My Favorite Goods & Foods Life

ugandaこだわりのグッズ、食べもの、遊び、つぶやきetc

March 2020

稼ぎの補償より支払いの免除を

イタリア、フランスでは薬局と食料品店以外の店舗閉鎖、米国は15日間の集会や外食の自粛要請を出した。


人の命と健康は経済より優先させる。
当たり前のことのはずだが。。。

今、日本では自粛による自殺者が出たらどうする?とか本末転倒な話が上がっている。「命よりカネ」を恥じることなく声を上げる強欲さはコロナウイルス以上の脅威だ。

日本政府が「稼ぎの補償より支払いの免除」を先にしてくれたら自殺者など出ないはずだ。

コロナショックで人となりが見えてくる

コロナウイルスのおかげでいろんなイベントが中止や延期になり、なんでも中止、延期はいかがなものか?という意見もわからなくもない。

しかし“今はまだ”中止や延期をするべきだと思っている。

そこにいる人らは自己責任のつもりでも、終わった後で家族、勤め先、出かける先全ての人にリスクを与える行為だと考えるからだ。

日本では感染者が既に回復している人がいる事はわかってる。

それでも“今はまだ”世界中、日本中で感染拡大していて、死者が減っているわけではない。

コロナ脳と揶揄する者もいるが、今後事態が悪化した時になんの責任も取らない、取れない無責任者の声に過ぎない。

行事やイベントをやるならやったで終わった後全ての参加者、関係者が確実に2週間隔離する必要、させる責任があると思う。

その覚悟を持ってやるなら…

いや、それでもオレはそいつらを軽蔑する。

今飲食店を支えられるのは

“外食して飲食店を助けよう”という呼びかけ。

気持ちは重々わかるし、誰もがそうしたいと思う。
しかし今収入が減っているのは飲食店だけじゃない。
サラリーマンだってこの春のボーナス減額や最悪会社が倒産するかもしれないというどうなるかわからない状況で支出を抑えるのは生きて行く為の当たり前の防衛手段だ。

自営業者やフリーランス、経営者だってカネは天下の回りものとは言うものの、今使ったお金がいつ自分に回ってくるのか見当がつかない。

余力のある者、たんまり貯め込んでる人達、そしてこの状況下でも給料が下がらない、確実にボーナスも出るであろう議員、公務員の皆さんこそ“外食して街の飲食店を助けて”欲しい。

コロナウイルスより恐い周りの日本人たち

コロナ関連で「マスコミの煽りを信じるな!」って言っても身近に疫病研究者や専門家会議の人がいるわけじゃないし、その専門家たちの意見もテレビとかでしか聞けないわけで。。。

ところが、これまた人によって言ってる事がいろいろ違うから「じゃあ自分でネットで調べろ」ってんで色々読みあさると、感染病に関しては素人であるジャーナリストとかインフルエンサー、更には一般のズブの素人までが「聞いた話」とかでこれまた“真実かどうかわからない情報”をベタ貼りしてたりしているのが混乱の火に油を注いでる今の現状。

今一番恐いのは、コロナウイルスそのものよりも
・感染者が外出自粛要請を破り平気で出かけて感染拡大させる日本人
・どんなに注意喚起されても自分たちだけはいいじゃんと集団を形成する日本人
・混乱に乗じてカネを稼ぐ転売ヤー
・ページビュー稼ぎで煽り記事を書くジャーナリストとブロガー日本人
・自粛警察と揶揄される他人の行動に過剰な反応をする日本人
livedoor プロフィール

uganda_

訪問者数

    最新コメント
    月別アーカイブ
    Google
    Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
    Twitter
    followme