昨日のニュースで「新党日本」の田中代表が「たちあがれ日本」に対し、政党の略称がどちらも「日本」で比例票に「日本」と記入された場合は按分される件について抗議していることを知った。

現行の公職選挙法では認められているらしいが、それってどうなの?
我々一市民の感覚では田中代表の言うことが当たり前のような気がするのだが…

もっと驚いたのは、インタビューに答える平沼代表の言葉だ。
「勝手に激怒すればいいじゃない。うちは関係ないよ、だいたい俺は田中康夫となんか会ったこともない」と吐き捨てた。

なんじゃそりゃ
国会議員の先生ってのは偉いんだろうけど、あえて言いたい。
「クソジジイが偉そうに

日本人は他人の立場や権利を尊重する、奥ゆかしい心を持った国民だと信じていたが、こんな傍若無人なジジイ共が国会議員として選ばれていることを恥ずかしく思う。
こんな奴等に「日本」の敬称を使われたくない

先に使っている人がいるときは「同じだけど使っていい?」と聞くのが大人でしょ?礼儀でしょ?

「たちあがれ日本」を支持する、している国民の皆さん、もう一度よ〜く考えましょうよ