昨日面白い話を聴いた。
山形県民は全国的にも足が長いのだそうだ。
なぜなら…みんなでお互いの足を引っ張り合うからだという。

参議選も中盤にさしかかり、山形選挙区も激戦の展開。
それにしてもあいも変わらず舟山陣営のネガキャンには辟易する。

自民党が大物を投入して舟山候補を潰しにかかってるという表現にがっかり。
大物が続々来るのは現職候補に対する実績・知名度不足の新人候補の厳しい選挙区である山形の議席を獲るために政権与党としての実績と政策を訴え、与党として大沼候補を必要としているという展開はあたりまえのことだ。
勝手に「潰しに」などという表現を使わざるを得ないのは焦りと僻みからなのか。

さらに周辺運動員にデマを流させネガキャンを全力で展開し新人を「潰そう」としている醜さが本来の舟山候補の政治思想・姿勢をかき消し逆に支持者離れし自らの首を絞めていることに気付くべきだ。

大沼陣営が舟山陣営を批判するのはその愚かなネガキャンだけ。
現職なのですから堂々と政策で選挙戦を戦っていただきたいものだ。