待ちに待った年に一度の例大祭がやってきた。
今年は本厄にあたる満41歳になる年。
この日のために入院の予定を早めたのだった。
昨日禊をする予定だったが、バタバタとやることが多く結局行けなかった。

11時に神社入りし、若い衆にさらしを巻かせて準備完了。
神輿はもう組みあがっていた。
一昨年より渡行役員を断り完全奉仕を続けている。
ねもとクリニックの根本先生も今日は午後休診で参加している。
休み処で振舞われる酒やお菓子はガマンしなければならない。
舎弟の一人に今日一日お休み処で必ず僕にお茶か水を持ってくるように“係り”言い付ける。
これでも神輿歴20年の“兄貴分”なのである。
本当は各所で振舞われるビールが最高に上手いのだが…

お昼ごはんを食べずに来てしまったので、しあわせ銀行本店で振舞われたいなり寿司がうれしかった。
旧柴田屋跡ではアンパンとカレーパンが振舞われ、根本先生からカレーパンを一口だけ分けてもらって食べた。
次の休み処「四山楼」ではおにぎりが振舞われ、一個いただく。
七日町に入ると担ぎ手たちの熱気は一気に上がり神輿も踊るように揺れる。
八文字屋ではアイスクリームが振舞われたが、さすがにここはガマン。
担いだ肩の痛さよりもこっちのガマンのほうがよっぽど辛かった

今年も完全奉仕を達成した。
天気も良くて気温も高く、非常に良い神輿渡行だった。
直会は乾杯のみで失礼した。
糖尿病の薬を持って行かなかったし、お酒飲めないのに楽しくないからね。
今日の係りを務めてくれた舎弟に祝儀を渡して家に帰った。