今日は葉山ヒルクライムがある日。
サッカーは人手が足りているとのことで今日は自転車に乗ろうと思っていたのだが・・・

体中が痛くて起き上がれない
昨日ストレッチして寝たんだけど、やっぱり主審3試合はダメージ大きいかったようだ。

りんくまさんに応援メールを送って二度寝。
夏ちゃんが塾に出かけた後、妻と「FORTUNAの応援に行こう」と天童に出かける。
べにばなスポーツパーク第二運動広場の駐車場で「林業まつり」が開催されており、東側の大駐車場に駐車。

.献Д蕁璽貔錙6-1勝ち
FORTUNAから移籍した選手が2名もいるチーム。
同じ地区でスクールから開催しているクラブチームとしても絶対に負けたくない相手だ。
序盤いきなり失点してしまうが、すぐに同点に追いつくや次々と追加点を入れ、終いにはサブ全員出場の余裕。
ほとんどがサブに変わっても失点しなかったのはまだまだ力の差、選手層の差があることを見せ付けられたと思う。

FCドラゴン戦 0-0(PK5-4)勝ち
この試合からトーナメント。
この試合に勝つと7位以上が確定し県大会に出場できる。
前半にドラゴンの選手がラフプレーによるイエローカードを2枚もらい退場。
10人vs11人での展開になるが、ドラゴンの4バックの運動量が高く、なかなか得点できない
再三めぐってくるチャンスも生かせず、最悪のPK戦へ。
10人で無失点でPKに持ち込んだチームと、11人で勝てなかったチームとでは望む心境はまったく別。
しかし、FORTUNAの選手はこれまでも数多くの修羅場をくぐって来た「経験」がある。

1人目は両チームとも決める。
FORTUNA2人目が止められた
その後両チームともしっかり決めてドラゴンの5人目・・・枠外
FORTUNA5人目もしっかり決めてサドンデスへ。
ドラゴン6人目、再び枠外
FORTUNA6人目しっかり決めてPK5-4で勝ち。
いやードキドキしたよ

ドラゴンの選手にレッドカードが出されてから、ファールのたびにドラゴンの父兄から「イエローだイエロー」の罵声が飛んでいたのは正直ガッカリだった
気持ちは分からないでもないが、主審・副審とも2級の優秀な方々であなた方は素人。
あの罵声は亀田史郎とかわらない下品なものだと是非分かって欲しいものだ。