昨日後輩の結婚式に呼ばれていった。
「後輩の」というのがミソで、同級生や同世代の奴の結婚式なら彼女側に呼ばれた友人目当てに大ハッスルするところだが、そんなことも無く二次会も新郎新婦が会場入りしてまもなく退席。
一緒に呼ばれた後輩と久しぶりに飲もうと、同じ結婚式にママとスタッフが呼ばれていた七日町の某スナックに向かった。
そこで珍事が発生
「新人が入りました」と席に着いたのが、なんと今日の新郎の元彼女
慌てふためく僕らをよそに「○○君の結婚式に行ってきたんだよね」と笑顔で言われ「なんだ知ってたのね」とホっとする
一瞬嫌な汗がドッと出たよ(笑)
そうとなったら酒の力もあって昔話のオンパレード、最近飲んでいない僕はあっという間に撃沈しているのだが、後輩は絶好調で「延長」を連発。
さらにその子を連れ出して別の店へ。
もう何を話していたのか覚えていません。
ウトウトすると怒られるので僕はカラオケで大熱唱する。
歌い終わるたびに呆然として襲い掛かる睡魔と闘いながらAM3:30にようやく開放された・・・。
あぁ頭が痛い、身体がダルイ。