今日はhiroさんプロデュースの『ツールドthe王』の日
前々から予定していた蔵王一周のプランだ。
笹谷峠で県境を越え、川崎からすずらん峠で遠刈田温泉へ入り、七ヶ宿から金山峠を使って上山へ戻るコース。

am6:45県庁集合で、集まったのはホスト役のhiroさん、kuboGさん、マスター、7さん、鈴雅さん、uganda。
お見送りでK嶋君、りんくまさん。

20070603ツールドthe王_集合

早速出発して、釈迦堂〜東沢の旧道を通り国道286号へ。
今国道は路面補修工事中で、新山釣堀付近から旧道があると言うのでそちらを行く事に。
旧道を走ったことがあるのはK嶋君のみだったので、りんくまさんと入り口付近まで伴走してくれた。

旧道に入るとマスターがスイスイ先行する。
僕は相変わらず21Tが使えず苦労する
国道へ交わる最後の坂でマスターを捉えて国道で先に進む。
笹谷ICを通過して笹谷峠の登り初めでマスターに「待ってますか?」と声をかけるが「先に行ってましょう」との事でそのまま登る。
初めて登る坂っていうのは何処まであるかわからないのでペース配分とかできない。
最初からガンガン行っても後で歩くのはイヤなのでそこそこ自分のペースで登る。
ここでも21Tが使えないのは非常にストレスとなったが、ほとんど23T〜26Tでこなしたので何とか登れた
am8:10に笹谷峠散策路の駐車場へ到着。

20070603ツールドthe王_笹谷峠ピーク

5分後にマスターが到着、そのまた5分後にkuboGさんが到着。
登山客で駐車場は一杯だったのだが、その中のおじさんたちに「おやおや、自転車でここまで来たの?大したもんだねー」と声をかけられる。
山好きのkuboGさんが目をキラキラさせて話をしていた。
つかの間のコミュニケーションが楽しい

周囲はガスがかかっていて、気温も低い。
「先に下に降りて川崎のローソンで待ってましょう」と3台で下る。
国道を一気に下る
マスターがピッタリくっ付いて来ていたので先を譲る。
途中で再び交代の合図がでたので前に出てスパート
緩い下りだが向かい風で60km/hまで出ない
マスターがいると思ってガシガシ回していたらいつの間にかいなくなっていた
まもなくローソンだなーとユルユル走っていたらはる某さんから「川崎のローソンにいます」とメールが入る。
すぐに到着してはる某さんとご挨拶。
マスター、kuboGさんもまもなく到着、しばらくしてhiroさんたちも合流し、補食を取りながらしばし談笑。
途中で食べようと持って来た『Le Ciel』のケーキを春子さんにプレゼントした。

20070603ツールドthe王_川崎町今宿ローソン

はる某さん達は青根を通って遠刈田温泉へ大道芸フェスティバルを観に行くらしい。
僕らも出発してすずらん峠を目指す。

いやー、hiroさんは「大したことない」なんて言ってたけど結構キツイ道のりだ
特に今日は21Tが使えないので非常に疲れる
遠刈田温泉へ到着すると大道芸が始まっていた。

20070603ツールドthe王_遠刈田温泉大道芸

もっといろいろ見たかったんだけどhiroさんが「行きましょう」と言うので出発。
ここからもずっと登りが続く。
みんなと一緒にゆっくり登ろうと後ろに付いてみるが、これが意外とキツイ
ゆっくり走るのもキツイんだなーということがわかった
その先はマイペースで登り、休憩ポイントで待つことに。
白石の『ミルクファーム蔵王』に到着。

20070603ツールドthe王_蔵王町ミルクファーム
ミルクファーム蔵王
0224-24-8655
鈴雅さん撮影

それぞれソフトクリームや牛乳を購入、僕は100円飲み放題の牛乳にする。
外のデッキで食べているところで隣の観光客にシャッターを押してもらった

20070603ツールドthe王_蔵王町ミルクファームにて

再び出発後、すぐ近くの日用雑貨品店をみつけて乾電池を購入。
先に行ったメンバーを追いかける

hiroさん、だいぶお疲れの様子だ。
続いて7さんをパス、だいぶ先にマスター、kuboGさん、鈴雅さんの背中が見えてきた。
ようやく追いついて、一気にパス
途中の登りで鈴雅さんがグンと抜いていく。
さすがだ・・・
先のほうで降りて写真を撮ろうとしているので少しスピードダウンして待つ
この様子は鈴雅さんのBlog『雅走草想』にてどうぞ(笑)

だいぶ日が差してきて気温が上がってきた
ここからも結構な登りが続く。疲れるねー
硯石で休憩

20070603ツールドthe王_硯石前
鈴雅さん撮影

「ここからは下りです」というのでまたスイスイ行けるね
七ヶ宿の物産館で小休止。
山菜汁が無料で振舞われていて、ご馳走になる。
ウマかった
お腹がすいてガマンできなかったので山菜おこわのおにぎり100円も食べる。
これまたウマーい

再び出発したらhiroさんが先頭を引いている。
やはり“1日1回は先頭を走らないと気がすまない”と言う噂は本当らしい(笑)
「この先直線距離6kmぐらいで予定していた蕎麦屋だ」と言うので先に走らせてもらう。
追い風に乗って35〜38km/hで快調に走る
先に『山里のそば まるいち』に到着。

20070603ツールドthe王_まるいち蕎麦前
hiroさんを先頭に蕎麦屋へ到着

20070603ツールドthe王_まるいち蕎麦外観
『山里のそば まるいち』
宮城県刈田郡七ヶ宿町字田中道下13−1
0224-37-3327

鈴雅さん撮影

店内にはいろんな骨董品や陶器がずらりと並び、販売しているみたい。
おすすめの「岩魚のから揚げ」と「もりそば」を頂く。
岩魚は1皿2匹との事で3皿頼んで一人1匹ずつ食べる。
7さんだけ山菜天ぷらも注文した(笑)

20070603ツールドthe王_まるいち蕎麦_もりそば&岩魚の素揚げ
もりそば 700円
岩魚のから揚げ 500円

鈴雅さん撮影

お蕎麦は美味しかったがタレが甘い・・・僕的には“並”かなー。
岩魚のから揚げはウマかったなー
お腹が一杯になったところで出発

後はずっと「下りだよ」の言葉を信じて突き進むと目の前に登坂。。。
もう、ホント嘘つきなおじさん達だよ(笑)
kuboGさんが仕掛けてきたけど最初遊ばせて一気に抜いて撃墜した
金山峠のピークでみんなを待って一気に下る

途中車が道をふさいでいて後ろを走るが、対向車とすれ違えなくて止まったところでkuboGさん、マスター、hiroさんがパス。
抜き際にkuboGさんが「○※☆」と叫んで行ったので、僕はひたすら平謝りで抜かせてもらう。スミマセン
県道286号の交差点で鈴雅さん、7さんを待っている間にさっきの車が着たので再び頭を下げる
「帰りに花森湖に登って西蔵王経由で帰りましょうか?」との提案もしたが却下
金瓶〜飯田までは県道267号を走り、青田の住宅街を走る。
途中ドトールコーヒーに寄ろうとしたら「店の前に自転車を止めるな」と注意され、気分を害したので入らずに輪熊shopへ向かう。
マスターが自宅前で帰宅、全員無事に輪熊ショップへ到着した。

不調のリアスプロケットは、やはりギアの磨耗が原因ぽく、19-21Tの部分を部品注文して、来るまでの間りんくまさん所有の同型カセットをお借りすることにした。

本日の走行距離:125.4km、AVS:22.5km/h
今月の走行距離:163.3km
本年の走行距離:3,233.7km

体重:77.6kg、体脂肪率:21.9%