My Favorite Goods & Foods Life

ugandaこだわりのグッズ、食べもの、遊び、つぶやきetc

September 2015

蔵王温泉日帰り入浴「Hotel Oakhill(ホテルオーヒル)」

先日の日曜日、サッカーの帯同がキャンセルになり妻も娘も休みということで、YBCラジオフェスタに行ったあと蔵王温泉に行ってきた。

蔵王温泉はシルバーウィークの宿泊状況はまずまずだったそうで、ジャニーズ『嵐』の影響も少なからずあったそうです。

これから紅葉のシーズンに入り、ますます蔵王温泉の魅力を発信して噴火騒動以前よりさらに増えるようなアクションが求められると思います。

そんなこんなで、いろいろ事前にグループメッセージでお話しを聞いている中、前回お世話になった吉田屋旅館の千草さんから「今回もうちへどうぞ〜」とお誘いをいただき、系列店の「Hotel Oakhill(ホテルオークヒル)」さんにお邪魔してきました。

蔵王体育館から龍山ゲレンデやジャンプ台に向かう道沿いにあり、温泉は吉田屋旅館の前の源泉から引いているのだそうです。

日帰り入浴の時間とお値段は


入浴可能時間は午後12時〜21時まで、料金は大人500円、子ども300円

男湯には内湯、露天風呂×2の合計3つの湯船がありました。






たまたまお客様がいなかったので内部の写真を撮らせていただきました。
内湯の湯温は、熱い風呂が好きなウガンダにも満足のいく温度で、硫黄の香りもほどよく湯ノ花も湯船に沈んでいます。
檜の露天風呂も空が開けて直ぐそばの樹木がとてもきれいで、まもなく赤く染まりますますキレイになると思います。
岩風呂の方は屋根が付いていて、その日も突然強いにわか雨が降ったのですがそのまま入浴していられます。内湯に比べると少しぬるめですが十分温まる温度です。(蔵王温泉は共同浴場などの湯温が非常に高温で、それと比較すると低いという意味です)。
離れた源泉からポンプアップしているとのことだったので加温しているのかな?と思いましたが、成分表をみると循環はしているが加温はしていないようです。


大変いいお湯加減でした。

カランは7つ有り、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープがおいてあります。



お風呂から上がって、天井の高いロビーのソファーで妻と娘を待ちました。
傍らに暖炉があり、冬は火が入るようです。


残念ながらWiFiの電波は拾いませんでした。

館内にカラオケスナック&ダーツバーがあるようです。
 

これからの季節、蔵王温泉はとてもきれいな紅葉に包まれます。
ロープウェイで上に行くともう紅葉は真っ盛りでトレッキングや写真愛好家の方々で賑わっているようです。

何度も言いますが是非お泊まりで来てみたいところです。
千草さん、今回もありがとうございました。



『Hotel Oakhill』
〒990-2301
山形県山形市蔵王温泉756−1
023-694-2110

福山・吹石さんの結婚を機に菅官房長官の発言に対するマスコミ各社の見出しの違い

福山雅治さん・吹石一恵さんの結婚は日本ならずアジア各国にも多大な影響を与えた模様です。
福山さんの所属する事務所の株価が下がるなどの経済的影響も。
福山結婚で時価総額40億円減 「アミューズ」株価が大幅下落(スポニチアネックス)

ウガンダも吹石一恵さんのファンだったので驚きましたが、福山雅治さんとの結婚は心からお喜び申し上げたいと思います。

さて、これを機に菅官房長官が記者に聞かれて発言したコメントに対するマスコミ各社の見出しの違いが「なんだかなぁ」なのでまとめてみました。

読売新聞:記事無し

朝日新聞:菅官房長官「子ども産んで貢献を」 福山さんの結婚うけ

毎日新聞:菅官房長官:「出産で国家に貢献を」

産経新聞:菅官房長官、福山さん結婚機に「ママさんが産んで国家に貢献してくれれば…」 後に「世の中が幸せな気分になってくれれば…」と釈明

日経新聞:菅官房長官「出産で国に貢献」 福山雅治さん結婚で

時事通信:「たくさん産んで国家に貢献」=菅長官

共同通信ブログ:菅義偉氏、福山雅治と吹石一恵の結婚めぐり問題発言か

東京新聞:菅氏「産んで国に貢献を」 福山さん結婚で

マスコミというのはニュースを自ら作り上げる機関なんですね。
せっかくのおめでたいニュースなのに、記者によりなにかしら問題発言をさせようとしているような恣意的な質問であるのは非常に残念です。

iOS9にして大失敗(原因はOSの古さ)

iPhone6S発売に伴いiOS9のアップデートが開始された。
http://www.apple.com/jp/ios/whats-new/
 
ウガンダはいつもは周りの様子を見てからゆっくりアップデートするのだが、今回はなんとなくすぐにやってしまった。
しかもあまり時間の無い朝に…

ダウンロードしてアップデートのボタンを押してダウンロードが終わり、いよいよiPhone6との同期が始まったときに、出かけるタイムリミット、そのまま放置していけばよかったものをケーブルを抜いてしまった…

電話ぐらいは使えるだろうと高をくくってやってしまったのだが、iPhone6はブラックアウトしたまま。
再起動したらiTunesにつなげというアイコンが…

この時点では、もう一度家に戻ってつなげば同期するだろう…程度に考えていたのだが…
家に戻って接続したら「iPhone6に接続できませんでした、iTunesを最新のものにアップデートしてください」のメッセージ
???iTunesのバージョンは最新のはず。
アップデートの確認をしても「最新です」の表示。

おかしい…

まさか!?
イライラと不安に包まれながらアップルサポートセンターへ問い合わせてみると
疑っていたことが的中してしまった!!…orz

僕のMacBookPro、OSX10.6.8で、つまりいまだにスノレパなんです。
要は最新版のiTunesは古いOSには対応していなく、iOS9にした時点でiTunesとiPhone6の接続ができなくなってしまったのである。
サポートセンターも最初の担当者からスペシャリストまで登場し、いろいろ探ってもらったのだがもはやOUT

ひとつだけ救済措置があったのはBootCampでWindows7を入れていたことと、iTunesのバックアップを外付けHDDに取ってあったこと。
つまりWindows7側で最新版のiTunesをDLし、データをHDDから読み込ませて復元できないか?
ということ。

まずはすぐにでも使いたいのでiCloudからの復元を試みたら、一からすべてやり直すようで恐ろしく時間がかかる罠にハマる。

しかたなくiPhone6は自宅に置いたまま殿と早坂に誕生日ランチに誘われそのまま放置して出かける。
役2時間ほど経ってもまだ終わらない。

もうあきらめてスペシャリストに言われたiTunesの引越しをやることに。
Windows7にiTunesを入れて、バックアップフォルダを指定しなおして、あれあれ?データが反映されないぞ?

本日3度目のアップルサポートデスクとのやり取りののち、Music、Podcast、APP、Booksとそれぞれ一個一個読み込みをさせなきゃならないとのこと。がーん!

で、ようやく今こんなBlogを書ける状況になっているというところ(Musicの同期2800曲、あるようでないね)
驚いたのはアプリの数が400を超えていたこと。
整理しようーっと。

え?iOS9の使用感ですか?うーん…iPhone6でですが、ちょっと重くなった感じがします。
それだけかよっ!!

というわけでiPhoneの同期はWindows7でやらなければならなくなったウガンダの巻でした。
それとアップデート中は決してケーブルを抜かないこと!!
ウガンダ50才の誕生日だというのにろくなことが無い2015年9月18日です。


外来の文化で発展した山形市

今朝はおみ漬け納豆でご飯を食べた。
image

ホント美味いよねぇ♡

このおみ漬けというのは山形に行商に来ていた近江商人が農家の人が川で野菜を洗って流れて出た屑を下流で笊で掬って作ったもので、それを地元の人が教わって郷土料理になったのだそうだ。

元々山形は紅花商人が外来の文化を多く取り入れて地元に伝え、栄えた町であるのだ。

山形鋳物も源氏軍と一緒に来た鋳物職人がこの地に留まって鋳物作りを始めたもの。
山形仏壇も北前船で優れた職人や技、文化を取り入れて盛んになったのだ。
「山形県総合ブランド戦略」WEBサイトより
http://y-brand.jp/products/industrial1.html

インターネットの普及により、入る技術や情報の共有、または発信は格段にその距離感は縮まり、対象エリアは世界中に広がるようになった。
そういう意味ではいますぐにでも山形市が世界の注目を浴びるチャンスがあるということだ。

ここのところの市長選挙の影響で、山形市が閉鎖的な町であるかのような言われ方がされる中、今一度昔の外交力のある、外来の文化をどんどん取り入れて発展する山形に戻って欲しいと切に願う。

職業 さとう孝弘の妻

山形市長候補さとう孝弘の4年間…

前回市長選で落選直後から再挑戦を表明し、妻を連れて山形市に移り住んださとう孝弘君。
選挙期間中ずっと言われ続けた「よそ者」という心ない言葉…

孝弘君自身は戦っている本人だから耐えられる、耐えてみせなければならなかった。
そんな厳しい、悔しい思いをしている夫をずっとそばで支えてくれた妻、博子さん。

_IMG2420

博子さんも孝弘君同様、山形には同級生もいなければ親戚もいない。
自身もきっと寂しかっただろう。
いや、孝弘君以上に辛かっただろう。
さとう孝弘の妻というだけで、いわれのない罵声をあびせられたり、陰口を言われたり…

それでも、二人の周りには選挙で手伝ってくれた多くの支援者がいた。
移り住んだ宮町の町内の人たちが親戚のようにやさしくしてくれた。
新しく生まれた長男のママ友もできた。

孝弘君の心が折れずに4年間過ごせてきたのは、こうした人達の優しさに応えなければならない、という孝弘君の強い信念だったと聴いた。

では、博子さんの心を支えたのは何だったんだろう?
新しく生活を始めた土地で生まれてきた長男の存在、そして夫を愛する心…

_IMG2408

名前を覚えていなくとも、見たことがある人には笑顔で挨拶しただろう。
夫と一緒に何度も何度も頭を下げてきただろう。

_IMG2433

孝弘君と結婚するときに「私も政治家の妻になるんだ」という覚悟があったのだろう。
だからずっと孝弘君を支え続けられたのだろう。

こんな健気で愛おしい二人をどうして非難できよう。
生まれ育った地元にいてさえも政治家の浪人というのは辛いものだと聞くのに、ずっと手を取り合って4年間、先の見えない不安と戦ってきた二人。

やさしくて強い二人だからこそ、市民目線で子どもやお年寄りに優しい街にしてくれると信じている。
だから僕はこの二人をどうしても勝たせてあげたいのだ。
孝弘夫婦

蔵王温泉「旅館 吉田屋」さん

山形市長選挙に立候補している友人、さとう孝弘君の選挙カーが蔵王温泉地区に入ると聞いて、自称蔵王温泉サポーターとしては「これは行かねば!」と急いで蔵王温泉に登った。

あまりにも早く着きすぎて、蔵王温泉の皆さんとのグループメッセージで「誰かうぢさござっしゃい(うちにおいで)とお茶飲みに誘ってくれる方いませんか?」と流したら、『旅館吉田屋』の千草さんから「うぢさござっしゃい」とお誘いをいただき、お邪魔しました。

本当にお茶飲み話でもしようと思って行ったのですが「お風呂いかがですか?」と嬉しいお言葉♡
お言葉に甘えて温泉に入らせてもらうことに。

お風呂場まで案内されながら「うちは古い建物の旅館で」とおっしゃられましたが、いやいや、こういう雰囲気がいいんですよ。

お風呂場の入り口
IMG_9037

男湯は「多賀由」、女湯は「霧氷」
この理由を聞くの忘れた

源泉かけ流しの温泉
IMG_9036

風呂桶が「ケロリン」ww

先に宿泊客の学生さんらしき人が入っていたので、声をかけてみました。
法政大学の合唱部50人が蔵王温泉で毎年合宿をしているらしく、昨日までアストリアホテルに全員で合宿していて、最終日だけ各学年毎に違う旅館に分散して泊まっているのだそうだ。

風呂からあがり、すっかり気持ちが良くなってフロントに。
玄関先にこんなカワイイ籠が。

IMG_9038

これ、なかなかシャレ乙でいいじゃないですか。

千草さんにお礼を言い、一緒に記念撮影。
IMG_9039

蔵王温泉もいろいろ仕掛けを考えているようで、今度「ウガンダのそうおっしゃるラジオ」にもご出演いただくようお誘いしてきた。
今度は是非泊まりに来たいです。

『旅館 吉田屋』
〒990-2301 
山形市蔵王温泉13
TEL:023-694-9223(代)
FAX:023-694-9404
ホームページはこちら
IMG_9040

livedoor プロフィール

uganda_

訪問者数

    最新コメント
    月別アーカイブ
    Google
    Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
    Twitter
    followme