昨日のハンガーノックのような症状から無事に回復し、いたちょうと一緒に月山へ。
今回、妻はお休み

支度に手間取っていたちょうとの待ち合わせに遅れてしまう
いたちょうゴメン
セブンイレブンで買出ししようとしたらスキー客で大混雑
向かいのセーブオンに移動して買い物をした。
今日のお昼はカレーヌードルだな
山形自動車道に乗って出発
9:00集合を9:30と間違えていて途中で連絡を入れる。
なんとか9:15頃到着し他の人たちもまだ支度中だった。
今日の参加者は16名だ

今回は志津の上からの出発。
爺さん婆さんブナに行くんだな。
出発してすぐに温かくなり、アウターを脱ぐ
冬用インナーとフリース1枚で充分だ
ネイチャーセンターへ行く途中の道路標識で前でパチリ

標識前_潔くん標識前_uganda

いつもは「湯殿山」の文字が目の前まで積雪があるのだが今年はこんなに少ない。
ネイチャーセンター付近で他のグループも見かける。
今日は僕たちのほかにも2つのグループがスノーシューや山スキーを楽しんでいるようだ
ネイチャーセンター前の積雪量は3m70cmだった
いつもは6m積もるそうだ。
それでもネイチャーセンターの屋根と周りの雪がつながっていて屋根の上に登れるようになっている。

ネイチャーセンター上からネイチャーセンター上で

屋根の上から下の人に手を振る
いたちょうの後ろに見えるのはネイチャーセンターの煙突。
後ろを振り返るとグレーの空ながら湯殿山と姥ヶ岳がクッキリ

湯殿山と姥ヶ岳

時折日が刺すこともあり、天気も気温も申し分ない。
僕といたちょうは晴れ男なんだね
お昼は周海沼で食べる。
普通のカップラーメンなんだけど外で食べると美味しいよねー。
いたちょうからチョコレートをいただく。
山歩きをしているときや長い距離をBIKEに乗っている時は食べて良いことにしたのだ。
午後からのルートでまたも絶景
湯殿山をバックに

湯殿山をバックに

コースのほとんどを僕といたちょうでラッセル。
ガイドの人に「そこを左」とか声をかけてもらって先に進む。
雪の状況や地形の状況を伝えながらコース取りする。
一本ブナに到着。
いつ見てもデカイ

一本ブナ_潔君一本ブナ_uganda

午後からは日が差す時間も増えてきて本当に気持ちの良いスノーシューハイクとなった。
次回は3月4日、ガイドの人に「○○さん、来月も来るよね?」と声をかけてもらい、
いたちょうと妻と参加する予定。
帰りは道の駅で温泉に浸かってまたのぼせちゃった
わらび漬けをお土産に買ってきた。
自転車も楽しいけどスノーシューも止められないね