日馬富士による貴乃岩への暴行事件で、原因と言われている「礼儀と礼節」

神輿会に所属する僕の周りでもよく気にされる事なので僕個人の意見として書き留めておく。

日馬富士の暴行はあってはならないこと。

しかし、貴乃岩の横綱、先輩力士に対する接し方に本当に失礼がなかったのか?、貴乃花親方の伊勢ヶ濱親方始め協会の他の理事や親方衆に対する接し方について、正しい振る舞いなのか?甚だ疑問どころか僕には大変不快に感じている。

相撲は元々神事と密接していて、品格や態度については非常に厳格であることは角界に入る時点で「今の世の中」とは隔離された「特別な世界」である事をすべての力士や関係者は理解して入っているのではないのか?

神輿会も然り。
つい先日、我が神輿会における新人の態度やその扱いについて役員をしている仲間とぶつかったばかりだ。

年に一度の神様のお出ましに特別な役割として「ご奉仕させていただく」昔ながらの厳しいしきたりを重んじる会であり、それを守ることが当たり前なのであって、今の世の中に合わせる必要などないはずだという僕の考えに対し、

神輿会も高齢化や人手不足は深刻で、新しい担ぎ手を集めるためには、厳しいことも言っていられない…というのが役員の考え方らしい。

実際、どんどん規律が緩くなっていると感じる僕はその不満を爆発させてしまったのだが…

亡くなった大芳のおやっさんとも、何度も話をした。
今頃おやじは天国からなんて言ってるんだろうなぁ。

とにかく、なんでもかんでも甘くし過ぎちゃって後からどうにもならなくなっている日本のいろんな社会の縮図じゃないかと思っている。