ユベントスジャパンツアー2005横浜マリノスvsユベントスの観戦のため新横浜に行ってきた。
新横浜国際ホテルの隣に「揚州商人」なるお店があり行列ができていたので気になって入ってみた。

揚州商人店先
神奈川県横浜市港北区新横浜3丁目7−7
「揚州商人」新横浜店
045-470-7958

外で待っている間に座れる丸イスが5つほど有り、メニューも置いてあるので待っている間に注文するラーメンを選ぶことができる。
入り口の扉にぶら下がる予約票に名前を書いて丸イスに腰掛ける。
僕の前に4人組と3人組が待っていた。
基本的に並ぶのは大嫌いなのだが、ホテル周辺を30分以上歩いてみたが「新横浜ラーメン博物館」は既に終わっていて、その他もピンと来る店がなくて最初に気になった「揚州商人」に入ることにしたのである。

メニューを見て決めたのは酢辣湯麺(スーラータンメン)と生菜炒飯(レタスチャーハン)。
他に塩ワンタンメンと長葱湯麺も候補だったがワンタンは皿蝦ワンタンとして単品で頼めるのでそちらを選らんだ。
店内はすごい活気だ。
ガラス越しに厨房の見える席に案内された。
中国語と日本語が入り混じって大声で叫んでいるのが聞こえるが何を言っているのかわからない。

揚州商人店内
このガラスの奥で中華鍋を振っている。

先に皿蝦ワンタンが出て生ビールのつまみで一気に完食!
続いてレタスチャーハン。

揚州商人レタスチャーハン
生菜炒飯 725円
ホントにレタスがたっぷり。


ふんわりした炒飯にレタスのシャキシャキした食感がウマさを引き立てる。
味も濃過ぎず薄過ぎず、豪快かつ丁寧な鍋使いで作られた一品だ。

続いて酢辣湯麺。
熱そー!しかも辛そー!でもウマそー!!

揚州商人_酢辣湯麺UP

意外だったのがこの細打ちストレート麺。
あんかけなのだからもっと絡めるような麺が良いのでは?と思いつつ食してみるとこれが妙に合っている。

揚州商人_酢辣湯麺
酢辣湯麺 798円
ラー油が浮いているのわかります?


ところが見た目ほど辛くはないのである。
この酢辣湯麺、山形でも大学病院前のお店でも食べれて僕の好きなメニューだが、やはりウマい!
このラーメンにして正解だったと満足のできるラーメンだった。