サッカー協会審判委員会の割り当てで東北大学リーグの副審2を担当。
主審はK氏、副審1はT氏、共に現役2級のお二方。
目の前で勉強させてもらえるチャンスである。
となりのNDソフトスタジアムにはモンテディオ山形vs湘南ベルマーレ戦のサポーターの車やバスがたくさん来ていて大渋滞
2位と4位の直接対決とあって相当な数になりそうだ。
さらに体育館では小学生マーチングバンド大会が行われていて、賑やかな音を出していた。

<山大医 vs 石巻専修大>
共に最終ラインを高く上げるチームでパス一発で裏を狙うといういわゆる大人のサッカーだった。
しかしパワーはやはり大学生、ぶつかり合うとヒヤッとする場面もある。
キック力が有ると、できるサッカーのバリエーションが増えることを痛感したな〜。
審判しながら、FORTUNAジュニアユースのことばかり頭に浮かんできていた。

ベンチにはマネージャーらしき女子がいて、「山大あと○分でーす」と声が飛ぶ
サッカーの試合をしていて若い女性黄色い声?を聞くのは久しぶりのような気がした
もっともFORTUNAジュニアの試合では昔若かった女子(お母さん達)の声はしょっちゅう聞いているのだが・・・(笑)
試合は4-2で山大医が勝利、警告・退場なしのクリーンな試合であった。

試合終了後は中井川のアニキ(モンテGM)に電話してチケットをとってもらい、モンテディオ観戦。
試合の流れよりついつい審判の動きが気になってしまう。
サッカーの内容的には正直つまらないもので、「途中で帰ろうかなー」と何度か思ったほど。
ところが後半終了間際に出てきたヅ亙嫋△いきなりの大仕事をやってくれた
イヤ〜僕は決してモンテサポーターってわけでもないけれど、思わず立ち上がって「おぉー」と叫んで周りのみんなと立ち上がっていた

そのまま試合終了、とりあえず山形は2位をキープした。
帰りの渋滞に巻き込まれないように急いで車にダッシュして帰宅した。