サッカー2級審判候補者研修2日目。
『第43回山形県中学校総合体育大会サッカー競技』の2回戦準々決勝の主審を担当。

昨日の勝ち上がりのチームで僕の担当は山大附属中vs鶴岡二中。
これって県リーグの組み合わせじゃん
これまた屈指の好カードってワケです

朝は5時前に目が覚めて朝風呂に入る。
ここは温泉なので筋肉がほぐれてくれれば良いんだけどね〜
昨日2試合を担当して脚はパンパン、しかし昨日の指摘事項ではもっと動き出しを早く、走るスピードをもっと上げろというもの。
42歳のおっちゃんには正直キッツイね・・・
一緒に受講しているのは19歳、21歳、30台というメンバー、明らかに僕が最年長のロートル受講者なワケである。
昨日宿泊せずに初日だけで帰った受講者の中にも40台の方がいらっしゃるのだが、そちらはバリバリの現役自衛隊員で、走るのは仕事ですものね・・・

洗濯物を取り込んで支度をして朝食後宿舎を出る。
「あぶら山」さんお世話になりました

今日は2試合行われるうちの後半のゲームを担当。
前半の試合を担当する審判の方々と一緒にピッチチェックを行う。
第1試合を見ながら時間を待ってユニフォームチェック、審判打ち合わせを済ませる。
アップのために走り出すが、明らかに身体が重い
救いなのは昨日より気温が低いこと。
第1試合では飲水タイムを取らないでやっている。
定刻が近づくにつれ日が差してきた
大会本部より飲水タイムを取るように指示が出た。

準々決勝<山大附属中vs鶴岡二中>
両チームとも中盤でボールを支配してパスをつなぐというより、奪ったボールをFWに放り込むという戦術を徹底して仕掛けてくるので蹴り合い&オフサイドのオンパレード。
何よりキツかったのは山大附属中のGKのパントキック。
今日は昨日指摘されたこともあって積極的に走り回っている中、ゴール前までダッシュで追いかけてGKがキャッチすると、自軍のDFラインが上がるのを待たずに即FWの頭を越すボールを蹴ってくる
これがまた飛ぶので猛ダッシュで追う羽目になる。
正直ホントにこれは辛かった

試合は前後半とも両者決定機を決められず、0-0で延長戦に。
延長戦終了間際、山大附属中がペナルティエリア内で倒されPKのチャンス
山大附属中は負傷退場してキッカーはА
時間的にこれを決めたら勝ちになる1発・・・大きく枠外へ外す
そのままPK戦へ突入
山大附属中の先行で開始。
結果は鶴岡二中の二人目が枠を外し他のに対し、山大附属中が全員決めて5-3で勝利。
延長→PKとフルコースでしたが非常に好ゲームでした

[警告]
6分 山大附属中 反スポ
68分 鶴岡二中Α ^杁

今日のアセッサーは昨日に引き続き奥山氏。
昨日よりマシだがやはり指摘事項は満載・・・
ふぅぅぅ・・・
今回の研修である程度ランク付けをし、来週の研修はその結果で召集されることに。
たぶん僕はここで足きりかもしれない

しかし、もう来るなと言われるまでがんばって受講しよう。
帰りは新庄の麺武者にでも寄って行こうかと思ったら、お昼の営業は終了していた。
残念