゃ間に合わないなー。
はる某さん、mineさんにメールしてみるが、はる某さんは朝練欠席、mineさんは朝練のみとのことだった。
高速のETC割引を活用しam9時前に山形自動車道に乗る。

山形天候
山形の天気はこんな感じ

笹谷トンネル付近は吹雪だった
古関PAを過ぎて川崎ICを過ぎると日が差してきた

川崎天候
川崎IC過ぎの坂道を登ると

いいぞぉ
海側の空も晴れている。
仙台南から南部道路に入るが路面が濡れている箇所があるな。
あとは問題は風だなー。

閖上に着いたら広場で朝市をやっていて、たくさん人がいた。
そういえばベルエキ朝練に顔を出すのも久しぶりだなー。
駐車場に車を止めて支度をしているところから中の走っている様子が見える。
「どうしようかなー、中に入って挨拶した方が良いかなー」なんて迷っていたが、セラミックベアリングの処女走行だし、何かあった場合のことを考えると中を走ったほうがいいかな・・・と判断し中に入る。
丁度エンドさんと圭子さん、Kさん、mineママのレディース班が走り終えていたのでご挨拶。
早速走り出すと、なんだ路面が濡れているじゃん。
砂が浮いてハチパチ言って怖いなー
セラミックベアリングの感覚は・・・なんて場合じゃないよー
3周ほどして外に行くことに。
今日はソロだからゆっくりじっくり自分のペースで行こうと走り出す。

閖上天候
閖上は良い天気だったのだが・・・

サイクリンロードがきれいになっていた
掃除したんだろうなー。
いつもの県道に出るとすぐに風の洗礼を受ける。
西からの風、結構強い
ハンドルバーの下を持って漕ぐ漕ぐ
昨日マシンに乗った疲れがまだ残っているなー。

阿武隈川を渡りると雪が降ってきた
一旦鳥の海方面へ非難するが、すぐに雲の隙間が見えてきてUターン。
逢隈を抜けて角田へ向かう。
出発するときは「何処まで行こうかなー」だったのが「何処で引き返そうかな」に変わる
結局一番手前の割山峠を越えて亘理町内へ戻る。
以前麒麟αさん達と走った道を思い出しながら鳥の海へ戻る。
前回はる某さんから聞いた「うしのや」にてホッキめしを食べる。
ウマかったー

帰りは追い風になるのかな
なんて期待は甘かった
帰りもがんばって漕ぐ漕ぐ
ヘロヘロだったなー

正直、セラミックベアリングの性能を云々言うほどのハッキリした体感は得られなかったが、気持ち的にはフロントは初めてキシリウムを掃いたときのような転がりを感じたような気がしたんだよなー。
リアはメカ付近から音鳴りがあったのでちょっとブルーな気分だった
走り終えてすぐにBELLE EQUIPEに寄って音鳴りの原因を探す。
原因はプーリーだった様子。
良かった・・・。
ベアリングを交換したら悪くなったんじゃシャレにならないからね。
エンドさんの含み笑いが気になったが、フロントの転がりが良かったことはあえて言わないできたのだ。

はる某さん夫妻とハッチが来ていたので少しおしゃべりして帰宅した。
>エンドさん、フロントは絶好調なんですよー

本日の走行距離:80.5km
今月の走行距離:180.9km
本年の走行距離:530.2km
今年越えた峠:3箇所(明通峠、大沢峠、割山峠)

迷ってます

午後からyahapooh先生とnagaoka隊長と馬見ヶ崎「コパン」で打ち合わせ。
いろいろ話をする中で「今年のスポニチ佐渡ロングライド210に行きましょう」とyahapooh先生からの提案が・・・
行きたいねー。
nagaoka隊長は「何それ?」と言うので説明。
昔バイクで佐渡一周をしたことがあるらしく、「あんな坂を走るの」と絶句
僕のVAIOノートのTOPOデータでコースを確認。
高低差はせいぜい160m程度なので大丈夫そう

でも、山形からの参加となると前後泊が必要になるんだよねー。
アクセスはやっぱり車が便利なんだけどフェリーが高いよね・・・

最近blogにお邪魔するようになった新潟のhoshiさんも「楽しいから是非」とお誘いを受け、山形からのお仲間も参加するらしく「新潟にもラッキーのような施設があるよ」とを教えられる。
改めて家でサイスポを見ると東京からは1泊3日の弾丸ツアーも企画されているようだ。
うーん、行きたいねー。

やはぎトレーニングVol.11

せっかくの三連休だがあいにくの雨
今日はyahapooh先生のところでトレーニングだな・・・と9:30頃出かける。
3日空けのトレーニングになっちゃった。

やっぱり3日も空けると20分が長く感じたなー
途中何度も気持ちが切れかかるが、なんとか3本こなした。

体重:77.2kg変わらず、体脂肪率:21.3%

キシリウムSLのベアリング交換

以前から仲間内で話題になっていたキシリウムのベアリングを交換についてネットで検索するとセラミックベアリングなるものが出て来た。
アメリカABI社製で轍屋で扱っている。
早速BELLE EQUIPEのエンドさんにメールで照会をしたところ「興味あります、人柱になってみませんか?」の返事をいただき購入
そのベアリングが今日届いたので、エンドさんに電話して「30分もあれば交換できます」とのことで「自転車総合保険」のパンフレットを持って出かける。

前回相馬まで走ったときに、同行したはる某さんから「キシリウムのフリー音ってこんなにうるさかったっけ?」って言われて気になっていたのもあってグッドタイミングだった

BELLE EQUIPEに到着。
洗車とベアリング交換をお願いする。
mineさんが来店し、セラミックベアリングをお見せすると「競輪選手たちが使ってるらしいですね」と即答。
さすがお詳しいのね
届いたセラミックベアリングはシールドタイプなので中は見えないがこんな感じ。

セラミックベアリング2セラミックベアリング

見た感じではよくわからないが、通常の鋼球より硬質なので回転抵抗が軽減され、重量も純正ベアリングは94g、セラミックベアリングは64gと軽量だ。
装着するのに少し手間がかかっている様子

エンドさん作業中

エンドさんの表情が浮かない・・・
もしかしてハズレ

mineさんが帰り、じーっとエンドさんの作業を見ていると、もう一人山形から来客が・・・
7さんだ
先日僕がエンドさんから頼まれて7さんにお願いした特殊工具が出来上がったそうだ。
エンドさん「早かった、ウレシイー」と喜んでいた。
工具を渡して早速試す二人。
あれこれ言ってる表情がキラキラしていてすごく幸せそう
7さんが作業途中の僕のキシリウムを見て「おっこれかーセラミックベアリングは」と覗き込む
僕のキシリウムの作業が終わったら今度は7さんのキシリウムもベアリングを交換する。
7さんのベアリングはNSK製。
こっちの方が良かったらヤダナー
でも明らかにエンドさんの笑顔度が違うぞぉ
ま、いいかぁ・・・

二台とも作業完了後も、もう一人来店したお客様も工業系の方らしく、何やら僕の興味のわかない話題で盛り上がってる
ホント機械好きなんだねー。

この週末は生まれ変わったキシリウムで旗巻峠を走る予定。
楽しみだなー

「金ちゃんラーメン」〜チャーシューメン

行きたいラーメン屋3件にフラれ、結局入ったお店が南原「金ちゃんラーメン」。
言い方は悪いが、特に「ここのこれが食べたい」ってわけでもなかったのだけれど・・・。

未だ本調子ではない胃袋に何かつめようと、誰かのblogでチャーシューメンを見たのでチャーシューメンを注文。

金ちゃんラーメン金ちゃんラーメン_UP

金ちゃんラーメン_チャーシューUP
チャーシューメン 600円

久しぶりに食べたが、スープは煮干のダシだろうと思われる醤油の味がしっかりするもの。
麺は相変わらずの太目のモチモチした麺だ。
チャーシューも脂身たっぷりのものではなく、程よい歯ごたえとしっかり味が染込んだモモ肉チャーシューだ。
しっかりしたボリュームでも価格は600円とリーズナブル
うーん、体調が万全の時に食べればよかった

「金ちゃんラーメン」
山形市南原町1丁目3−6
023-631-9507

(c)ちゅうかツルツルウマウマ隊 隊員No.18 uganda

三連敗+α

二日酔いながら、お昼はラーメンが食べたいと外へ出かける。
うーん、今日は「里味」かな・・・と西に向かう。
おや?ガーンお休みだ。
よーしこのまま「大沼食堂」へGo
ん??またまたガーン臨時休業だって
東に戻りつつ「ケンチャンラーメン」に行くと駐車場が満車

ちぇっ
もういいや家の近くにある「あたご食堂」に行ってみよう
もしかして・・・定休日
こんなことってあるぅ

結局南原の「金ちゃんらーめん」へ入る。
チャーシューメンを食べた。
で、テルメに行ったら「亀太郎」まで休みだった・・・
よかった、食べた後で

めちゃめちゃ二日酔い

げー具合悪ぅ
今日一日仕事にならんな・・・
テルメに行ってサウナにでも入ろー

大撃沈

仙台へ打ち合わせのためにイベント会社GのU社長と営業社員と3人で出かけた帰り、携帯に着信が・・・
hiroさんからだった。

h「今日は何してんの?」
u「今仙台から帰ってる途中です」
h「そのあとは?」
u「何もありません」
h「どうしようか?」
u「昨日も飲んだんじゃないんですか?」
h「そうだけど、このままだとpm8時に山形に着くんだけどどうする?」
u「わかりましたpm8時に一艸亭で」
h「ハイハイ」

hiroさん独特のお誘いだった(笑)。
いろいろあったので気にかけてくれたのかな・・・
家に帰って風呂に入ってから出かけた。

一艸亭に着いたらkuboGさんもいた。
hiroさんからの召集らしい(笑)。
二人とも2連荘じゃん
気を遣わしちゃったかなー

「今日は飲むぞ」と最初からワインを飲む。
3人で空けたワインは4本。
予想通りベロンベロンに・・・
家に帰って久しぶりのリバース
大撃沈だった

つまらない自分

人って同じものを見たり考えたりしていても、受ける印象や発想はまったく違う。
僕にとっては一大事でも周りにとってはまったく大した問題ではない。

今僕は頭の中を整理している。
それは今後の人付き合いも整理しなければならないことかもしれない。
毎回のようにそうやってだんだん孤立していく自分を見て「どうしようもない奴」だと離れていく人、「バカ言ってんじゃないよ」と叱咤してくれる人、様々いる。

ある人は僕を「山形人らしく無い」と言う。
山形人って???

僕は生粋の山形人。
人の話題が大好きで、人の成功を妬むし僻む。
お人好しのおせっかい焼き。
だから人に対する期待も大きい。

それが良くないんだよね。
人に期待なんてしちゃダメなんだよ。
わからない奴はそれまでってこと。
これができれば「脱、山形人の悪い部分」だね。

ま、いいか・・・
一人でも遊べることはいっぱいあるしね。

やはぎトレーニングVol.10

土曜日に100km走って脚がパンパン
日曜・月曜は休息日。
2日空けてのトレーニング。

今日も脚が重かったなー

体重:77.2kg、体脂肪率:20.8%

ねもとクリニック定期検診

今年二度目の検診。
前回の血液検査の結果が出る。

血糖値:158、HbA1c:5.9

血糖値が高かったなー
でもHbA1cが下がっているので問題ないと言われた。
前回高かった中性脂肪、コレステロール値は正常値に戻っていた
血圧も120、80。
僕にしちゃ高い方かなーと思ったら「問題ない」らしい。

Dr.から「この調子で行けてるのはエクセレントだ」と誉めてくれた。
「これからも頑張りなさい」とのこと。
がんばります。

すごく嫌な日

ある方からメールをいただく。
鮮烈な内容だった。
別のBlogへの僕の書き込みに傷ついたという抗議メールだった。
僕は特定の方を名指しで書いたつもりはないが、受け取る側がそう取ったと言われれば仕方がない。
Blogの筆者にも話が来たらしく、既に削除されていた。

でも、僕に届いたメールはかなり衝撃的な内容で、この先その方との関係を修復するのはかなり困難になるようなものだった。
なので、僕はあえて距離をおく覚悟を決めた。

昔なら大暴れしていたのにな・・・

2007節分

家に帰ったら妻が勤め先の同僚のお付き合いで買ってきた恵方巻があった。
息子の治基と北北西を確認しながらかぶりつく(笑)。

コンパス

コンパスで今年の恵方「北北西」を確認
説明書きには「恵方(方角)に向かって無言で太巻を食べると、その年には幸運がめぐって来ると言い伝えられている」とのこと。
で、早速ガブリ

恵方巻_治基恵方巻_uganda

結構な量だ
無言でなんて食えやしないよ
あとは歳の数だけ豆を食べておしまい

福島県相馬市「たこ八」アゲイン

昨年7月の海鮮丼ツーリング以来の「たこ八」
今日もお店は混んでるね〜

はる某さんはアナゴ天丼ほっき貝刺し身、僕はかにめしにも惹かれたが、たこ八丼を注文。

たこ八丼たこ八丼UP

たこ八丼海鮮丼の違いは海老とイクラの違いだそうだ・・・って去年来た時も聞いたっけ
相変わらず美味しそう
「最高の天気だよ」とkuboGさんにメールすると「こっちも最高です」とすぐに返信がきた
一緒に着いてきたカニのみそ汁と青海苔。

たこ八_カニ汁たこ八_青海苔

かにめしにしなくてもカニ食えたじゃん
この青海苔はビミョー
なぜかスッパイのだ
はる某さんが注文したほっき貝の刺身を少しいただく。

たこ八_ほっき貝刺身

ウマーい
はる某さんのアナゴ天丼がなかなか出てこない
僕がほとんど食べ終わる頃にやっと出てきた。

はる某_穴子天丼
ウマそー

美味しく完食して店の外の直売所を覗く。
生きたズワイガニが生簀にたくさんいる。

たこ八のカニ

そういえば今年はまだカニ送ってもらっていないなー。
今度ここのカニ買ってみようかな

亘理〜相馬ツーリング

待ちに待った週末。
毎日のように天気予報をチェックして、今日は宮城側が晴れることをキャッチしていた。
前の日asa爺さんから聞いたコースも地図で確認しておいた。

念のためGPSも準備。
朝、はる某さんとmineさんにメールを入れておく。
ETC割引になる9時前に高速に乗って、いざ亘理町鳥の海へ。
はる某さんから「行きます(^_-)-☆」の返事をいただく。

村田ICで降りて料金は600円。
安いねー

約束の10時前に鳥の海に到着。
すぐにはる某さんも到着。
今日のはる某さんのバイクはKLEIN。
TIMEのペダルをリコールで出してるからなんだって。
やっぱいいなー2台あるって。
支度を済ませて出発

県道123号〜県道52号へ抜けようとしたんだけど、ちょっと道を間違えてGPSで確認。
逢隈小学校・中学校前を通って県道52号へ。
槻木大橋から先は堤防の上の自転車道を走る。

角田_阿武隈川
走りながら携帯(F900ic)カメラで撮影

すごく良い天気なんだけど結構風が強い
はる某さんと風除けになりながらランデブー走行。
堤防沿いを東根橋〜角田橋と通過
本当は角田橋で左折して県道28号を走るつもりだったのだが、枝野橋まで南下してしまい、ここでもGPSでチェックして県道245号から県道28号へリカバリー
良かったGPS持って来て・・・
ところが、途中県道44号へ左折して小斎峠から県道245号〜国道113号と出るつもりだったのだが、そのまま真っ直ぐ国道113号へ出てしまう
国道113号ではようやく風が追い風になってくれてスイスイ進む
丸森町のFamilyMartへ立ち寄りVAAMゼリーSOYJOYアプリコットを買って補給。
ちょうどAK葉先生からTELが入り、仕事の打ち合わせをする。
車通りはあるが、そのまま国道113号を走り大沢峠を越えて福島県に入る。

R113福島県境_ugandaR113福島県境_はる某

この大沢峠、下りの道が登っているように見える不思議な道だった
目の前に新地の発電所が見えてきた
もうすぐだ
13時前に「たこ八」へ到着。
結構早く着いた。
入り口の脇に魚が干してあった

たこ八_天日干し
メヒカリとカレイ

反対側ではズワイガニを茹でていた。
今日もお店はほぼ満席
たこ八の様子は別スレッドで・・・。

美味しくいただいて帰路へ。
帰りはストロベリーラインを北上。
風にいじめられることもなく快調に走る
はる某さんの膝の具合が余り良くない様子。
少しペースダウンして前を引く。
標識では亘理町まで23kmとある。
意外と近いんだね

亘理町に入ってエッちゃんのBlogに書いてあった鳴き砂浜を探しに行く。
記憶があいまいで鳥の海の対岸をずっと走った突き当りの砂浜に向かってみたが・・・

鳥の海対岸の砂浜
すごい良い景色でしょ

自転車を置いて波打ち際からずっと手前の砂をすくって握ってみるが、まったく音がしない
ここじゃないみたい
あきらめて鳥の海へ戻る。
このままだと今日の走行距離が100kmに満たない。
はる某さんは膝の養生の為そのまま鳥の海へ、僕だけ遠回りして無事に100km達成

走り終えて「わたり温泉に入って帰ろう」と自転車を車の中にしまい着替えを探すと・・・ガーン
着替え忘れてきた
最悪ー
BELLE EQUIPEに寄って帰るにはちょっと遠いし、そのまま帰ることに。
お風呂に入る時間分早まったので、高速のETC通勤割引までまだ時間があるし、結局高速を使わずに県道14号〜国道286号を帰ってきた。

本日の走行距離:100.4km
今月の走行距離:100.4km
本年の走行距離:449.7km

体重:77.6kg、体脂肪率:21.1%

マスターへの贈り物

マスターのお店が移転オープンするときに自転車仲間でプレゼントした自転車の絵画2点。
そのときの予算が余ったままになっていた。
当初はPetitNoelオリジナルジャージを作る予定だったが、デザインがまとまらず計画は頓挫していた。
しかし、お祝いの品をいつまでもしないでいるのもどうかと思い、先日マスターが試着してぴったりだったassosのair Jack 851をプレゼントすることに。
りんくまさんとkuboGさんと相談しているところへちょうどマスターがやってきた。
事情を説明してその場でプレゼントした。
マスターは「ホントにいいの」と大喜びしてくれました

assosとマスター.jpg

やはぎトレーニングVol.9

昨夜一艸亭から帰った後、家のテーブルにあったおにぎりを一個食ってしまったバカuganda
あの時間に食ったら間違いなく太るだろうにわかってて食っちまった

今日はサボっちゃいけないよー
ってんでyahapooh先生のところへ。
ところが今日は脚痛ーい
負荷を変えてみたり回転を下げてみたりしながらトレーニング。
今日は「やはぎ接骨院」大繁盛
しかしyahapooh先生がいる日といない日ではこんなに患者さんの数が違うんだね

体重:78.5kg、体脂肪率:21.8%

体重が増えたのは予想通りだが、体脂肪率が下がったのは筋肉が増えたの?
なんて都合のいい解釈に負けてはいけないのだ
livedoor プロフィール

uganda_

訪問者数

    最新コメント
    月別アーカイブ
    Google
    Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
    Twitter
    followme