My Favorite Goods & Foods Life

ugandaこだわりのグッズ、食べもの、遊び、つぶやきetc

ツーリング

2012ツーリング Vol.2

今日は何の約束もない、フリーな休日、ネットでリンクマツーリングが昨日だったこと、ツールドさくらんぼが今日だったことを知り、軽いショックを覚えながら、どこかに行こう!と支度を始める。

まずはすね毛を剃って…
この儀式をしないで走るととても気持ちが悪いのだ。

前回大石田千本だんごソロツーリングでは前半オーバーワークで帰りに足が攣るという大失態だった為、今回は距離も短めにペースもそこそこに、うまいもんを食いに行く。このテーマで出かけた。

11:25分に家を出発。
いつものように県道22号を北上して、今日は清池跨線橋を渡って中野目へ向かい県道20号へ。
寺津〜蔵増〜大富と北上し、東根の「とんこつらーめんこう路」に入る。

らーめん600円、普通味の麺固めで注文。ここは6杯ずつしか茹でないというこだわりが書いてあったので少し時間がかかる。

久しぶりに食べたら、お〜コレコレ、この麺の食感が食べたかったのよ。
 

満足して帰りのルートを思案、一瞬農道経由で山寺?と頭をよぎるが、無理せず上りのない河北方面をチョイス。
せっかくツールドさくらんぼの日なんだから裏ツールドさくらんぼにしよう!と寒河江のアイスを食べに行くことにした。
国道267号を西に走り、県道262号で溝延から寒河江に向かう。
寒河江に入ってます犬君に電話してチェリークアパークまでの行き方を聞いて無事にさくらんぼ友遊館に到着。
アイスクリームを買う為に並んでいたらおばさんが横からグイと割り込み…
挙げ句に僕が頼もうと思っていたマロンクリームがそのおばさんで売り切れるという最悪のパターン。
ババア死ね!
結局つや姫アイスとゴマにした…



満足して中山〜山辺と走る。
やまのべショッピングプラザBELの振る舞いを頂こうと行ったのだが、ちと早すぎたようで…
ちょうどツールドさくらんぼの帰りのグループが通りかかったので一緒に走ろうと追いかける。

あいさつしたら初めてお会いする方々だった。
結構ゆっくりだったので先に帰らせていただく。

志戸田から西田を走りりんくまショップに顔をだして帰宅。
結局65.6kmのチョイ乗りでした。

ちょい乗り

東京から遊びに来たステキなおじさまと自転車…のつもりだったのだが、あんまり天気が良くなさそう。
車で上山に移動してそこからスタートすることに。

文化センターに車を止めさせていただき、出発!
すでに昼近くで腹減ったということで「だるまやラーメン」で腹ごしらえ。
みそバターラーメン630円+餃子3個と半ライスセット250円を注文


おなかいっぱいになったあとは生居ダムへ向かう。
ダラダラと登りが続き、ダム前では6〜7%の登りがある。
ダムに到着してさてどうしようか?と相談していたら雨が降ってきて、無条件で帰還することに。

車のところに来たら雨も上がっていたが、そのまま「りんくま」に。
夜は連夜の宴へ突入〜

山形〜上山ポタリング

とうかいサイクリングチームのnagaoka隊長とユウヤ隊員と久しぶりのポタリングをすることに。
隊長の事故以来、僕もまったく自転車に乗っていなかったので不安の中出発。

集合場所のコンビニとうかいに行くまで少し膝に痛みがでたが大したことはなさそう。

行き先を相談して上山方面に向かう。
金瓶の「耕想庵」でそばを食う予定で、当初「みはらしの丘」への坂道はエスケープするはずだったが、隊長が「あのぐらいの坂は登っておきたい」とのことで一旦登ってから金瓶に下りることに。
僕自身も坂道を走るのが久しぶりなのでちょうどよかったかも。
急がなければ登れる、しかしペースを上げるとたちまちトレーニング不足が露呈する。
隊長もユウヤもしっかり走っている。

「耕想庵」に到着。板そば800円を注文。



IMG_0492 IMG_0491

蕎麦の前に出された小鉢がウマい
肝心の蕎麦は・・・香りも弱いし、歯ごたえもそこそこ、特に感動なしというところで隊長と意見が一致。
ただし、タレは僕好みで、蕎麦湯で飲んだらウマかった〜。

蕎麦屋を出て、楢下のこんにゃく番所へ。
冷やし玉コンなるものを食べた。
用は冷たい玉コンに酢味噌をつけたもの。
あったかい方が好きだね。

帰りは金瓶から旧道を走って成沢〜飯田と進む。
飯田の「鶏正」で休憩

IMG_0494

隊長とユウヤ隊員はコロッケと焼きそば、僕はかき氷を食べた。

青春通りを登り青田〜平清水と戻る。
小白川で隊長とユウヤ隊員とわかれ帰宅。

久しぶりに乗った自転車、やっぱいいわ〜

第18回クリテリウム新庄大会応援ソロツーリング

毎年恒例クリテリウム新庄応援ツーリングに出発
本当は今日から“とうかいサイクリングチーム”によるGWキャンプツーリングの予定で、先に秋田入りしている@from_yamagata隊長、@y_pon君と合流する予定だった。
ところが、昨日隊長が車との事故に遭うというアクシデントに見舞われ、GWキャンプツーリングそのものがそのまま中止に

クリテリウム新庄応援ツーリングは事前にTwitterと行きつけの自転車店の掲示板に募集をしていたがまったく反応無しだったので、記載した集合時間に遅れて出かけたが問題なかった。
6:45頃文翔館前を通過、このまま3時間で着かないとパンタ兄のスタート9:55に間に合わない。

まったく走っていない貧脚状態な上、体重も増加し最悪のコンディションで75kmを3時間で走る事ができるのか?
そんな不安と戦いながらひたすら走った。

東根のファミリーマート山形空港前店で休憩、約25km地点。
豆パンマーガリン補給。
走りながら食べたのだが、鼻水が出て息ができなく余計苦しかった

とにかく、ひたすら漕ぐべし

大石田の千本だんごに立ち寄り2回目の休憩、約50km地点。
醤油だんごを食べて出発

ここから少しアップダウンがある。
ここでさらに練習不足の現実を突きつけられる。
舟形町長者原から新庄に抜ける県道もキツかった。

なんとか予定通り9:55に到着したのだが、なんと51歳以上のレースが始まっている
なんと現地で予定時間の繰上げが発表されたとか
信じられない・・・

まずはすぐに大泉珈琲店(シンヤ)とハッチとパンタ兄婦人とパンタ兄の応援
大声で声援を送り、途中ラップを獲る(ポイントなし)見せ場を作ってくれた。
土井君のお父さんもラップを獲っていた
いつ見てもカッコイイおじさんの見本だ。

なんとか集団でゴールしたが、パンタ兄、Doiパパ共に表彰台は逃した。
続いて一般登録の部では山大工学部の海藤君(エルドラード)が出るので応援。
「なんとか三瀧選手(ブリジストンアンカー)に勝ちたい」と言っていたとおり最後の最後までトップ集団を形成し、最後のスプリントで負けた。
さすが三瀧選手、プロの面目を保った。

つづいて、大泉珈琲店(シンヤ)が出る一般男子B(31〜40才)を応援。
序盤余裕が見えていたのだが、残り3週で遅れ始め第二手段後方でゴール9位だった。

引き続きハッチの一般男子(20〜30才)を応援。
このクラスは6週目のラップ賞から抜け出した一人の逃げが決まり、ハッチは第2集団にも残れなかったが、何とか完走した。

結局最終レースまで見てしまったので新庄を出発するのは14:20近くになっていた。
急に雲行きが怪しくなりゆっくり帰ってる場合じゃなくなった。
しかも修行のような強い風が拭きつけ、辛い帰り路になってしまう。
新庄〜大石田間で少し雨が落ちてきたが、大石田を抜けたら雨も上がり、東根では日が差していると言う状態だった。

そんなわけで大石田では休憩を取らず、東根の「伊勢蕎麦」に飛び込む。
もり天750円を食べてお腹一杯。

脚にかなりのダメージがありながらなんとか山形までたどり着く。
「九月堂」さんに顔を出して珈琲をご馳走になって帰宅。
辛い146.5kmだった。

村山市 手づくりパン「NOUKA」

自転車仲間でパン好きの出羽機くさんをお誘いして村山市碁点にある『NOUKA』に行って見た。
Twitterで知ったお店なのだが、国産小麦を使った手作りパン屋さん。
くるみとクリームチーズのベーグル140円とミニミニ食パン100円、牛乳200円を注文。

20100403NOUKA_パン2種

店内で藻食べられるスペースあり。
Twitterで何度かやり取りをしていたのですんなり話ができた。
ネットコミュニケーションのいいところだね。
自家製のりんごジャムをつけて食べる。

20100403NOUKAりんごジャム

ウマイ
コーヒーもこだわりがあるらしく、知り合いの店から豆を取り寄せているらしい。
すかさず大泉珈琲店を紹介する。
お母さんと息子さん夫婦でやっているこじんまりとしたお店だが食べている間も次々にお客様が来ていた人気店。

20100403NOUKA

手づくりパン『NOUKA』
村山市碁点1052-17
0237-56-3370

朝日町ツーリング

久しぶりに〆飾りの仕事が休みで、天気予報もまずまず。
出羽機くさんと走りに行くことに。

出がけにグローブが見つからず、出羽機くさんにメールして20分ほど遅刻
文翔館前で何かお祭りの準備をしていた。
当初予定では大石田団子&蕎麦ユルユルツーのはずだったが、天気予報では北の方は雨が落ちる模様ということで南に変更した。

まずは西に向う。
大曽根地区まで来て出羽機くさんにここから南に行くか、大江町から朝日町へ行くか聞いたら、大江経由でとのことで右折し進む。

さらに山辺から大江町三郷小に抜ける農道を登るか聞いてみたら「行ってみましょう」とのことで登って行く。
前半はまだ出羽機くさんを待つ余裕があったが、最後の最後は出羽機くさんを先行させ追いつこうと思っても脚が回らなくなってしまい逆に100mほど遅れてしまう。

三郷小前まで下り、学校前の交差点で工事現場で警備をしているおじさんに道を聞いて進んだら行き止まり

戻ってR287を南に走り朝日町へ向う。
山を越えたあたりから雲行きが怪しくなっていたが、朝日町に差し掛かるあたりでとうとう雨が落ちてきて引き返すことに。

中郷のローソンで休憩し、携帯で天気予報を見ると、この先また雨が落ちる模様だったので本降りになる前に帰りましょうと雨雲と競争するように激走
最初のユルユルツーの話はどこへ行ったやら・・・

途中マスターに電話して『PetitNoel』でランチをすることに。
ガンガン走ってきたので汗だくだった

食べてる最中の外が晴れているのでもう少し走りに行くことに。
東に向かい妙見寺の旧道を走り東沢小学校あたりで出羽機くさんと離れてしまい、単独で『峠の茶屋』へ。
途中また雨が落ちてきて何度も気持ちが切れそうになりながら『峠の茶屋』まで到着したら、なんと自転車スターの姿が

コーヒーをご馳走になり帰宅。
シャワーを浴びてストレッチしたらあっという間に居眠りしてしまった。

本日の走行距離:78.8km AVS:
今月の走行距離:
本年の走行距離:

笹谷峠入口〜山寺ツーリング

天気の良い週末、今日乗らなければ何時乗る?と言わんばかりだ。
当初の予定では舟形〜金山ルート、鍋越峠など北方面の紅葉ライドかと考えていたのだが、翌日の審判割当てのことを考えると無理せず調整ランの方が良いか・・・と予定変更

9:30過ぎにウダウダ出撃
笹谷峠を目指す。
釈迦堂は旧道を走り、東沢小からR286に出る。
目的は身体を動かすことなので“ゆっくり過ぎず、頑張り過ぎず”

道路案内板で笹谷峠通行止めの表示。
そうか・・・とりあえず入口まで行こう
そう奮い立たせてペダルを回す。

新山釣堀を過ぎて旧道に行くが途中路面が濡れて落ち葉も落ちている
ビビリが入りモチベーション激減
リアのギアは“23Tまで”と決めて行くが、ちょっと傾斜がキツくなるとグッと来るね〜
ダンシングすると落ち葉でスリップするし・・・
特に旧道から国道に出る坂は厳しかった

関沢のバス停からぼけなし観音岩盤浴の方に登り笹谷峠の入口へ。
柵の前で引き返し、ゆっくり下る。

路肩は濡れているし、落ち葉はあるし、隣をトラックがビュービュー通るし・・・
怖ぇ〜
まったくスピードが出せずにノロノロ下ってきた。

続いて、べにばなトンネルを抜けて山寺に向う。
久しぶりにべにばなトンネルを逆走するな〜
ペースは当初のプランどおり“怠けず、頑張り過ぎず”

091107高瀬下り

心拍計は電池交換中のため無いけれど、スピード、ケイデンス等走行中のデータとにらめっこ。
山寺に行くのはdoiちゃんと走った夏以来、トンネル前坂は30km/hで登ったんだっけな〜なんて思いながら25km/hでヘロヘロ登る。
良い汗かいて山寺に到着。

091107山寺

水を飲んで写真を撮ったらすぐに来た道を引き返す。
高瀬の坂もメーターを見ながら走る。
23km/hイーブンで一杯一杯だったな〜

天気が良いので気温も上がってきた。
気持ち良い汗をかいて家に到着。
シャワー後『やはぎ接骨院』でケアをして、その後『PetitNoel』でミネストローネ&サラダ&パンを食べる。
マスターが出してくれたクラゲともずくの酢の物がエクセレントなウマさだった。

その後『テルメ』のサウナで再び汗をかいてスッキリ

午前中ラン→『やはぎ接骨院』でケア→『PetitNoel』でランチ、が最近の週末ランのパターンかな〜
昔は100km乗らないと気がすまなかったのにね
午前中の2時間“しっかり乗る”ことが大事だ。
でも、たまにはロングライドにも行きたいな

今更夢膨らます季節じゃないんだけどね

もりくまツーリング+探検ポタリング

昨日の足の疲れを抜く為にクールダウン走をしようと“もりくまツーリング”に参加。
出掛けの気温の低さでモチベーションが激減
しかし昨晩パンタ兄さんに電話で「行く」と言ったし、出羽機くさんにも「クールダウンに行きましょう」と誘ったのは自分、行かないわけにはいかないよな〜

グズグズしていたらあっという間に時間が来てしまい、急いで支度してサンダーバード車で西公園に出撃
丁度みんなが出発するところに出くわし、行き先を聞いて急いで自転車を下ろして支度して追いかける

ヒャー今日もビュービューの向かい風だし・・・
追いつけるかな
今日の顔ぶれはツワモノぞろいだったからな〜

パンタ兄さん、パタ君、W田さん、ASさん、ブロック屋さん、K鹿君、Y川君、Aさん、出羽機くさん、りんくまさん

津金沢からみはらしの丘に登る坂でようやく追いついた。
せっかくのクールダウン走のはずが最初からダッシュして余計脚がパンパンに

しかしそれが良かったのか身体と脚が温まって、明新館高校前の辺りでは脚も回りだしみんなの前に出る。
川口からはパタ君が牽いてくれて楢下までの緩い上り坂を30km/h巡航。
パンタ兄さん、Aさんと列車を作って走るが1km手前で売り切れ離脱
後ろから来たブロック屋さん、W田さんにも抜かれるがすぐにそこに便乗、しかしここでもチギれかかる
3車身分差が開いたところから再びダンシングして詰めるが結局1車身分離されたままこんにゃく番所にゴール
良い汗をかいたのと心地よい脚の張りに少し満足だった

番所を出てみんなで花森湖へ。
登りは大丈夫かな〜と心配だったがなんとかみんなと一緒に走れた。
その後はそれぞれのグループに分かれて帰還。

僕は出羽機くさんと今度こそゆっくりクールダウンに。
久保手を通って長谷堂へ、先日土井選手の練習を取材した際に土井選手が登った坂を下る。
改めて見るとすごいところであることに驚かされる

長谷堂城址に立ち寄り玉こんにゃくを食べてさらに西の菅沢部落をポタリング。
門伝に気になるお菓子屋を発見
帰りに寄ることにして、先日TVで紹介されていた『山二醤油』の蔵を訪ねてみるが残念ながら留守だった

お昼は『才べえ』でおそば。
もりそば735円を食べた。

「才べえ」もりそば

デジカメのメモリーカード忘れ、携帯で撮影。
久しぶりに食べたけど、たまにいいな〜こんなのも(笑)
つけダレのしょっぱさはまさに僕好みだった

『才べえ』を出てさっき見つけたお菓子屋さんに行く。
続きは別スレにて。

六十里越紅葉ライド

出羽機くさんに「六十里越に紅葉を見に行きましょう」と誘っていただきご一緒する。
ただ、先日の古賀志林道で19-21の歯が飛ぶことがわかり、急遽前夜りんくまさんにスプロケットの歯を手持ちのコーラスの19-21と交換したのであった
りんくまさんありがとう

7:30文翔館集合で7:45頃出発
空はどんより曇り空で気温もまだまだ低い。
出かける前に相当悩んだウエアリングは、ナリーニのウインドストップ長袖ジャージの上下にインナーはアンダーアーマーのオールシーズンギアの長袖。

陣場から山辺に向かう道では霧が出ていた。

六十里越ライド_陣場六十里越ライド_豊田小前

山辺〜中山を通り、途中の豊田小前の桜の葉もきれいに赤くなっていた。
これで空が青空だったらな〜

気温は自転車を漕いでいれば寒くは無いのだが、六十里越えはもっと寒いだろうと予測されるので今のうち寒さに慣れておこうと寒河江でウイブレを脱ぐ。
柴橋のファミマで水と豆パンマーガリン補給

実は寒河江ダムまでの道は下ってきた事はあるが登るのは初めて。
新水ヶ瀞ダムで湖面に映る紅葉をと思って写真を撮るがまるでモノクロのような感じ。

六十里越ライド_新水ヶ瀞ダム

つくづく天気がな〜と悔やまれる。
本道寺から一旦112号に出てすぐに寒河江ダムに向かう側道に入り月山湖売店でずんだソフトクリームチャージ

六十里越ライド_寒河江ダムソフト

この先の弓張平への激坂に備えてストレッチをして再出発
出羽機くさんの「最初は大したことありませんよ」の言葉を信じて登り始める。
いきなり10%の看板がその先は8%・・・脚が休まらない
どうにか弓張平まで着いてさらに志津へ。
志津温泉で小休止していよいよ六十里越へ入る。

月山の紅葉はほとんど終わってるね・・・

六十里越ライド_六十里越街道

期待した景色も見れずひたすら山越えの辛いライドになるのかと思っていたら・・・
ピークを過ぎたあたりから日が出てきてさらに下り始めたら少しずつ紅葉が出始めた。

六十里越ライド_六十里越街道3

湯殿山ロッジまで下りてきたらこんな看板が・・・

六十里越ライド_自転車用案内板

結構間違って自動車道に進入しちゃう人がいるのかな?
駐車場からの眺めも最高

六十里越ライド_仙人岳&湯殿山六十里越_湯殿山ホテル&品倉山

この先は天気も紅葉も最高です

六十里越ライド_紅葉2六十里越ライド_七つ滝

七つ滝では最高の眺めなんだけど逆光で残念な写真に
しかしこの六十里越街道、庄内側からは絶対に登りたくない道だな・・・
田麦俣まで下りてきて多層民家を見て月山ダム方面に。

六十里越ライド_田麦俣六十里越ライド_月山ダム

名物T字路の橋を通って米の粉の滝ドライブインに到着。
途中随分寄り道したから13時30分を回っていた。
ここでそばでも食べようかと思ったが、汁物を入れる余裕が無かったので焼きそばを食べた。
豆パンマーガリンもまだ残っているし。

出羽機くさん、本当は海まで行きたかったらしいのだが、僕が夜の予定があったので海行きを断念。
まっすぐ鶴岡駅に向うことにした。
ここからはずっと下りで楽しいはずだったが・・・
ugandaの晴れパワーは風に弱く、思いっきり横風と向かい風に見舞われる
踏んでも回しても35km/hが精一杯
出羽機くさんは遥か後方に・・・
輪行袋に入れる手間時間が読めないugandaは一刻も早く鶴岡駅に着きたかったのだ。
時折信号で出羽機くさんを待って再びダッシュ

思ったより早目に駅前に着いたので、すぐ目の前にある自転車の置いてある店を覗いてみた。

六十里越ライド_鶴岡「SURPRISE」

『SURPRISE』というお店で洋服と自転車パーツが少しある変わったお店だった。
店内に店主のリドレーが飾ってあった。

駅に行って輪行袋に自転車を入れて切符を買って買出しして・・・
たのしい輪行の時間が始まります。

帰りは電車で乾杯して無事に帰って来ました。
輪行も楽しです。

メタボ解消『天地人 名所・旧跡スタンプラリー』ライド

とうかいサイクリング秋篇で・・・太った(爆)
これはマズイと今日は芋煮会があるがその前に走らねばと昨日もらった『天地人 名所・旧跡スタンプラリー』の上山エリアに行くことに。

交換したリアスプロケットの様子を見るために西蔵王へ行ってみるが、既に脚が痛くて入り口でUターン、そのままおとなしく下から上山市楢下宿を目指す

脚が痛いといっても目的は“メタボ解消”ある程度負荷がかかるようギアは軽めに高ケイデンス、中スピードで走る。

金生〜楢下間のダラダラ上りは格好のトレーニングになる。
前傾してペダリングすると太ももで下腹が押される・・・
なんてザマだぁ〜

楢下宿とこんにゃく番所を勘違いして一旦こんにゃく番所に立ち寄るが、すぐに気がついて『楢下宿』へ

楢下宿

スタンプを押して、次の設置場所『上山城』へ向かう。
ここからの下りもメタボ解消のためグングン回す
でも力が持たず、あっという間にペースが落ちる

『上山城』に到着。

上山城

スタンプを押して玉こんにゃく100円をチャージ
その後、温泉街を抜けて金瓶経由で来た道を引き返す。
山形市内の自宅までずっと上りでヒーヒーだった

家に到着後近くの川原でnagaoka隊長ら会社の人たちの芋煮会と、神輿会の芋煮会に顔を出す。
そのまま神輿会の連中の二次会に合流することに・・・
久しぶりにカラオケ歌った

「遊大陸」でカラオケ


本日の走行距離:
今月の走行距離:
本年の走行距離:

墓参り+長谷堂城〜東大手門名所旧跡ライド

妻が珍しく「自転車で墓参りに行こう」というので久しぶりに妻の高級MTB(笑)を預けてある輪熊ガレージから出してきて、掃除&調整し出撃

妻と自転車

片谷地の先祖代々のお墓にお参りした後、妻の実家に立ち寄って義父の仏壇にお参り、松原『長秀寺』のuganda家の墓参り、次は妻方の長谷堂『清源寺』に向う。
家からここまではずっと下り基調だったので随分楽だった。

長谷堂城の登り口八幡崎口前の広場がキレイに整備され、広場内におみやげ物や記念切手を売るテントが出ていてすっかり観光地になっている
テント内に親戚の『甘陽堂』店主がいて「登っていけ」と声をかけられ、墓参り後に再び立ち寄り登ってみることに。

長谷堂城八幡崎口「甘陽堂」売店

「つれんぽ持て行げ」と言われ思わず噴き出す(笑)
つれんぽ=ストックのことです。

長谷堂城八幡崎口

階段の無い砂利の坂道なので滑りやすく、お年寄りにはキツイ坂かも。
なるほど“つれんぽ”要るな〜

途中途中にこの城山の特徴を説明する看板がある。

長谷堂城跡の遺構1長谷堂城跡の遺構2長谷堂城跡の遺構3長谷堂城跡の遺構4

長谷堂城跡の遺構5長谷堂城跡の遺構6長谷堂城跡の遺構7

山頂広場まで歩いて20分かかると聞いていたが、そんなにはかからなかった。
頂上にはなぁんにも無い。
ただ案内板や陣地のあとのようなオブジェだけあるだけ。

長谷堂城山頂広場2長谷堂城跡_山頂広場_陣幕

ただ、眺めはいいね
ここから霞城公園を見て霞んで見えなかったから霞城ってなったんだっけな?。

長谷堂城山頂広場長谷堂城跡山頂広場からの眺め

他にもいろいろ説明書きの案内板などがある。

長谷堂城跡_眺望案内板長谷堂城跡案内板1長谷堂城跡案内板3

帰りは違う下り口から下りてみる。
登りよりも下りのほうが足元がすべり危険、やっぱ“つれんぽ”は必須だ。

八幡崎口前に戻り「長谷堂城跡公園散策マップ」と「最上・上杉 天地人 名所旧跡スタンプラリー」というチラシをいただく。

このスタンプラリー、5月からやっているキャンペーンらしいがまったく知らなかった
それからこんなお酒も売ってました

大吟醸「長谷堂合戦」男山酒造
純米大吟醸「長谷堂合戦」720ml ¥1,575
純米吟醸「最上義光」720ml ¥1,470

こういうのって、もっとちゃんと宣伝すれば売れると思うんだけどなぁ・・・
『甘陽堂』いが餅あんぴん餅もよろしくお願いします(笑)

自転車を置くときに、ずいぶん親切にしてくれる人がいるなぁと思ったら、市の観光物産課の方で、市役所自転車競技部だそうだ。
毎年いろんなイベントに出ているらしくらしく、蔵王町のヒルクライムイベントについて話になり、「上山に蔵王ヒルクライムの企画書を提出しているがなかなか出足が遅くて・・・」と話すと「上山市だけじゃなく山形市も巻き込んで“広域”でのイベントにした方が話は早いんじゃないか?」とアドバイスをいただき、週明けに市役所に企画書を持って伺うことになった。
意外なところにひょんなきっかけってあるものだなあ。

長谷堂城跡公園を出発、長谷堂に来たら『たけだそば屋』で食べなくちゃね。
こちらは別スレで。

せっかくスタンプラリーをもらったので山形市内のもう一つの設置場所の東大手門に回る。

東大手門

最上義光公像がある方の石垣を登ったところの展示室でスタンプを押してもらい2箇所制覇
大手門から先に進んで行くと、旧県立中央病院跡の広場でなにやら屋台が出ていたので覗いてみる。
こちらの様子も別スレで

15時30分にnagaoka隊長とユウヤ隊員と輪熊SHOPで待ち合わせしていたのにちょうど間に合った。
妻はもう疲れた様子で「歩いて帰りたい」と言い始める。
隊長にも笑われ、グズグズ言いながら家まで帰ってきましたとさ。
MTBでのポタリングも楽しいものですね

本日の走行距離:
今月の走行距離:
本年の走行距離・

2009とうかいサイクリング秋篇 3日目

とうかいサイクリング3日目
今朝も5:00頃目が覚めた。
M田サポート隊長は今日も早起きして朝ごはんの支度をしていてくれる。

とうかいサイクリング秋篇3日目_朝とうかいサイクリング秋篇3日目_朝食

朝方から雨が降り出し、出走のモチベーションは下がる一方。
隊長に中止を促すが、隊長、ユウヤ隊員の「青沢峠越え」の意思は固く、根負けして何とか雨が上がった空の下出発しました

とうかいサイクリング秋篇3日目_鳥海山バックにとうかいサイクリング秋篇3日目_おくりびとロケ地

途中遊佐町から見える鳥海山をバックにパチリ。
さらに『おくりびと』で本木正弘がチェロを弾くシーンを撮影した川原にも立ち寄る。

八幡町のコンビニに立ち寄って途中の補食を調達している間に雨が降り出し、ザーザー降りに

とうかいサイクリング秋篇3日目_土砂降り

僕は雨中の走行は佐渡で懲り懲り
迷うことなく出走中止、サポートカーに乗り込んだ

隊長とユウヤ隊員はさっさと雨支度を始め、雨の中再出発

とうかいサイクリング秋篇3日目_雨中走行のユウヤ隊員とうかいサイクリング秋篇3日目_雨中走行の隊長

朝のうち「こんな雨の中走るとコケる」と言っていたugandaだったが、その呪いにかかったのか隊長がスリップし落車したところにユウヤ隊員が突っ込むというアクシデントがあったらしい
さらに先に進んだところで今度はユウヤ隊員が通過する車を避けて左によりすぎ側溝に落ちた
恐るべしugandaの呪い

雨中の下り坂走行はリスクが高すぎるとし、危険回避の為青沢トンネルを越えた時点で今回のゴールとすることにした。

帰りは真室川温泉『梅里苑』に立ち寄って冷えた身体を温めて、新庄『一心亭』で遅い昼飯を食べる。

とうかいサイクリング秋篇3日目_一心亭とうかいサイクリング秋篇3日目_一心亭店内

お腹いっぱいになった後はサポート隊長運転の車でぐっすり眠ってしまい、無事にコンビニとうかいに帰還しました。

2009とうかいサイクリング秋篇 2日目

さすがに山の上のキャンプ場は朝夕は寒い。
夜中に何度か目を覚ましたが、朝5時過ぎにテントから出る。
既に隊長らが焚き火をしていた。

とうかいサイクリング秋篇2日目_朝焚き火1

「朝焼けがキレイだ」と隊長が言うとみんなで写真を撮り始める。
目の前の鳥海山が真っ赤に染まる。

とうかいサイクリング秋篇2日目_朝焼けの鳥海山

M田サポート隊長はせっせと朝食を作ってくれる。
今朝のメニューは松茸ご飯もどきと玉子焼き、油揚げ焼きと豆腐焼き

とうかいサイクリング秋篇2日目_朝食

朝露の着いたテントを乾かして撤収。
シャージー牛乳を飲みたくて売店に行ってみたらなんと1本しかなく他は売り切れ
回し飲みをしてガマン
失意の中花立キャンプ場を出発し、にかほ市へ向う。

とうかいサイクリング秋篇2日目_由利高原からの下り

海抜500mから0mへ一気にダウンヒル。
坂の途中から九十九島が見える。

とうかいサイクリング秋篇2日目_九十九島

にかほ市から南下するのは国道7号だが、なるべく海沿いの道があればそちらを通る。
キレイな海をバックにパチリ

とうかいサイクリング秋篇2日目_由利海岸とうかいサイクリング秋篇2日目_由利海岸2

すっきりとした秋晴れの日本海が美しい
途中で見える様々な角度の鳥海山もその圧倒的な存在感を示す。

とうかいサイクリング秋篇2日目_由利高原から望む鳥海山とうかいサイクリング秋篇2日目_由利海岸からの鳥海山とうかいサイクリング秋篇2日目_象潟漁港からの鳥海山

お昼は象潟のお店『俵屋』にて食べる。
あれこれ注文のうるさい客に店のオバチャンも困惑していた(笑)。

とうかいサイクリング秋篇2日目_昼飯象潟「俵屋」

おすすめ定食とミニ牛すじ丼、ミニ牛すじカレー

とうかいサイクリング秋篇2日目_昼飯とうかいサイクリング秋篇2日目_昼飯ミニ牛スジ丼とうかいサイクリング秋篇2日目_昼飯ミニ牛スジカレー

初代自転車名人“忌野清志郎さん”が奥の細道を自転車で旅した際にゴール地点となった象潟海水浴場と、松尾芭蕉が立ち寄った最北の地『蚶満寺』に立ち寄る。

とうかいサイクリング秋篇2日目_象潟海水浴場にてとうかいサイクリング秋篇2日目_蚶満寺

7号線をたくさんの自転車とすれ違う。
BRM920埼玉1000の最中なんだ・・・1,000kmってすごいよなぁ

ようやく県境を越えて三崎公園、十六羅漢に立ち寄る。

とうかいサイクリング秋篇2日目_山形県境とうかいサイクリング秋篇2日目_三崎公園とうかいサイクリング秋篇2日目_十六羅漢

いろいろ寄り道して日が暮れる前に無事に今夜の寝どころ西浜キャンプ場に到着
暗くなる前に急いでテントを設営。
隣に家の近所の魚屋さん家族がキャンプしていた

とうかいサイクリング秋篇2日目_西浜キャンプ場とうかいサイクリング秋篇2日目_Myテント

設営後、あぽん西浜で風呂に入り、近くの鮮魚店『ヤマサ鮮魚』で“いなだ、タコ、しめさば”の刺身を調達
さらに吹浦のAコープで買い物。

とうかいサイクリング秋篇2日目夕飯_刺身の前の隊長&ユウヤ刺身を前に隊長とユウヤ隊員

おこげご飯on温泉玉子、メンチカツ、焼きおにぎり

とうかいサイクリング秋篇2日目夕飯_ご飯with温泉玉子とうかいサイクリング秋篇2日目夕飯_メンチカツとうかいサイクリング秋篇2日目夕飯_焼きおにぎり

隣の魚屋さんがすぐ裏の吹浦漁港湾で釣ってきたというカレイをいただく

とうかいサイクリング秋篇2日目夕食_焼き鰈

糖質ゼロのビールをいただいた後は隊長セレクトのこのワインをいただく。

とうかいサイクリング秋篇2日目_夕飯ワイン

食事後、隊長恒例のシップ貼りをパチリ
隊長「何撮ってるんだず〜」と言いながらズボンを下ろしてるし(笑)

とうかいサイクリング秋篇2日目_隊長恒例湿布貼り

その後あっという間に隊長は寝てしまう。
これもいつもどおり、昨日とはうって変わってにぎやかなキャンプ場、騒々しくてなかなか眠れなかった。

2009とうかいサイクリング秋篇 1日目

朝6時、コンビニとうかいにて荷物を積載。

2009とうかいサイクリング秋篇_出発前

自転車3台とキャンプ道具を芸術のように詰め込み、スタート地点の金山町役場へ出発

金山町役場手前のファミリマートで自転車を降ろし、役場前に移動。
役場を出発し、真室川町及位を経由して雄勝トンネルを抜けて院内に。
院内から国道108号を橋って矢島町へ向かう。

2009とうかいサイクリング秋篇_きごころ橋2009とうかいサイクリング秋篇_雄勝トンネル2009とうかいサイクリング秋篇_松ノ木トンネル

院内から由利本荘市までの上り坂はダラダラと長いが、途中の数箇所23Tが使えない辛さを痛感する
108号沿いにある笹子名水に立ち寄り水を補給。

2009とうかいサイクリング秋篇_笹子名水

道の駅清水の里鳥海郷で昼食。
隊長らはオススメと言われるそばを食べたが、僕はラーメンを注文。
味は問題外でした

後半の矢島町〜花立キャンプ場までの登りで、ついに26Tまでもが不調に…
どうにかこうにかだましだまし26Tと21Tでキャンプ場まで登って来ました

花立牧場公園花立キャンプ場

テント設営後、まずは乾杯
今回は自転車隊の他温泉めぐり隊も参加してます(笑)

とうかいサイクリング秋篇1日目nagaoka隊長とうかいサイクリング秋篇1日目ユウヤ隊員とうかいサイクリング秋篇1日目温泉隊

みんなでフォレスト鳥海に行ってお風呂に入った後、夕食はサポート隊長によるモツ鍋他豪華料理を堪能

M田サポート隊長記録撮影、料理と大活躍のM田サポート隊長

モツ鍋と炭焼きベーコン

とうかいサイクリング1日目モツ鍋とうかいサイクリング1日目モツ鍋とりわけ皿とうかいサイクリング1日目ベーコン焼き

満天の星空を眺めてとうかい店長持参のワインをいただきました。

TIMEシェイクダウン

オーバーホール明けのTIMEのシェイクダウンに出かける。
朝連コースで馬見ヶ崎川沿い〜県立中央病院前〜漆山〜立谷川〜大森〜山寺と走行。

20090819山寺駅

BB周りの音鳴りも無くなったし、なかなか調子が良いと思ったらギアに問題が・・・
チェーンを新しくしたからか、23Tが入らない。
エンドさんに電話で報告し、様子を見ることに。

うーん、登りで一番使うギアだけに消耗度が激しいからかな〜
それにしても明日からのツーリングに大きな爆弾を抱えてしまった

本日の走行距離:33km、AVS:25.1km/h
今月の走行距離:
本年の走行距離:

とうかいサイクリングチーム2009夏ロングライド準備編

「とうかいサイクリングチーム」の今夏のイベントは、
隊長&ユウヤ隊員&ヨリちゃんのカメさんチームが今年のGWに隊長とユウヤ隊員が挑んだ“新潟周りで西浜へ”で惜しくも完走できず途中回収された新潟県勝木からのリベンジに。

僕とyahapooh先生のウサギさんチームは同じく“新潟周り〜西浜へ”を山形から出発して途中でカメさんチームに追いつこうということに。

昨年から参加出走しているチームオーナー兼事務局のヨリちゃんは、今年も意欲満々でトレーニングに励んでいたのだが・・・
なんと自転車トレーニングを終えた後の歩行中に捻挫するというアクシデント
加えて隊長も仕事中自転車で転倒してアバラを折るケガ・・・
ちょっとちょっと、今年のツーリングは大丈夫なんですかぁ

いろいろ心配される中、当のご本人達はまったくあきらめる気配など微塵もなし
さらには隊長のご親戚で不幸があり、15日に葬儀に参列しなければならないという事態に

出発前日、緊急招集がかかり打ち合わせ。

前日ミーティング

打ち合わせの結果、隊長はサイクリング&キャンプに参加して翌日キャンプ場から直接葬儀会場に行くことになった。
ホント凄い執念だ(笑)

僕とyahapooh先生はサポートカーより先に出発するために、荷物を事前に出発地点のコンビニとうかいに届けておくようにして解散

doiちゃんとツーリング

今日は土井雪広選手とツーリング。
ワガママを快く引き受けてくれて実現した。

am7:30文翔館に集合
昨夜遅くに案内したにもかかわらず、7名が集まった。
チームジャージを着て来てくれた土井選手、さすがにカッコいいね
たちまちサイン会&撮影会に。

doiちゃんツーリング集合写真

一通り交流が終わったら出発
土井選手を先頭に車列を組んで走行

doiちゃんツーリング2パンタ兄

土井選手はかなりゆっくり走ってくれているつもりなんだろうけど、結構速い
メーターが30km/hを下回ることはほとんど無かった。
みんなで交代して土井選手の横に並んで話をする。
僕は真後ろについて食い入るようにペダリングを見たり・・・

ドキドキしながらの走行で、あっという間に山寺に到着した。

doiちゃんツーリング3山寺駅

今日山寺に来たのは遠藤元文部科学副大臣が土井君の話を聞いて「是非会いたい」ということで、本日の遠藤前代議士の自転車遊説スタート地点の山寺で会談し、遊説を見送ることになったからである。

駅で遠藤前代議士を待っている間、千葉から観光で来たというご夫婦とおばあちゃんに出会う
ご主人が自転車好きで土井選手を紹介したら、一緒に写真を撮ってもらい「こんなときのために」と車に持っていた色紙を出してサインをもらっていた(笑)
ご主人、Blogをやっているそうで「blogに書いてもいいですか?」と子供用な笑顔で聞いていた。
わかるぅ〜一昨日の『一艸亭』での僕の顔もきっとこんなんだったろうな〜と思う。

遠藤前代議士が到着して駅前のお土産屋で会談。
会談後、山本天童市長を交えて記念撮影

doiちゃんツーリング5遠藤前代議士と山本天童市長

遠藤前代議士の遊説を伴走した後、土井選手は練習に向かうというので「着いていける所まで」とご一緒させていただいた。
ハイスピードランの動画をどうぞ



山寺〜天童〜中山〜山辺〜農事試験場〜上山と向かうが、僕は山辺でチギれました
米粒のようになった集団を見送って僕はひとり戦列を離脱いたしました
すると、農事試験場の坂をスキルシマノジャージをまとった自転車が下ってくる。
あれ?戻ってきたの?と思ったら自転車は二人で???
後で聞いたら土井選手のご両親だったそうです

いや〜今日のツーリング、速かったぁ〜でも楽しかった〜
たまにはこういう高負荷(僕には)のツーリングもいいもんですね。
土井選手の美しいフォームを間近に見れたし、ホント素敵な思い出になりました。
ますます土井選手(doiちゃん)のファンになったぜ

2009もりくまツーリング Vol.1

久しぶりにもりくまツーリングにでも参加しようと出撃。
相変わらず出掛けにモタモタする悪いクセが治らず、出かけるのが遅くなる。
山五小からひたすら西に走り、城南陸橋〜西バイパス〜沼木街道〜悪戸経由で西公園へ。
今日は南に向うんじゃないかと賭けに出たのだが、一向に出会う気配なし。
とうとう西公園まで来てしまったが・・・良かった、まだ出発前だった
今日の参加者は20代の若手一人と50代3名、40代のりんくまさんと僕の6名。
自己紹介して「今日は南に行きましょう」と楢下に向う。
おぉ〜まったく逆だったねー
みはらしの丘経由で行こうとアプローチの坂を登るが、いやはや皆さん速い速い
あっという間において行かれてしまった

競馬場の交差点でようやく追いついて明新館高校前をノンビリ走る。
金生の交差点から楢下に向う道ではまたもやハイスピードで突き進む。
途中までへばりつくがチギられる
参ったっす

楢下のこんにゃく番所で休憩してパチリ。

20090726もりくまツーリング

この後一緒に帰り道につくが、途中3台は花森湖の方へ向いここで分離する。
りんくまさんの車が西公園に残っているので僕も西公園に向かいかえりはりんくま号に乗せてもらって帰ってきた

本日の走行距離:
今月の走行距離:
本年の走行距離:

大石田ツーリング

kuboGさんの山形滞在も今日で最後。
先週金曜日から東京からいらっしゃってるお友達のK林さんと共に週末ツーリングを堪能していたらしく、ワインの会で同席させていただいた際にDr.T木らと一緒に走る約束をしていた。

しかし・・・あの晩事件が起きてしまい、もしもその方が参加するなら僕は行かないつもりでいた。

前の晩ザーザー降りの雨も朝方には上がったのだが、路面はまだ濡れていた。
「8時文翔館集合で次年子」と聞いていたのだが、朝7時にkuboGさんにメール。
予定変更していないか?、事件の方が出走するのか尋ねたが返事が来ない。

一旦自転車で出かけるが、ハッキリ返事が来なかったので走るのをあきらめて『やはぎ接骨院』に向うが、朝から混んでる・・・
yahapooh先生から「次の日大丈夫だったんですか?」と聞かれ、「大変だった」と話す(笑)。

kuboGさんから電話が来て「例の方は今日はいないよ。今から山辺経由で河北に向うから追いかけてきて」と言われ「行きません」とは言えなくなる。

治療を受けずに慌てて出走する。
時間は予定より1時間遅れの9時になっていた。

山辺経由で河北と言うことは天童から寒河江経由で向えば河北で合流できるかもしれない。
kuboGさんに電話を入れてみるが出ない・・・

少し走ってから電話が来て「現在寒河江にいてこれから河北のべにばな資料館前を通って山に向う」とのこと。
このまま突っ走れば河北町内で合流できるか?とペースを上げる。

河北を通り過ぎて村山市大久保のFamilyMartまで走ってきた。
kuboGさんに電話するが連絡付かず・・・どうする?
少し後に連絡がつくが、kuboGさんとチグハグなやり取りになってしまい、一旦僕だけ大石田の『千本だんご』まで走って、隼の瀬まで引き返してくることになってしまう

ようやく合流できて一緒に本日二度目の『千本だんご』へ。
店先に一台ロードバイクが止まっていて、中にはマリアローザを着た方がだんごを食べていた。
「こんにちは」と挨拶をして僕等もテーブルについてだんごを食べていると「もしかしてblogを書かれていますか?」と話しかけられる。
「ハイ」と答えると「blogを見てここに来てみたんです」と言ってくださってました
新庄に向うとの事で、奥さんが車で来ていた。

kuboGさんチームは次年子に行く前に山に登ってしまい、次年子には登らない事になったそうだ。
大石田町内の蕎麦屋でそばを食べようとう事になり、先日床屋で最近できた蕎麦屋があると聞いたので『千本だんご』で情報を聞こうとしたら、思い切り無愛想に「そこにパンフレットがありますから」とまったく取り合ってくれない様子。
だんごが美味しい店で結構通っていたのに一気に嫌いになった

そんなんで蕎麦屋はT木先生が行ったことがあるという『美登利』に。

大石田「美登里」にて

僕は冷やしかもなんそば950円を注文。

「美登里」冷やしかもなんそば「美登里」冷やしかもなんそばUP

値段は結構高めだが、ウマかった〜

「美登里」外観

『美登利』
北村山郡大石田町緑町20-9
0237-35-2133

満足して帰路に。
村山市富並まで来た道を引き返しじゅんさい沼に立ち寄る。

じゅんさい沼にて

帰り道を走る様子をパチリ。

大石田ツーリング帰り道

隼の瀬から広域農道に入り、碁点温泉前を通って大久保から初めて通る裏道を走る。
寒河江のチェリークアパークに寄ってアイスクリームを食べる。

チェリークアパークにて

ここで少しパラっと雨が落ちてきたので急いで帰る。
猛然とダッシュして雨雲をチギってやった(笑)

飛ばしては後続を待ち、合流したらまた飛ばし・・・を繰り返しながら帰る。
県立中央病院前で自由解散とし輪熊SHOPへ帰ってきた。

本日の走行距離:144km
今月の走行距離:
本年の走行距離:

朝日〜大井沢ツーリング

昨日、さくらんぼの収穫作業に来ているkuboGさんに触発されたか(笑)、hiroさんが来県。
『PetitNoel』にてルート会議を行い、決まった行き先は朝日町〜大頭森に抜けるブナ峠のルート。

朝9時にkuboGさんhiroさんの宿にりんくまハイエースで向かい、自転車を積載して玉虫沼へ車で登る
参加者はhiroさん、kuboGさん、パンタ兄さん、りんくまさん、ugandaの5名。

玉虫沼の登りのピーク(ラベンダー園近く)まで行ったところで自転車を下ろしてダウンヒルからスタートしたいというワガママな企画

朝日〜大井沢ツーリング_スタート

りんくまさん、パンタ兄さんは午前中のお付き合いということで僕が朝日町の役場まで車を運転して降りる

役場の駐車場に車を止めて一緒に出発
『蜂蜜の森キャンドル』に立ち寄ったが、残念ながら先輩は不在でした。

林道の入り口に“熊出没に注意”の看板が
ここにも一匹?いや、一人熊さんがいますけど・・・

朝日〜大井沢ツーリング_朝日町林道前

この先の林道は最高のロケーションだった。
緑と川の自然満喫コースだ

朝日〜大井沢ツーリング_朝日町林道

しばらく進むと「木川ダム」というダムがあった

朝日〜大井沢ツーリング_木川ダム朝日〜大井沢ツーリング_木川ダム2

hiroさん、kuboGさんは過去に走ったことがあるようで、僕だけ未知のルート。
ゆるい上り傾斜が続くがペース配分もままならない
出てきました・・・hiroさんツーリング名物“未舗装”

朝日〜大井沢ツーリング_朝日町ダート林道

自転車に乗るのは先月の金山ツーリング以来だから脚の調子もイマイチなんだよね〜

ブナ峠に入ると進むほどに坂道がきつくなってくる。

標識1

最後の方は本当に辛かった
登ってる最中は「わざわざ東京からこんなところまで来るなんて、理解できない」とずっとhiroさんへの恨み節だった・・・
昨晩「先攻して登って余裕があれば引き返して突っついてやる」と悪態をついていた僕だったが、そんな余裕はまったくなし。
ピークでしばらく待っても来ないので、道路に座って朝日町のコンビニで買ったパンを食べて待っていた。

約7分後にkuboGさんが登ってきた。
なんと笑顔・・・
くそ〜、余裕シャクシャクってが
さらに「迎えに行って来ま〜す」と再び降りていった。
すぐにhiroさんと一緒に登ってきたのだが、hiroさんも笑顔

なんだよ、まったく余裕が無いのはオレだけじゃないか

そこからしばらく下ると古寺のキャンプ場に到着。
ここは以前
「神通峡ツーリング」
で来たところ、ようやく自分がどこにいるかわかった。
ここで小休止し、この先のルートを確認。
当初大頭森トンネル経由で柳川に降りる予定だったみたいだが、僕が「大井沢に抜けてそばでも食べましょう」と提案し採用された
なんぼでも登りが短い方が良いから・・・

登りのピークにある大頭森への標識

標識1

大井沢に下り、kuboGさんオススメの店『民宿大原』に入る。

大井沢「民宿大原」

民宿だけあって洗面所があり、冷たい山水で汗を吸ったヘアバンドをすすいで、顔を洗う
気持ちいい〜

大井沢「民宿大原」笹竹大井沢「民宿大原」わらび大井沢「民宿大原」月山そば


そばの前に笹竹、蕨のおひたしが出てきた。ウマかった
食べ終わるころに薬味のネギが出てきたのはご愛嬌っす
このお店、メニューらしきものがなく、ドキドキしながらお会計したら、750円とかなりリーズナブル。

帰りの道でkuboGさんがなんと歯磨きしながら走ってる

歯磨きラン

国道112号に出て、寒河江ダムに立ち寄ったらちょうど噴水が上がっていた。

寒河江ダム噴水

一台、迷惑な秋田ナンバーのポルシェボクスターが観覧するところまで入ってきて、kuboGさん憤慨していた。
せっかくの高級スポーツカーもああいうダサい奴に乗られてかわいそうだね。

帰りは旧道に下りて寒河江経由で山形へ。
途中、野口農園に立ち寄ったが留守で、安達さんに顔を出してhiroさん、kuboGさんにさくらんぼ畑の中を見ていただいた。

家に戻ってシャワーを浴びて着替えて、夜の部へと移ったのであった・・・

本日の走行距離:94.6km、AVS:20.9km/h
今月の走行距離:
本年の走行距離:

舟形〜金山ツーリング

hiroさんkuboGさんの“山形遊び”にお供させていただいた。
天気予報によると村山地方は微妙な降水確率のため、急遽輪熊ショップのハイエースをお借りして車載で降水確率の低い北へ向かい、舟形町「あゆっこ村」より出走することになった。

途中、『新庄市サイクルスポーツセンター』に立ち寄りバンクを見学してきた。
最上地方は時折日が差す天気だが、風強い。

『あゆっこ村』に移動して自転車仲間の7さんが“最高のコース”と言っていた最上北部広域農道を走る。

『あゆっこ村』に車を置いて出撃
出てすぐのトンネル前で「登りはこれで終わりなんだ」と言うhiroさん

若あゆ温泉トンネル

ところがそれは真っ赤な大嘘でした(笑)
まったくhiroさんの記憶のいいかげんなこと・・・

でも、何度も繰り返し出てくるアップダウンは佐渡の激坂に比べれば全然キツくはなく、7さんの言うとおり楽しめる道であった

hiroさん&kuboGさん

楽しそうなお二人、僕もこんな風に歳をとれたらいいな〜
新庄市の看板が見えてきた

新庄市

時折強い横風が吹いてハンドルを取られそうになることもあったが、天気は良いし気温も心地よく快適なツーリングである。

目の前に鳥海山が見える眺めの良いストレート

kuboGさん快走

カメラを構えると「モデルがいるだろ?」とスッとkuboGさんが前に出てくれる。
途中、新庄市赤坂地区から国道13号を走る。
なんだか道を間違えたみたい

金山町へ入る。

金山町

役場のところから街中に入り、お昼食べる店を探す。
nagaoka隊長に電話をしたが繋がらず、隊長の会社の人に情報を聞く。

途中、木の香りのする『きごころ橋』を通る。

金山町きごころ橋

電話で3件程度紹介してもらったが、道を歩く近くの会社勤めの人たちにも聞いたら『金多楼』を薦められたのでそこに決定。

「金多楼」

メニューを見るといろいろあってそそられるものばかり

「金多楼」メニュー1「金多楼」メニュー2

悩んだ挙句、しょうゆラーメンと餃子にする。

「金多楼」しょうゆラーメン「金多楼」しょうゆラーメンUP

「金多楼」餃子「金多楼」餃子UP

マズくは無いんだけど、凄いニンニクの効いたスープで最後まで飲めなかった。
餃子は皮はウマいが餡はイマイチだったな〜

お腹いっぱいになったところで「あゆっこ村」に引き返す。
帰りは国道を走らずに県道73号経由で県道323号を走る。
相変わらず風はあるものの気温的にはちょうどいい感じ。

あゆっこ村帰還

無事に「あゆっこ村」に戻ってきました

若あゆ温泉につかり、帰りは僕が運転して帰ってきました。
自宅で自転車と荷物を降ろして、再びそのままハイエースで輪熊ショップへ。
hiroさん&kuboGさんが宿に戻って、僕は『やはぎ接骨院』までランニング。
せっかくお風呂に入ってきたのにまた汗だくになっちゃった
明日からまた審判研修があるので少しでも走っておかないと不安だったのだ。

kuboGさんも合流してマッサージ後は一緒に宿まで車を置きに行き、宿の方から本日の宴の会場『一艸亭』に送ってもらった

2009『高畠ワイナリー スプリングフェスタ』ツーリング

今年も出羽機くさんと『高畠ワイナリー』のスプリングフェスタに行って来た。

楢下のこんにゃく番所で小休止。
GWとあって大混雑

20090505こんにゃく番所20090505こんにゃく番所2

こんにゃくコロッケなるものを発見
食べてみる。

こんにゃくコロッケこんにゃくコロッケ

おぉ〜ウマイね
言われなきゃこんにゃく入ってるってわかんない。

水をもらって出発
まだ新庄クリテ応援ツーの筋肉痛があるのであまり急がずに走る。
高畠に入ってからサイクリングロードで駅まで進む
八重桜が満開でキレイだがGWというのに自転車はおろか人もまったく歩いていない

高畠ワイナリーに到着すると、さっきの静けさがウソのように大盛況だった。
到着してすぐに今年の大鍋料理「チキンのトマト煮」500円とグラスワイン500円(おかわり300円)、スモークハウスのソーセージ(ザワークラフト付)380円を購入。
トレイに持ってライブステージのそばに陣取る。

2009高畠ワイナリースプリングフェスタ食事2009高畠ワイナリースプリングフェスタ食事UP1

2009高畠ワイナリースプリングフェスタ食事UP2

ワインは数多くの種類があるのだが僕が選んだのは『高畠ルオール カルベネ&メルロ』
とてもおいしいワインです。
お日様の下でする食事ってどうしてこんなにウマいんでしょうね〜

今日のお目当てはEPOのライブ
出羽機くさんファミリーも駆けつけて一緒にライブを聴いた。

2009高畠ワイナリースプリングフェスタEPOライブ

いがった〜
EPOさんの歌声はもちろん、宮川雅彦さんの朗読、笹川重治さんのギターも最高だった。
後ろにいたお姉さんたちの口ずさむ歌声がとても上手で、これまたきれいなハーモニーになって得した気分だった

ワインを飲んでから約4時間が経過しているので心地良いも酔いも覚めていた。
帰りは向かい風が強くそんなに急いで走らなかったので心地良いライドでした

本日の走行距離:96.9km、AVS:23.1km/h
今月の走行距離:348km
本年の走行距離:1,166.8km

2009新庄クリテ応援ツーリング

出羽機くさん、muraさんと新庄クリテリウム応援ツーリングに行ってきた。
今年の新庄クリテリウムにはパンタ兄ことKさんとW田さんが成年男子C(40歳以上)のクラスに出場するのでその応援。

朝6時に文翔館を出て天童でmuraさん合流。

20090503気温
ビッグウイング前で気温10℃

空港前FamilyMartで小休止、豆パンマーガリン補給

豆パンマーガリン

東根二中前でキジ発見
このキジ、実は帰りに通った時もまだいました

東根_キジ

次は大石田『千本だんご』にて大休止。
焼きだんごのだだちゃ豆ずんだとしょうゆ、豆乳を補給。

「千本だんご」焼きだんご「千本だんご」豆乳

muraさんがところてんを注文し少しいただく

「千本だんご」ところてん

全部ウマかった
自転車を止めるときにmuraさんがチェントを倒してしまい、その拍子にリアディレーラーが曲がってしまったらしく、ホイールに干渉する
応急処置をして何とか走れるようにする

大石田から先の坂道がキツかった〜
会場の新庄中核工業団地に到着、丁度スタート10分前に間に合った
BELLE EQUIPEのヨコちゃんがいたのでmuraさんのチェントの様子を話し「近々エンドさんに持っていくのでヨロシク」と伝える。
銀輪のS君から声をかけられる

本日出場のパンタ兄とW田さん。

パンタ兄W田さん

いよいよ成年男子Cがスタート。

2009新庄クリテ

大声で応援する
結果はパンタ兄10位、W田さんDNF
今年のレースは例年よりハイスピードだったらしく、ものすごい激戦だった

しばらくその後のレースも観戦した後、muraさんのオススメ新庄市内の生パスタ屋『ナポリ亭』で昼食。

新庄「ナポリ亭」

様子は別スレで。
お腹一杯になったところで帰路へ。
帰りは舟形の長者原から堀内に入り大石田に抜けるコースを行く。
次年子の分岐点付近の坂でI先生が猛烈なスピードで駆け上がってきてご挨拶。
『あったまりランド深掘』付近までご一緒し、先生は「だんごチャージして帰ります」とお別れ、再び3人で山形へ向う

前回hiroさんと来たとき同様、帰りは追い風に乗ってグイグイ進む
天童でmuraさん帰還、そこからさらにスピードを上げて帰りは3時間かからずに帰ってきた
輪熊shopに立ち寄って自宅へ帰還。
疲れた

本日の走行距離:156.0km、AVS:25.6km/h
今月の走行距離:251.1km
本年の走行距離:1,096.9km やっと1,000km越え

2009柳川温泉ツーリング

出羽機くさんと鈴雅さんと3人で柳川温泉に“ゆるツー”に行ってきた。

天気が良くて半袖、半パンでOK
とっても気持ちが良かった

20090502柳川温泉前

帰りに寒河江の『扇屋』に行ってみるが休み

寒河江「扇屋」

にゃんこ先輩にして情報収集、「寒河江駅裏に気になる店があった」とのことで探検。
『大沼そば屋』と『柳生食堂』の二店発見『大沼そば屋』をチョイスしてチャレンジ。

寒河江「大沼そば屋」

様子は別スレで。

帰る途中、Kaoriちゃんから聞いた「寒河江で有名なパン屋といえば?」で教えてもらった『ロッキー』に顔を出すが、ほとんど売り切れだった。

寒河江「ロッキー」

さらに出羽機くさんリクエストの『ベルたこ』にも立ち寄る。

山辺ベルたこ

鈴雅さん、基本的にたこ焼きはあまり好きではなかったそうだが、「これなら大丈夫だな」と言ってくれた。

金井経由で輪熊SHOPに帰還。
はっちが帰ってきていた

本日の走行距離:95.1km、AVS:21.2km/h
今月の走行距離:95.1km
本年の走行距離:919.9km

鍋越峠ツーリング

hiroさん、kuroちゃんと3人で鍋越峠に向ってツーリング。
朝8:00に文翔館集合で、りんくまさんがお見送りに来てくれていた。
kuroちゃん、なんと短パン若いってすばらしい

20090424鍋越峠ツーリング_文翔館

いつもの県道20号を使ったルートで北上
途中、kuroちゃんから爆笑トークが飛び出す
内容は直接会える人が聞いてください(笑)
天気は晴れ、少し風が冷たいのでウイブレを着用して走行。
漆山で桃の花を撮っているhiroさんをパチリ

20090424鍋越峠ツーリング_桃の花

東根のFamilyMartでトイレ休憩をとって再び出発。
「やっぱ山形はいいね〜」とhiroさん、とにかく信号が無いもんね。
kuroちゃんが長瀞〜大石田のルートを“hiroさん街道”と呼ぶことにしたらしい(笑)

尾花沢市街地を抜けて、最後のコンビニ(ここもFamilyMartだった)で休憩&補給。
豆マーガリンっていうパンを初めて食べたんだけど、メチャメチャウマかった

kuroちゃん、さすがに寒いらしく新聞紙を拾って腕に巻いたりお腹に入れたり。
SMAPの草剛の事件がデカデカと載った新聞で、「この事件がなかったらこの新聞は買われていなかったかもしれないのでkuroちゃんを救ったのは草くんだ」と笑って話す。

20090424鍋越峠ツーリング_母袋街道20090424鍋越峠ツーリング_長寿の名水20090424鍋越峠ツーリング_母袋トンネル

ゆっくり母袋街道を走って山の中へ入っていく。
鍋越トンネルの上の道に入り、宝栄牧場を目指すとまだ道に残雪が・・・
hiroさんが「引き返そうか?」と聞いてもkuroちゃん、先頭で「大丈夫です」とお構いなしにドンドン進んでいく

20090424鍋越峠ツーリング_残雪

何度も自転車を担いであるく場面があったが、何とか牧場へ向かう。
途中標識が倒れていてkuroちゃんが「あれに何パーセントって書いてあったはずです」とわざわざ起こしに行く。
僕が「いいよ〜見なくて聞くと辛くなるから」と進んでいくと後ろから「10%で〜す」と明るく叫んでくれる。
やっぱり聞きたくなかったよ

ヒイコラ登ってやっと宝栄牧場が見えてきた
「国見の峠」の杭があり、展望台があり、ここから東に宮城県、西に山形県が望める。

20090424鍋越峠ツーリング_国見の峠

20090424鍋越峠ツーリング_国見の峠からの眺め120090424鍋越峠ツーリング_国見の峠からの眺め2

携帯から仲間に写メを送る。

さすがにてっぺんは風が寒い
登っている途中で熱くて脱いだウインドブレーカーを着て下る

20090424鍋越峠ツーリング_宝栄牧場の下り20090424鍋越峠ツーリング_銀山温泉を望む

下る途中から銀山温泉を望む
ブレーキを握る腕がパンパンになりつつ県道186号へ出る。
すぐ目の前の『宮嶋食堂』で昼食

尾花沢「宮嶋食堂」外観尾花沢「宮嶋食堂」中華そば

なかなかおいしい中華そばだった
徳良湖の桜はちょうど満開、鯉のぼりも泳いでいた

20090424鍋越峠ツーリング_徳良湖

帰りは北東からの風に乗ってスイスイ進む
「オレって乗れてる」と勘違いしてしまうほど
おかげで今年最長のツーリングは楽しく終了できた。

本日の走行距離:142.6km、AVS:20.5km/h
今月の走行距離:455.7km
本年の走行距離:824.8km

2009高畠ツーリング

今年の佐渡LRメンバーで出かける。
文翔館でmuraさんと待ち合わせ、出羽機くさん宅に向う。
出羽機くさん宅で朝の紅茶をいただいてルート会議、柏木経由で高畠の「CAT HAND」に行くことに。

出羽機くさん宅を出発

20090418出羽機く邸前

比較的ゆるいペースで上山へ向う。
成沢の緩い坂がボディーブローのように効く
相変わらず脚が回らない

天気は快晴で最高
本番でも晴れてくれるといいな〜
あとは脚がついてくればもっと最高なんだけどね。

楢下のこんにゃく番所で休憩

20090418楢下こんにゃく番所前

前回のツーリングで坂道に対するネガティブイメージは少し取れたけどやっぱり不安はある。
特に無理せず登れば問題なく登れるんだけどね。

トンネルを抜けて下って行ったら朝日連峰がすごくキレイに見える

20090418高畠から朝日連邦

高畠町の桜はまだ咲き始めのようす。
少し風があるけど長袖では暑い位の陽気だ。

目的の『CAT HAND』へ到着。

20090418高畠「CAT HAND」

喫茶店なのに手打ち麺中華そばがウマいというお店。
出羽機くさん情報により入ってみることに。
中華そばについては別スレッドで

午後から予定があったことを忘れてマッタリし過ぎた
急いで引き返すも到底間に合いそうに無く、電話でキャンセル

上山市金瓶のローソンで休憩し、その後のルート会議。
青春通り経由で平清水平泉寺の桜を見に行って『六根浄』へ行くことに。

20090418平泉寺の桜

平泉寺の桜は満開、少し散り始めていたくらい。
観光客がたくさんいた。
隣の『六根浄』さんで大休止。

20090418六根浄20090418六根浄にて

3タイプのお酒の試飲をしていたのを撮らせてもらう。
“食べどれ”とか言う食べるドレッシングを試食させていただく。

食べどれ瓶食べどれ試食

トマト、にんじん、たまねぎがベースのなかなか美味しいモノだった。
さらに東根の生麩、奥様手作りのシフォンケーキをいただいた。

六根浄にて生麩六根浄にてシフォンケーキ

シフォンケーキのお代わりを切ってくれる奥様をパチリ

六根浄にて奥様

隣に「アトリエのあ」の鈴木ゆかりさんがいらっしゃり、僕をkaoriちゃんやモク君の知り合いだと出羽機くさんが紹介してくれる。
出羽機くさんはこのまま夕方山寺で開かれるブラジル音楽のコンサートに向うというのでmuraさんもべにばなトンネル経由で天童に帰ることに。

途中、千歳山公園の脇の激坂を体験し、べにばなトンネルへ向う。
東沢小学校交差点で僕は離脱し、二人はトンネル方面へ向っていった。

本日の走行距離:89.5km、AVS:23.0km/h
今月の走行距離:313.1km
本年の走行距離:682.2km

白鷹ツーリング

今日はマスター、Oさん、muraさんと白鷹に出かける。
9:00輪熊SHOP集合だったが6分遅刻してマスターに電話したら未だすぐそばにいたので追いつく。

飯塚街道〜悪戸地区経由で県民の森へ。
マスター、Oさんはスイスイ登っていく
僕とmuraさんはゆっくり登る。

考えてみれば本格的な登りは今年初めて、まだ西蔵王にも登っていないのにいきなり県民の森に来てしまったワケだ
思ったとおり、中盤からずっしり重くなる
まぁ脚を着かずに登れただけ合格としましょう

20090412県民の森からの眺め

大沼の売店前で休憩後再出発、しばらく行くとW田さんと会う
白鷹方面から登ってきたんだ
何時から走ってたんだろう
声をかけただけであっという間にすれ違ったのはW田さんの登っているスピードも尋常じゃないってこと・・・

下りではお約束のmuraさんの弾丸ダウンヒル
速〜い
空気抵抗が少ないようにクラウチングしているのだが、首が痛くなって同じ姿勢を長く続けていられない・・・あージジくさい

FamilyMartで小休止してこの先のルート会議。
マスターのリクエストで『さんご』の蕎麦を食べに行くことに。
『さんご』の場所は僕しか知らないので僕が先頭を走る。
すぐ近くだと勘違いしてガンガンペースを上げて行ったら、結構な距離があってヘロヘロになる。
目印の浅立郵便局にようやくたどり着いて無事に『さんご』へ到着した。

“とろろもりそば”950円+大盛200円を注文。

「さんご」とろろもりそば大盛「さんご」とろろもりそば大盛UP

そばは『千利庵』より黒くて固めで、ツユは少し甘め。
マスターに某Oディレクターが、『千利庵』よりこっちがウマいと言っていたらしく、一度来て見たかったのだそうだ。
僕は「『千利庵』の方が好きだな〜」と言うと、マスターは「蕎麦のタイプも違うしこれはこれでアリじゃない?」と大人の答え。
なるほど・・・
ただし、『蕎陶庵』だけは別格だね、というのは共通の意見だった。

マスターとmuraさんが“そばだんご”300円も注文。

「さんご」そばだんご

これはまた変わりモノだけど、みなさんには好評のようだった。
しかも300円なら安いと言ってました。

満腹になって再び出発
鮎貝方面から県道9号で朝日町に向う。
今日は本当にツーリング日和、天気も良いし気温も最適だ

20090412ツーリング

あゆ茶屋のこいのぼりも壮大に泳いでいた。

20090412あゆ茶屋こいのぼり

この道、平らなところは本当に眺めも良いし快適なのだが、何せアップダウンが多い。
仮想佐渡LRとしては良い練習になるのだろうけど、練習不足の貧脚にはキツイ

朝日町ワイン城に立ち寄って休憩。
けっこう堪えるな〜
本気で佐渡LRに不安が募る。
これからトレーニングして間に合うか?

平塩でmuraさん帰還、中山〜山辺を通って輪熊SHOPへ戻る。
正直、帰りの道のりはキツかった〜
マスター、Oさんは全然平気そう、楽しみを半減させちゃったかな・・・
輪熊SHOPでblog『vai vai vai』の著者のシャチ丸さんと初顔合わせし、ご挨拶させていただく。

帰る途中、マスターから「ブリオッシュって好き?」と聞かれ自転車チームのことかと思い「好きなんです、今日もこのジャージが・・・」と答えると話は実物の“ブリオッシュ”のことでした
「ブリオッシュ焼いたから店に着いたらあげるね」と言われ、それを励みにがんばった

いただいたご褒美はコレ

「PetitNoel」ブリオッシュ

プレーンのもの、バターのせ、フォアグラのせ
すごいご褒美だった

家に着いてシャワーを浴びた後は疲れてグッタリ、何もできなかった

本日の走行距離:106.2km、AVS:22.9km/h
今月の走行距離:223.6km
本年の走行距離:592.7km

河北ソロツーリング

朝から天気が良くて、自転車乗りに行こうと思いつつやることがいっぱい。
前日、輪熊ショップで出羽機くさんに「佐渡ロングライドのシャトルバスの申し込みを済ませましたか?」と聞かれ、すっかり忘れていたのでみんなの分をまとめて申し込み。
ま、間に合わないって事もないんだろうから大丈夫でしょう。

何処に行こうか考えがまとまらず、脚力の不安もあるし、とりあえず近場で何かウマいランチでも食べてこようとお昼少し前に出かけました。

何となくパスタかパンが食べたいな〜と思いつつ北上。
なぜなら明日『PetitNoel』マスターと白鷹方面に行く約束をしているから

馬見ヶ崎川原沿いの桜はだいぶ咲き始めている。

20090411馬見ヶ崎川沿い桜

今日はFORTUNAジュニアユースが天童で県リーグ第1戦を戦っている。
前日監督に電話したら「人手は足りている」との事だったので今日はお休みをいただいて佐渡LRに向けて少しでも自転車に乗っておきたかった。
それでも試合が気になって自然とグラウンドに向ってしまう。

べにばなスポーツパーク第二運動広場で強豪山形FCとの試合。
丁度前半終了してハーフタイムだった。
ネット越しに観戦。
何度か攻め込むシーンがあって選手達の成長をうかがい知ることができたが、ここという場面での粘り強さに物足りなさを感じた。
DFのクリアミスで2失点、前半0-0だったそうなので僕が見に来たせいなの?

しかし、昨年秋の新人戦からみればだいぶ成長はしていると見えた。
手前味噌な話だが、本当に監督、コーチの指導の賜物だろうな。

ベスパを出てまた北上するとmuraさんの会社を発見
まっすぐ進んで、行ったことの無い道に入ると天童一中にたどり着く。
ここから貫津に出られないかと進んでいくが結局13号線に出てしまう
13号を横断して市街地を北上し乱川方面に。
成生の農道を抜けて県道110号へ出て、浄化センター前を通って最上川沿いを走り国道287号村山大橋へ。
河北町に入り『源八』さんに立ち寄って「七日町の『ボーションドブレ』を出しているパン屋さんってどこにあるの?」と道をたずねる。

『ボーションドブレ』のパンは『PetitNoel』で使っているパンで、いつも美味しくてお代わりしちゃうのだ。
こちらのお店は『おかしのくに』というんだね。
店内で食べるスペースもあって自転車の僕にはありがたい

ごぼうとチーズのパン、ライ麦とカマンベールチーズのパンを選んで、レジの前に行ったら「もちもちパン」というのを見つけてそれも追加して計3つを購入。

『おかしのくに』パン

『おかしのくに』ごぼうチーズパン『おかしのくに』ライ麦カマンベールパン

『おかしのくに』もちもちあんパン

どれもウマいけど、最後に追加した「もちもちパン」ってなんとあんこ入りだった
残念ながら、あんこは残して食べました
これで合計391円だから、リーズナブルだね

『おかしのくに』外観
『おかしのくに』
河北町谷地中央3丁目1-4
0237-72-3711

帰りは食べた分を燃焼するべく山際を行こうと天童までは来た道を引き返し、柏木〜久野本から13号を横断し貫津へ行きじゃがらもがらの道を走る。
練習不足に加えて体重も増加しているので登りはまったくダメ
ゆっくり走れば行けるけど、このままじゃ佐渡LRのゴールは厳しいかも・・・
ここで無理して脚を壊してしまっては元も子もないので、焦る気持ちを抑えてゆっくり登る。
まずは坂道に対するネガティブなイメージを払拭しなくてはいけない。

好調時に比べればかなり遅いペースではあるが問題なく走れて一安心。
無事に家まで帰って来れました

本日の走行距離:63.2km、AVS:24.1km/h
今月の素行距離:117.4km
本年の走行距離:486.5km

ばせをさん送別ツーリング

4月に転勤の為室蘭に行ってしまう「ばせをさん」ことCさんの送別ツーリングに参加。
9:00輪熊shop集合で『ひつじや』でジンギスカンを食べようということになっていたのだが・・・
天気予報では9:30ごろから山形市に雨雲がかかる予報だったので、出走するのか?と心配された中、次々と集まって僕を含めて12名の参加となった。

輪熊SHOPの前で記念撮影

20090322ばせをさん送別ツーリング集合PHOTO

県道22号〜24号〜20号を使って北上する。
比較的ノンビリのペースで走っていたら、速い組のメンバーがしびれを切らしていたので先行させる。

天童でsu父さんが帰還、ばせをさんと出羽機くさん、muraさん、クマタケ君と僕の5名で別行動にする。
のんびり話をしながら走りましょうと、村山橋を渡り右に入って河川敷を走ると、地元消防団の方々が河川敷を野焼きしていた

「メラメラ燃える炎をバックに写真を撮りましょう(笑)」と記念撮影

20090322ばせをさん送別ツーリング2

いろいろおしゃべりしながら溝延の某とうふ店に行くことに。
ばせをさんはもちろん初来店、残念ながら秘伝豆、あおばた豆の豆腐は売り切れだったので普通の豆腐を半丁ずついただく

20090322ばせをさん送別ツーリング3
お母さんがおこわと粕漬けもご馳走してくれた
秘伝豆やあおばた豆じゃなくても十分においしい豆腐。
いつもは何もかけずにいただくのだが、今日は「塩をかけて食べてみろ」と塩を持って来てくれたのでかけて食べてみたら、これまたウマいのね〜
ここの店主、豆腐に醤油をかけるのはダメだと言うのだ

20090322ばせをさん送別ツーリング420090322ばせをさん送別ツーリング5

「山形最後のツーリングでこんなお店を知るなんて・・・」とばせをさんにも喜んでいただいたようで、よかったよかった

マスターから電話が入り「何かあったんですか?」と聞かれる。
「ばせをさんとしゃべりながらゆっくり行きたいので先に行ってくれ、僕等は別ルートで行きますとブロック屋さんに伝えたのですが・・・」と言うとマスターには伝わっていなかった
11:30に『ひつじや』で合流することを伝え今度は『源八』酒店に立ち寄る。
ここでもばせをさんが店内でいろいろ質問をしたり写真を撮ったり・・・
もっといろんなところにご案内したかったな〜。
時間ギリギリになって急いで出発

クマタケ君、ばせをさんがグイグイ引っ張る
なんだこの二人、速い組でも良かったんじゃないの
気を使ったつもりで気を使わせていたのだろうか・・・

『ひつじや』に到着して速い組のメンバーと2ショット写真を撮るばせをさん。
そこに鈴雅さんが駆けつけてくれて「遅刻しちゃって後を追ってきました、用事があるのですぐに失礼します」と去って行った。
疾風のように現れて〜疾風のように去っていく〜
Q.月光仮面は誰でしょう?
A.鈴雅さんでした(笑)。

みんなでジンギスカンを堪能。
今日もおいしくいただきました
食後に『ひつじや』前で記念撮影

20090322ばせをさん送別ツーリング6

残念ながら食べている間に天気予報が当たってしまった
雨の中、最短距離を山形へ戻る
冷たい雨が否応なしに体温を奪う
途中、体温を上げようとグッと前に出てみるが、体温が上がる前に息が上がってしまう情けない僕

中野目のコンビニでトイレ休憩。

20090322ばせをさん送別ツーリング7

どうにか輪熊SHOPに到着できた。
練習不足で速い組に付いていけない自分が情けなかったけど、ばせをさん送別ツーリングは無事に終了した。

本日の走行距離:86.4km、AVS:24.3km/h
今月の走行距離:236.4km
本年の走行距離:349.1km

寒河江方面ツーリング

快晴の休日、これは今日走らずに何時走るといったほど晴れている。
昨日の雨がウソのようだ。
仲間にメールでお誘いすると、muraさんとUR山君がOKの返事をくれた。

10:30に免許センターで待ち合わせをして中山〜寒河江と向うことに。
免許センターに向うまでずっと向かい風でキツかった〜
朝日連峰と月山がすごくきれいにハッキリと見える

朝日連峰と月山

結構風があるので県道24号〜25号〜国道458号を先頭交代して走る。
muraさんに先頭を譲って少し休もうと思ったら、グイグイ引っ張られて全然休めない。
さらに坂道でUR山君が引っ張ったときは千切れまいと必死に食らい付き、さすがにこたえた

中郷のローソンで休憩して次のコースを検討。
「山の無いところを希望します(笑)」とmuraさん、明日ばせをさんの送別ツーリングで北に行くので北は無し。
協議の結果、クリーンセンター経由で山辺へ抜けるルートに決定。

20090321ツーリング_中郷ローソン
ローソンを出発


ゆっくりしゃべりながら登り口の三郷小学校のところにきたら積雪の為全面通行止めの看板がある。
しかしその看板は道の脇にずらされているのでさすがにもう抜けられるんじゃないの?とすぐそばのお店に聞いてみると「もう抜けられると思います」とのことで登っていく。

雪はまったく無く快適に走れた。
下りたところでUR山君が帰還、muraさんと輪熊shopに向って戻る。
特に追い込むこともせず、非常に気持ちよく走れた一日だった

本日の走行距離:58.3km、AVS:22.0km/h
今月の走行距離:150km
本年の走行距離:262.7km

2009ソロツーリングVol.3 上山こんにゃく番所

今日も朝から快晴で出かけないのは勿体ない。
ただ、昨晩夜更かししてしまい朝起きるのが辛かったのは失敗だった。
出かけたのはam11:00を回っていた。

今日の行き先は南。
体調が良ければ柏木峠を越えて『かわにし食堂』に行こうと思って出かけたのだが・・・
行きは追い風なのに脚が重くてなかなか回らない

ルートは平清水から国道13号の東側の道を走って青春通りに出て、青春通りからさらに裏道を使って飯田温泉前を経由し県道267号(旧13号線)に出てずっと南進
金瓶交差点で国道13号を横断して金瓶〜金谷〜上山明新館高校前〜金生〜県道263号宮脇地区を右折し〜県道13号羽州街道へ〜相生〜三上〜皆沢〜楢下

こんにゃく番所までのダラダラ上りも追い風なのにまったくスピードが出せず、脚はパンパン
当然ながら柏木峠に行くのは断念した
こんにゃく番所で餅こんにゃく105円を食べて帰る。
観光客が一杯で今日はゼリーのサービスはもらえなかったな

帰りは下り坂なのに向かい風でこれまた進まない。
空は晴れているのに気温が上がらず寒い
辛いツーリングになっちゃったな〜
右側にはスカッと晴れた蔵王が見える
マスターと7さんがボードに行ってるんだよね。
快晴の景色を写真に撮ろうと思ったら「メモリースティックが入っていません」だって
まったく、なにやってんだか・・・

お昼を回ったので何か食べようと思考を巡らすが、なぜか硬い蕎麦が食べたい気持ちが湧き出して『才べえ』かどこかかな?と迷いながら進む。
『才べえ』だと帰りがずっと上り坂になっちゃうな〜とすっかり弱気になって断念。
情けないね〜
ちょうど通り道の成沢にあるうどんやのうどんが硬かったのを思い出し、そこに飛び込んだ(笑)

成沢のうどんや

しかしここの店、名前がなんていうんだか未だにわからない。
今日で3回目なのに、僕自身店の名前を聞くこともしていないのだからしょうがないね
今日は丸天うどん480円を注文。

丸天うどん

うーん、望みどおりのモキモキした食感のうどん。
ウマいというか、この食感が好き
ダシも美味しいんですよ

食べた後は来た道を逆送して帰宅した。
しかし、相当脚がなくなっているな〜
佐渡に向けて危機感が募る一方だ。

本日の走行距離:41.7km、AVS:22.3km/h
今月の走行距離:41.7km
本年の走行距離:154.4km

村山ソロツーリング 事件発生

今日は朝から快晴で絶好の自転車日和。
一緒に佐渡に行くメンバーにメールすると、
ばせをさんは仙台、muraさんは娘さんとスキー、出羽機くさんも家事所用との事で全員でした
さらに鈴雅さんにも電話してみたが出られなかった

失意の中、覚悟を決めてソロツーに出かける
行く宛があるわけでもなく県道22号から20号に出てひたすら北に向う。
ずっと向かい風でキツかった〜

どこまで行こうか考えながら進むが東根市羽入のFamilyMartで最初の休憩。
ここで重大なミスに気付く。
ガーンお金を持ってくるのを忘れたのだ
キャッシュカードなどもちろん持って来てないし、小銭入れにある700円のみ。
出かけるときは寒河江か河北の蕎麦でも食べようかな〜と思って出たのだが、お蕎麦は中止

それでも700円で食べられるものはあるだろうと、そのまま北へ進む。
帰りのルートはいつもバラ公園に来るときの道を逆走しようと思い、長瀞の農道を村山の県道25号まで走る。
久々の快晴の山形路をパチリ

長瀞から村山への農道

県道25号交差点を右折して村山駅方面に。
陸橋を越えたところに『おそば松月』という店を発見。
見た目がレトロな食堂で「これは見過ごせないな〜」と一旦通り過ぎたのをわざわざ引き返して入店。
ここでラーメンを食べよう
ラーメンレポートは別スレッドで紹介します

『松月』を出て村山駅を背に東へ向い県道304号へ右折、堂の前公園前を通過して南進
追い風でスイスイ進むがアップダウンはキツイ
東根から天童に抜ける農道は結構雪解け水で濡れている箇所が多い。

若松観音を通過し、天童市市民霊園を過ぎた下り道で事件は発生した・・・
雪解け水で濡れた箇所を避けようと道の中央に寄ったところへ後ろから来た車のドアミラーが僕の右ひじに当たる
ゴツンと音がして、ドアミラーがたたまれた状態で車はそのまま進んでいってしまう。
何事も無かったようにドアミラーは再び開いて去っていってしまった。
幸いそれ以外の接触は無く転倒は免れたが、すぐ後から大型ダンプが・・・「あんなのに引っ掛けられたら死んでたな〜」とさらに次々来る後続車にビビってしまい追いかけられなかった。
下りきったところの信号で止まっていたのを見つけて「追いつける」と思ったのだが、そのまま行ってしまう。
別にケガをしている訳ではないが、「大丈夫?」の一言があってもいいだろうに
頭に来たので110番に「当て逃げされちゃいました」と通報してやった
「今パトカーがそちらに向いますのでそこで待っててください」と言うので寒空の下その交差点で待っていたら、なんとサイレンを鳴らしたパトカーが3台もやってきた
あっという間に一杯の警察官に囲まれて質問に答えていると、なんと“ひき逃げ事件”になっちゃってる。
えぇぇぇそんな大ごとじゃないんですけど・・・

警察官から「事故現場に案内してください」と言われ、今下ってきた坂を再び上る羽目に
現場で状況説明をしていると、相手の車を発見したとの連絡が入り、程なくパトカーと一緒に当該車両がやってきた。
やってきた相手は天童のご老人で「当たったことに気付いていない」と主張している。
それはウソだよ、当たった瞬間減速してたもの。
この相手が来る前に警察の方から「相手は年寄りらしいから、来てすぐカッとなってワーワー言わないでね」と釘を刺されていたのでグッとガマンして聞いていた。
でも、警察から「ドアミラーが倒れたのはわかったんだろ?じゃ何もしないのに何でドアミラーが倒れるんだ」と叱られていた。
見てるとなんだか可哀想になってきたのだがもうどうしようもない。
そばにいた警官に「何だか大したこと無いのに気の毒になってきた」と話すと「そういう問題じゃないんです、運転者の義務ですからね」と言われる。
そりゃそうなんですけど・・・

だいぶ時間が経ってしまい、現場から出発したのは15時を回っていた。
110番通報が13:45だから、1時間以上足止めしちゃったワケだ。
夕方の用事に間に合わないとマズイので妻に電話して迎えに来てもらうことに。
とりあえず家に向かって走りながら進む。
高瀬の陸橋を下りたところで妻と合流、今日のツーリングはここで終了した
何か後味悪ぅ

本日の走行距離:65.2km、AVS:22.9km/h
今月の走行距離:112.7km
本年の走行距離:112.7km

東根ツーリング

今日も久しぶりに「もりくまツーリング」に参加するべく支度をして出かけようとしたらメーターが表示していない
なんだよ
電池を交換して設定をしなければならない。
このままでは集合時間に遅れてしまう。
店長の電話、数名のメンバーの電話に次々電話するが誰も出ない

えぇ〜まだ集合時間前じゃない。
主催者が電話に出ないってどういうこと?
新たに自転車を買ったお客様が初めてツーリングに参加する途中にパンクして電話しても電話に出ないつもりなのだろうか

急いで設定を終えて出かけても絶対に間に合わない時間だ。
どうしようかな〜
待っててくれとは言わないけれど、とりあえずどこに行くかだけわかれば合流もできるのに・・・
再度、参加しているであろう方に電話してみる(2度目)と今度は出た。
「どちらに向うか決まったら電話します」と言ってくれたのだが・・・気分は既に一緒に走る気分では無くなっていた。
「チェリークアパークに向うそうです」と連絡をいただくが、「気分が冷めちゃったので行かないことにします」と断った。
せっかく連絡をしてくれたのに失礼なことをしてしまった

しかしこのツーリングの管理・対応はどうなんだろう?
トラブルや不可抗力でも遅刻は遅刻、参加できないのは参加者自身の責任ということなのでしょう。
ま、またしばらくこのツーリングには参加できないのですけどね。

失意の中、家に帰ろうかソロで走ろうか迷ってブラブラ七日町に向かう。
何気なく文翔館から北に向おうかと走らせ、きらやか銀行本店の前でrukapapaさんと会う
「あれ?西公園には行かないんですか?」と聞くと別グループで走るらしい。
「一緒においでよ」と誘っていただき、お言葉に甘えて混ぜてもらうことにした。
良かった〜自転車そのものを嫌いになりかけていた

文翔館に行くと、Kくん、Yくんが既に待機中で、マスターの呼びかけで集まったのだそうだ。
クロちゃんも合流して今日の参加者は6台ということに。
15時から『PetitNoel』で「男の料理教室」があるらしく早めの戻りということで、じゃがらもがら経由で北に向うことに。
マスターの“王子様+坊羅”、クロちゃんのNewマシン“極限力”、豪華絢爛の車列である。

山寺の交差点でM永君らしき人を見つけて猛追するが最後の登り坂で僕だけチギれてしまい追いつけずご挨拶できず終い
じゃがらもがら前でしばし休憩後、堂の前公園まで向う。

みなさんはここから河北町に向かいお昼を食べると言うのだが、僕はお昼まで帰ると言って出かけてきたので単独で戻ることに。
rukapapaさん、マスター、クロちゃん、Kくん、Yくん、急な合流でしたが快く誘っていただき、大変お世話になりました
ありがとうございました。

帰りは来た道を引き返す。
アップダウンの無い道を帰ればよかったと大反省
最後の高瀬の産直センター前まで休憩なしで来たので、ここでスポーツドリンクを補給して復活。
妻に電話して迎えに来てもらおうかとも思ったくらいにキツかった

なんとか家までたどり着いてシャワー後すぐに妻となっちゃんと出かけた。

本日の走行距離:80.2km、AVS:22.1km/h
今月の走行距離:191.6km
本年の走行距離:1,659km

左沢ポタリング

今日は久しぶりにサッカーの審判割り当ても無いので自転車に乗ろうと思い、天気予報を見ると午後から崩れる予報。
午前中だけでもいいやと自転車仲間数名にメールをする
しかし、すぐに返信が来たのは出羽機くさん一人
ま、朝早いし仕方ないか・・・

そういえば、義理の弟(以下J一)が自転車を買ってから一度も一緒に走っていないな・・・と電話したらとのことで早速出撃してJR蔵王駅近くの家に迎えに行く。
途中、ブロック屋さんに電話してみたら、丁度ソロで出かけようとしていたところらしく西公園で合流することに。

J一宅に着いて姪っ子、甥っ子に見送られ早速2台で出撃
西公園に向かう途中、鈴雅さんに電話
J一は鈴雅さんの元職場の現役社員であるので話もしやすいかとお誘いしたら、鈴雅さんも快くOKしてくれて西公園で待ち合わせ。

4台でもりくまツーリング初級コースでよく走る道、上反田〜大曽根経由で山辺〜中山〜左沢に向かう。
ブロック屋さんは息子さんが中体連新人戦らしく、相模小学校で戻られた。
急なお誘いにもかかわらずお越しいただいてありがとうございました

3台で中郷のローソンへ到着
ここで引き返すのがもりくま初級コース。

081004左沢ポタリング

しばし休憩後、J一もまだまだ余裕があるようなので、鈴雅さんオススメの三郷小学校からクリーンセンター経由で山辺にでる山道に挑戦。
僕自身、車で通ったことはあるが自転車は始めての道。

3人でしゃべりながら登っていくが、そんなにキツくない。
そうだよ、ゆっくり登れば峠も楽に越せるんだよね
山道初挑戦のJ一も難なくクリア
さすがは元甲子園球児

帰りも同じ道ではつまらないだろうと須川の堤防沿いを走る。
志戸田で丁度お昼頃だったので「大沼食堂」に立ち寄ってラーメンを食べて来た。
久しぶりに食べたけど、やっぱりウマいね

飯塚でJ一と別れ、でん六の交差点で鈴雅さん帰還。
鈴雅さん、お世話になりました

輪熊shopに顔を出したが、雲行きが怪しいので長居せずに帰る。
帰る途中でポツリポツリと落ちてきた。
ギリギリセーフ

本日の走行距離:67.2km、AVS:20.1km/h
今月の走行距離:111.4km
本年の走行距離:1,578.8km

朝ウォーク Vol.58 盃山登頂43回目

今朝も6時に出発
最近、モチベーションが上がらないけどなんとか出撃しているといった感じだな・・・
ゆっくりながらランニングで進む。
キツイ、だけど頑張ろうと自分を奮い立たせて、今日はゴルフ練習場側登り口まで初めて走りきった

今日は早朝会のメンバーの方から手作りトマトジュースをご馳走になった
ウマかったな〜

帰りもランニングで行くも愛宕橋まででギブアップ
あとは歩いて帰りましたとさ

久しぶりのもりくまツーリング

今日のもりくまツーリングは先月送別会に行けなかったSZさんが来るとのことで、どうしても参加しておきたかった。
とは言っても昨日の疲れが溜まっていて、今日はリカバリーラン程度だな・・・。

集合場所の西公園に向かう途中、マスター、W田さんと合流。
到着して顔ぶれを見ると・・・あれ?SZさんがいない
IS川さんによると、今日は欠席らしい

昨日樽口峠に行った出羽機くさんも元気に参戦。
すげーな〜

今日集まったのは全部で14台
W君は仕事のため、お見送りだけとのことで13台で出発
行き先は寒河江のチェリークアパーク。

今月より集合時間を早めたらしく、チェーリークアパークに到着した時点で未だ開店前だった。

チェリークアパーク

みんなで次の行き先を相談しながら大休止。
アイスを食べてここから引き返す組、午前中走る組、一日走る組に分かれる様子。

僕もそんなに長く走りたくないけど、行きたいところがあったので方角が一緒の一日組と一緒に北に向かう。
午前中走る組は柳川に向かったのだが、その面子(パンタ兄さん、W田さん、K野さん)を見ると行かなくてよかった〜って感じ

一日組は北へ向かい、背あぶり経由で「ひつじや」にいくらしい。
こちらの面子(マスター、IS川さん、kuboG後任さん、はせをさん、出羽機くさん)も健脚揃いで国道287号を30km/h超でグングン巡行。
出羽機くさんが信号で切れたので戻って合流しアシストしてみんなに追いつこうとするが、八鍬の陸橋を超えた時点で既に視界に居ない
33〜35km/hでグイグイ引っ張って先を目指すが、一向に視界に入らず、おかしいな〜と思って交差点で止まってマスターに電話してみる
すると、慈恩寺の入り口から裏道に入りスロー走行していたそうで、僕らは先に来てしまったらしい。
合流して県道285号を北上、富本地区公民館から右折して国道287に出る。
ここで僕は離脱、一人で今日行きたかった『源八』さんと『G豆腐店』に向かう。

『源八』さんはお酒を買うわけでもないのだけれどこっちに来た際にはいつも顔を出すのでなぜか立ち寄ってしまう。
ノンアルコールを売っていないので、隣の実家の店で冷たいお茶を買って飲む。
暑くなってきたね〜
『源八』さんの子供が店の脇でプールに入るところだった

次なる目的地『G豆腐店』へ。
久しぶりに顔を出した
何がそんなに引き寄せるのかと言うと、この季節限定の“ところてん”があるのだ。
夏のほんの短い期間だけの限定販売で、自家製の酢で店先で食べさせていただけるのを去年知っていたからだ

この春、僕のお世話になっている山形市市議会議員のG先生のお母上様の葬儀で『G豆腐店』のお父さん(ご主人)らしき姿を見かけたのだが、その旨聞いてみたらやはり参列していたそうだ。
なんとG先生と豆腐屋のお父さんは従兄弟、そういや同姓だもんな
そうか、だから酢も売ってるんだ
G先生の実家は酢を売っています

「G豆腐店」ところてん

いや〜ウマい
たまらずおかわりしちゃいました。
こんなにウマくて満腹でたったの200円、シアワセです

帰り際お父さんから「これがらどっかさ行ぐのが?(どこかに行くの?)」と聞かれ「あど、帰るんだハ(もう帰ります)」と言うと「帰るんだったらこいづホレ(これを、ホラ)」と豆腐をくれる。
「腹クツくて食わんねハ(お腹一杯で食べれないです)」と言うと「持って行け」と言ってくれたので、急いで帰って車で女房を連れてくると言って取って置いてもらうことに。

こうなりゃ急いで帰って早く来なくちゃと激走モードに。
リカバリーランなんてどこにいったのか、30km/hから落ちること無くガンガン走る。
さすがに中央病院まできたらくたびれて向かいのサンクスで給水&小休止
ここからは力なく自宅までのゆるゆるした登り坂を走る
それでも河北町から1時間で家に到着。
すぐに水風呂に入って着替えて車で出発した

本日の走行距離:79.3km/h、AVS:24.5km/h
今月の走行距離:135.6km
本年の走行距離:1,467.4km

蔵王温泉ライド〜パラダイスゲレンデ

出羽機くさんは樽口峠に出かけてしまったようだし、今日はのんびりマイペースで行こうと気持ちを切り替える。
パンを食べて、ウダウダしていたら9時を回ってしまう。
よし出かけよう

行き先は蔵王温泉。
AK葉先生からAPAの東北支部総会が行なわれると聞いていたので

県庁側からまずは西蔵王へ登る。
敬寿園の前の温度計はずでに28℃

敬寿園前温度計

脚が回らないね〜
毎日走っているって言っても自転車は乗れなくなるもんだ。

登り始めてすぐに「蔵王温泉なんてトンでもない、今日は西蔵王で帰ろう」と気持ちが折れつつペダルを回す。
いつものゴールまで21分02秒もかかった
そのまま虹のネットワークで休まずに進むと出羽機くさんからメールが来た。
出撃が遅れてさっき飯豊に着いたみたい。

僕のほうは神尾地区を走っていたらなぜか回復してきて「どうせ途中で引き返すにしても行くだけ行ってみよう」と有料道路で30円払ってさらに進む。
回復したはずの脚はすぐに売り切れ、時折メーターを見ると10km/hまで落ちるシーンもしばしば・・・
切なくなるほど遅い

しかし、今日の僕はオカシイ
ちょっと勾配が緩くなると脚が戻ってきて、結局引き返すことなく有料道路の終わりまで来る。
「この先も結構キツイんだよなぁ」なんてわかっていてもそのまま進んでしまう。
そんな自分ってやっぱりドMなのか

樹氷橋を渡りきったらペンション村のほうからラングラウフの練習用インラインスケートでトレーニング中の人が現れた
そのときは僕のほうがスピードが出ていたので抜いてしまったが、斜度が増すにつれて減速すぐ後ろで音がするのが聞こえてきて急かされるように逃げる。
えーんこんなの居なきゃもっとトロトロ登ってたはずなのに。。。

やっとの思いでFamilyMartに着いて休憩
暑いね
ペプシNEXを飲んで少し休んでAK葉先生に電話すると、現在山寺に居てその後市内でそばを食べてから13時に蔵王入りだという。。。
僕は昨日何聞いてたんだか・・・

少し休んで帰ろうかどうしようか迷いつつ自転車に跨ったら大分脚が回復している。
よしどうせならドッコ沼まで行くかと横倉ゲレンデ前を通過
しかし、登り始めの激坂でアップアップ
「樹氷の泉までにしよう」と目標変更
さらにキツくて「アストリアホテルで引き返そう
しかしアストリアホテルまで来てしまうとまた欲を出して先に進んでしまう、完全なキチガイ状態
樹氷の泉前も同様に通過
「黒姫まで行って帰るか」と今日何度目の目標変更なのか
すると中央高原入り口前に来た途端また「行ける所まで・・・」と行ってしまう。
あぁ・・・学習能力の無いおバカuganda

結局パラダイスゲレンデまで来ることができたが、ドッコ沼に下りて再び登ってくる力は残っていなかった

樹氷の家前

久しぶりに乗ったのに、よくがんばったよ
時計を見たら丁度お昼前、今から急いで帰れば『やはぎ接骨院』に行けるか
と気が付いて急いで下る。

蔵王温泉街一望

蔵王温泉を一望できるところからパチリ
ヒルクライムの醍醐味は達成感とこの征服感だけだな

樹氷の泉で水を補給後、アストリアホテル前で『やはぎ接骨院』に予約の電話
時計は12:04、12:30まで間に合うか
下りは激走
西蔵王有料道路〜三本木線〜芸工大前の直線は脚が回らずスピードが出せない
情けない・・・

結局、『やはぎ接骨院』に着いたのは12:45になっていた。
それでもyahapooh先生、笑顔で迎えてくれて施術してもらう。
帰りは妻にレスキューを頼んで着替えを届けてもらい、自転車を積載して帰った。

う〜ん、朝から晩まで自転車乗ることに意欲が湧かない
半日たっぷり乗って夕方寝るのが一番気持ちが良くて翌日の為にもいいのかも・・・。

本日の走行距離:56.3km、AVS:19.4km/h
今月の走行距離:56.3km
本年の走行距離:1,388.1km

朝ウォーク Vol.40 盃山登頂25回目

今朝はちょっと早起きしたので早めに出かける。
FJ2006ヒロ君は昨日福島に行くって言ってたから来ないかと思ったら、でっかい身体を揺らしながら歩いてきた
プライベートでいろいろあって寝てないんだそうだ
彼の周りもいろいろ複雑らしい。

今日もゴルフ練習場側登り口から登る。
階段の終わりまでは確実に着いてくるようになったヒロ君だが、ここから毎回失速してしまう。
早めに出てきたせいか、たくさん登っている人を抜いて登頂。
お参りしてみんなを待つ。
4分遅れでヒロ君到着。
寝ていない割にはがんばったね。

H賀さんからこの辺近辺の天気の変わり方を聞いて納得。
国道13号線を跨いで東側の雪の量が多いのは盃山の位置にも原因があるようだ。

ラジオ体操をして下山。
今日は一人で駆け下りてみた。
これも結構ハードだね

双月橋のたもとでヒロ君が走ってきて追いついた。
今日はヒロ君から馬の話を教わる。
馬も深いんだね〜。

セーブオンで別れて少し走るが家まで持たない・・・
まだまだダメだね

次年子ツーリング

hiroさん&kuboGさんの山形満喫ライド第2弾に混ぜてもらう。

朝7時、文翔館に集まったのはhiroさん、kuboGさん、マスター、m永君、アルベルトことT木先生(笑)、先生の仲間3名と僕を含めて9名。

「次年子ツーリング」文翔館前集合

T木先生のTREK Madone6.9Pro、初めてお目にかかりました
その他、今日も豪華なBIKEのオンパレードだ。
PINARELLO PRINCE、ORBEA ORCA&PEARL、SCOTT ADDICT、SPECIALIZED ROUBAIX・・・

行き先は、昨日の話では「鍋越峠に行きたい」と言っていたのだが、マスターが戻って仕事ができる時間を考えてとりあえず北に向かい、時間を見て調整しようということに。

県立中央病院前〜立谷川〜荒谷を抜けてジャガラモガラで小休止。
その先新緑の東部広域農道をノンビリ走り、堂の前公園にて2回目の休憩。

「次年子ツーリング」東部広域農道

先日開園した東沢バラ公園を抜けて金谷のセブンイレブンで補給。

「次年子ツーリング」金谷セブンイレブン

アルベルトT木先生のグループは富並から別ルートへ。
僕たちは次年子に行くことに。

初めて次年子に上った時、両足が攣っていたちょうに助けられたっけな〜
こわ清水(すず)で給水して顔も洗う
気持ちいい〜

お昼は毎度の『ひつじや』でジンギスカン。
冷たい飲み物でおつかれさまの乾杯

「次年子ツーリング」ひつじや

最高だね〜
ジンギスカンを堪能した後は東根経由で帰還。
楽しいツーリングでした。

本日の走行距離:124.6km、AVS:23.2km/h
今月の走行距離:167.4km
本年の走行距離:1,331.8km

帰宅後の体重:80.2kg、体脂肪率:22.4%

じゃがらもがらポタリング

サプライズで来県中のhiroさん&kuboGさん、昨夜お話できなかったのでkuboGさん電話したら「輪熊shopで出撃準備中」とのこと。
すぐに向かって、hiroさんからサイスポ取材時のPHOTO CDを受け取る。

午前中昨日の撮影データを届けに行く予定だったが、届け先のN記くんが取材中で留守とのことで、急遽打ち合わせ事項とPHOTOデータをメール送ることに変更。
終わり次第hiroさん&kuboGさんに合流することにした。

結構時間がかかってしまったがhiroさんに電話すると「じゃがらもがらにいる」とのことで急いで支度してべにばなトンネルから向かう。
自転車に乗るのは実に1ヶ月ぶり、新庄クリテ応援ツーリング以来だ

脚回んね〜
ヒイヒイ言いながら大森トンネルを抜けて山寺の交差点をじゃがらもがらに向かうと、戻ってきたhiroさん&kuboGさん、Y絵さんと合流。
Y絵さんとは先日輪熊ショップで黒田君と一緒に居たところで初めてお会いして、実は昨日も自転車で走っているのを見かけたのだった

じゃがらツーリング

Y絵さんは今年デビューしたばかりだが、ロングも走れる健脚の女性らしい
「腹が減った」とのことでhiroさん御用達の『竹林坊』に向かう。
荒谷〜清池〜漆山〜灰塚と抜けて『竹林坊』へ到着。

hiroさんはいつもの坦々麺、僕とY絵さんはダブル五目&餃子、kuboGさんはワガママメニューであんかけチャーハンを注文。

「竹林坊」ダブル五目「竹林坊」SPあんかけチャーハン

kuboGさんのワガママあんかけチャーハン、ウマかった

「竹林坊」にてランチ

お腹一杯になった後は『やはぎ接骨院』に直行。
僕ら3人が施術を受けている間、Y絵さんはずっと待っててくれた
うーん、律儀なステキな方なんですね・・・
yahapooh先生に見送られ、輪熊shopに立ち寄って解散した。

本日の走行距離:42.8km、AVS:23.1km/h
今月の走行距離:42.8km
本年の走行距離:1,207.2km

新庄クリテリウム応援〜メタボ増進ライド

昨年も行った「新庄クリテ応援ライド」を今年も実施。
りんくま掲示板に書き込んだらm永君から参戦メールをいただいて、出羽機くさんと3人で出走する。

出羽機くさん、昨日の走行でまた膝に痛みが出たらしく、今日も様子を見ながら行きましょうとの事でゆっくりスタート
m永君は免許センターで待ち合わせ。
合流して県道20号で北上、佐渡の第一ASは20kmでちょうど20kmぐらいのフFamilyMart空港前店で休憩。
出羽機くさん、結構膝が痛そうで、後で聞いたらここでリタイヤしようかと思っていたらしい
出羽機くさんのペダリングを“ある方法”に変えてみるようにアドバイスして、その先でもっと痛くなったらそこで対応しようと出発した。

その後県道380号〜381号を使って村山〜大石田と走る。
次の休憩地点を大石田の『最上川千本だんご』でとる。

千本だんご

時間的にam8:30頃だったので「まだやって無いかな〜」とも思ったが、元来豆腐屋なので“もしかしたら”と期待していったら予想通り開店していて、既にお客がたくさんいて番号札で注文を受けていた。
繁盛してんな〜
僕の番号札は8番、ずんだだんごと焼きだんごの“しょうゆ”を注文。

ずんだだんご「焼きだんご」しゅうゆ

「こりゃ朝から甘いもんを食べちゃって、メタボ解消ライドどころかメタボ推進ライドになっちゃうな〜」なんてm永君と笑って食べる(笑)
この焼きだんご、超ウマい

大満足して再出発、大石田〜名木沢間は結構アップダウンがあるので、出羽機くさんの様子に気を配りながら進む。

無事に新庄中核工業団地に到着。
既に今日の応援の主、W田さんエントリーの一般成年Aが出走していた
りんくまさんが立っていたので声をかけて応援を始める。
W田さん、昨年は集団ゴールできなかったのが悔しかったと今年は早くからトレーニングを積んでいた成果が出て、見事18位でゴール

りんくまさんは一般成年Bにエントリー、出走まで一般および高校の部登録者のレースを観戦
BELLE EQUIPEアンダーの選手や、成年の選手を応援
速ぇ
今大会にはスキルシマノの土井雪広選手の父、兄が出場している。
土井父は一般成年A(41歳以上)で、兄は一般登録の部でそれぞれ上位入賞していた。

いよいよりんくまさん出場のレースが始まる。
1週目から厳しいレース展開、結果は残念ながら今年も5周でDNF。
是非来年も挑戦して欲しいね。

りんくまさんのレースが終わったところで新庄市街地にお昼を食べに行く。
ラーメンを食べようといろいろ場所を調べて一茶庵支店に行ってみたら定休日
他にあれこれ探ってみるがこれと言ってヒットが浮かばず、まずは『かど焼き祭り』をやっている最上公園に行ってみる。
お祭り自体は山形の薬師公園の花見祭り程度の規模なんだね
かど焼きを食べるにはその専用会場に入る必要があり、入り口まで行ってみてビックリ
なんとその料金、かど焼きセット1人前2,300円
えぇぇぇぇ。。。
セットの中身は、かど焼き(大)一匹・ワンカップ酒、山菜・・・
いくらなんでもかど焼きに2,300円も取るなんて・・・こんなの入場者数減る一方だろうな〜
少なくても僕達は来年以降もう行かないね

近くの『マルシャン北欧』で“ベーグルサンド”と“ふわあまワッフル マロン”を食べる。

「マルシャン北欧」ベーグルサンドふわあまワッフル_マロン

本日2品目の甘いもの、あぁもう歯止めが利きません
だって・・・ウマ〜いんですものぉ

しかしラーメンもあきらめきれず、携帯サイトであれこれ検索。
ヒットしたのが『新旬屋』
この情報は別スレッドで

ラーメンを食べた後は山形へ帰路。
来るときは舟形の長者原から回ってきたが、帰りはアップダウンが少ない国道13号を南進。
猿羽根山トンネルを抜けて旧13号を走り名木沢〜大石田あったまりランド深堀へ。
少しずつ雨が落ちてきた。
村山市に入ったあたりからすっかり本降りに。

サンクス村山市役所前店で小休止。
ここから先は少し雨脚が弱まってくれて、東根に入ると雨は上がってきた。
東根市大富〜天童市蔵増までm永君と40km/h巡航高速ランデブー走行
速い速い
蔵増の交差点でm永君が帰還。
出羽機くさんを待って後はノンビリモードかなと思ったら、出羽機くさんも結構脚が回ってる
例の秘密のペダリングを早くも習得したのか
これを習得するまでに僕は2年以上かかったというのに・・・

痛みはあるらしいが回せなくは無いそうで、無理の無い程度に引かせていただきました
輪熊SHOPに立ち寄ってりんくまさん、マスターにご挨拶して帰宅。

本日の走行距離:157.0km、AVS:23.3km/h
今月の走行距離:306.6km
本年の走行距離:1,164.4km

秘密のペダリングについては質問にはお答えしかねます。
だって“秘密”なんですから(笑)

高畠ワイナリーLIVEイベントライド

出羽機くさんが高畠ワイナリーのイベントに行くと言うのでご一緒させていただく。
待ち合わせで行き違いがあり、スタート時間が50分ほど遅れるが無事に合流できて出発。

前回hiroさんたちと通った成沢の旧道を走って上山に向う。
出羽機くさんの膝の具合の様子をうかがいながら無理の無い速度で走行
金瓶の交差点で出羽機くさんの会社の部下のAKさんとバッタリ
彼はクラブM蔵さんに参加している方だそうで、今日はソロで走りに出てきたらしく、一緒に高畠に行くことに。
楢下のへのアプローチも会話をしながら乗れる速度で進む。
こういうツーリングも楽しいね

楢下のこんにゃく番所で小休止。
AKさんは初めて立ち寄ったそうだ。
さすがに連休とあって朝からお客様がたくさんいた

こんにゃく番所前

出羽機くさんの膝も少し痛みがあるらしいが、だいぶ良くはなっているとの事で無事に柏木トンネルを越えて高畠へ。
ワイナリーに到着するとイベントのお客様で人がいっぱい
ちょうどチームエレファントのおネェちゃんたちが出発するところでした

チームエレファント

スモークハウスファインのソーセージを焼いて5cmごと量り売りしていて、100円でパンを買うとホットドッグにできるものを売っていたのでさっそく買って食べる。

ホットドック

ワインの試飲はもちろんのこと、米沢牛の串焼きや米沢牛コロッケ、冷たいお蕎麦など食べ物の種類もけっこう豊富

ポトフ大鍋ポトフ

大きな鍋でポトフを作っていてこちらは限定150食らしい。
ジャガイモとソーセージはとってもウマかったけど玉ねぎは未だ半生で硬かったな(笑)

柔らかなボサノバの音楽と温かい日差し、時折吹く心地よい風ですっかりリラックスして芝生の上で少しウトウト

ライブ会場

午前のライブは山本のりこさん
ライブは午前と午後とあると聞いていたのだが、本命は午後3:00かららしく
お昼の間はしばし大道芸を鑑賞。

ジャグリング

その後、山形のアマチュアバンドによるジャズライブがあったのだが、これがヒドイ
ちょっとガマンできない状況で、出羽機くさんには悪いがお先に引き上げてきた。

高畠から柏木までの帰り道、すごい向かい風に完全に打ちのめされた
日差しも強く、また一段と腕のヒリヒリ感が増してしまった。

本日の走行距離:99.2km、AVS:24.0km/h
今月の走行距離:149.6km
本年の走行距離:1,007.4km

体重:81.4kg、体脂肪率:23.4%

観桜ツーリング

hiroさん、kuboGさん、マスター、お茶漬けさんと観桜ツーリングに。
am9:00に輪熊shopに集合。
今日の行き先は高畠町、サイスポのSさんが「まほろばの緑道」を取材しているそうで、もしかするとすれ違うかもしれないとのことで出発

途中『光禅寺』に立ち寄って枝垂桜を見る。

光禅寺前「光禅寺」枝垂桜

見事だね〜

国道13号を避けて旧道を南進。
上山の道でhiroさんがグイグイ引っ張る
力強い
楢下〜柏木峠を越えて高畠町に入る。
柏木峠ではkuboGさんお茶漬けさん、マスターを先行させ、僕はhiroさんと並走。
だって来週また走れるってワケじゃないんだもの貴重な時間です

トンネルを抜けると相変わらずkuboGさんは下りでビュンビュン飛ばす。
お茶漬けさんも速い
米鶴酒造の前を通ってそこからはノンビリ走行。
途中から「まほろばの緑道」を通って高畠駅に向かう。

高畠駅にて

駅で小休止し、再び「まほろばの緑道」を進む。
レンタルサイクルで走っている家族連れや散歩してお弁当を広げている家族など人がたくさん通っていた。

まほろばの緑道

もちろん僕らはそんな中を安全な速度で走行。
頭上の桜はまだ3分咲き程度、来週辺りが見ごろかな。
旧高畠駅舎に到着。

旧高畠駅舎

ここから先は少しだけ自転車道であとは国道に出てしまう。
お昼をどこで食べようか?ということになるが、サイスポのSさんとすれ違っていないのでそのまま道の駅方面に向かい道の駅で食べることにする。

すると丁度道の駅から出てくるSさんを発見
そこでも撮影をしてくれて、少し談笑。
yahapooh先生の妹で『やはぎ接骨院』の受付をしているI子さんが通りかかり声をかけてくれた。

Sさんを送り出し、道の駅の『レストラン縄文』で昼食。
僕はナスとトマトソースのパスタ、hiroさんはカレーライス、kuboGさんはとりせいろ、マスターがとりそば、お茶漬けさんが豚丼を注文。
道の駅のレストランというのに随分ゆっくりと出てきた。

「たかはた道の駅」ナスとトマトソースのパスタ

お味は問題なく食べれましたよ(笑)

昼食後は当初の予定では蛭沢湖まで登る予定だったが、Sさんとも会ったしそのまま柏木に向かって早めに帰ることに。
帰りの緩い上り基調の道をkuboGさんがペースを作る
しばらくして僕が先行してマスターが続く。
途中、MTBの二人組みをパスしたらその先でペースを緩めるわけにも行かなくなり、そのままトンネルまで登り切った・・・疲れた
観桜ツーリング帰路

楢下のこんにゃく番所で水を補給して来た道を通って輪熊shopへ帰還。
天気にも恵まれて楽しい観桜ツーリングだった。
kuboGさんhiroさんを見送るために自宅へ戻らず妻に車を持ってきてもらい輪熊shopで待機、お茶漬けさんを先に見送り、その後hiroさんkuboGさんも東京へ帰っていった。
また寂しくなりますね

本日の走行距離:96.8km、AVS:21.6km/h
今月の走行距離:394.3km
本年の走行距離:834.9km

kuboGさん壮行ツーリング

kuboGさんが今週で山形を離れることになった事を受けて、仲間で壮行ツーリングを企画。
なんと集まったのは21台
いろんな人と満遍なく上手にお付き合いできるステキな大人の見本のような人だったのが良くわかる。

西公園集合

今日のルートは西公園を出発して県民の森を登り、白鷹『千利庵』で蕎麦を食べて朝日町経由で帰ってくるコース。
『千利庵』の蕎麦が売り切れないように出発前に電話で予約しておいた。

快晴の下、西公園を出発
若手を初め、実力派ヒルクライマーたちがスーッと集団で前に出て行く。
僕は最初はマスター、パンタ兄さんと併走していたがすぐに二人に千切れて単独走行
途中出羽機くさんにも抜かれ、結構ヘコんだのだがその時点では無理せずガマンして背中が見える位置でキープし出羽機くさんが落ちてくるのを待つ。
終盤ペースが落ちてきたところで一気にパス
ゆっくり抜いたら後ろにくっ付かれるだろうと思ったので猛然とダッシュを決めたら何とか勝つことが出来た

速いグループは涼しい顔で立ち話をしていたが、僕は日陰のベンチで休憩。
やっぱり体重4kg増は痛いな
全員が到着し下りに入る。
途中の眺めの良いところでストップして鑑賞。

県民の森白鷹側からの眺め

月山と朝日が見えるとても良い眺望だ
続く下り坂も猛然とダウンヒル
重量級の僕、muraさん、お茶漬けさんがリードするもスプリンターパンタ兄が最後抜け出す。
楽しかった

あっという間にFamilyMartに到着。
ここでも後続を待って『千利庵』に移動、僕が先に『千利庵』走り席を確保する。
お昼前に到着できたのでまだ混雑していなく、奥のテーブル4台を確保できた。

「千利庵」にて1「千利庵」にて2

全員がもりそばとおかわりの2枚を注文し堪能。
僕らが食べている間に見る見るお客様が来て外には行列が出来ていた。

『千利庵』を出発し川原沿いを北に走る。
県道9号を使って朝日町へ向うが、hiroさんが前に出て集団をコントロール。
途中からクロちゃん、kuboGさんのCSCジャージが先頭に出てペースアップ
いろんな場所でいろんな人が仕掛けて来て実に楽しくハードなツーリングだ
松程トンネルを抜けたところで待って集団を調整。

朝日町松程トンネル前

昨年の葉山ヒルクライムのチャンピオンK山君がここで帰還。
途中で7さんがパンクしたとの連絡が入り迎えに向う。
大事に至らなくすぐに復帰
合流してその先の朝日町ワイン城にて休憩&記念撮影。

朝日町ワイン城前にて集合写真

ホントにみんな良い笑顔してますね
今日の燃焼分の自分へのご褒美に米のアイスを食べる

hiroさん「これ全部オレの」

たくさんの自転車をバックにhiroさんが「これ全部オレの」とおどけてみせる(笑)

朝日町〜大江町区間はK嶋、クロちゃん、Wナベくんの若手スピードスターのオンステージ
速ぇー

寒河江の中郷ローソンからは集団は小グループに分れそれぞれ帰路に。
最後はお茶漬けさん、いたちょう等とのんびり帰ってきた。

夕方からはPetitNoelで送別会。

送別会1

ここでもたくさんのメンバーが集まってグラスを交わす。
K嶋君が代表でkuboGさんにメッセージとプレゼント。

送別会2送別会3

K嶋君、立派な挨拶だった
仲間のみんなからのプレゼントのジャージに袖を通してkuboGさんからご挨拶。
それぞれのテーブルでいろいろな思い出話を綴った夜であった。
僕はお酒は飲まずにマスターの料理を堪能し、あえてkuboGさんとじっくり話すことはしなかった。
なぜならたくさん思い出がありすぎて、きっと泣いてしまっていただろうから・・・
いろいろな思いはメールででも送ろうと思う。
kuboGさん、本当に3年間楽しい思い出をありがとうございました。
hiroさんもまた東京に戻ってしまうので、また寂しくなっちゃう。
「今後のもりくまツーリングはまた少しテイストが変わってくるんだろうな〜」とマスターが言ってたけどホントそんな気がする。
また山形に遊びに来ると言ってくれていたので、それまでしばしお別れです

本日の走行距離:112.7km、AVS:24.2km/h
今月の走行距離:209.3km
本年の走行距離:639.9km

柳川温泉ツーリング

一昨日のPetitNoelワインの会〜明日のkuboGさんの送別会に参加するために帰省中のhiroさんと来週山形を離れてしまうkuboGさんとマスターとツーリングに出かける。
このメンバーが揃って走るのは久しぶりだね
9時に輪熊shopに集合ということで向かうと既に皆さんおそろいで中で何やら話をしている。

輪熊shop集合

これまではこんな風景が当たり前だったのが、もう見られなくなってしまうんだなぁと改めて感慨深くなる。

出発しようとするとhiroさんが「近くに薬屋がないか?」と言い出し、具合が悪いのかと思ったら「二コレットを忘れた」とのこと。
もっか禁煙中らしく大歓迎の僕らは旧オーヌマホテル前のドラッグツチヤに案内。
すると今度は僕がボトルを忘れたことに気が付いてみんなには先に行っててもらい、慌てて家に戻る
県立中央病院前で待っててもらい合流。
そのまま北に向かってセブンイレブンの交差点を左に曲がると、未完成の陸橋があったのだが、いつの間にか完成している。
その完成情報をすでに東京に越したhiroさん、まもなく山形を去るkuboGさんのお二人に知らされるのって・・・やはりこの二人只者ではない(笑)

陸橋の上から見える山形の山々を眺め「やっぱりいいな〜」とお二人。
ずっとここに住んでいる僕らには気が付かない感動があるのだろう。
僕ももっと山形の事勉強しなくちゃと思った。

県道22号漆山の交差点にて

車通りの少ない道をそのまま明治小学校まで西に下りて県道20号から24号に入り中山町経由で柳川温泉に向かう。
途中県野球場前のセブンイレブンでトイレ休憩、野球場ではイースタンリーグ楽天vs日ハムの試合前とあり選手がサブグラウンドでアップ中だった。
後から思い出したんだけど、中田翔もいたんだね。

先に進んで大江町十八才の道の駅でhiroさんとkuboGさんが今晩の肴で山菜を物色。
店頭に“たらのめ”がなかったので聞いてみたら今から採ってきて昼まで届けてくれるとのことでお願いする。

十八才道の駅

さらに進んで、柳川温泉の少し手前で抜きながら「こんにちは」と声をかけられ誰かと思ったら最近“布団引き”のあだ名の付いたW田さんだった
柳川温泉で記念撮影。

柳川温泉にて

帰りは予想通りW田さんの鬼引きが開始、冬場しっかり脚を作っているhiroさんも速い速い
あっという間に道の駅に戻ってきた。
hiroさんがサコッシュを持ってきていたので荷物は若い衆の僕が背負って走る。
お昼は西側にツーリングに来た時の定番『蕎陶庵』のそば。

hiroさんkuboGさん、マスターはハイオク注入
僕はお茶をいただきながらあげそばもち250円とめおとそば820円を注文。

「蕎陶庵」めおとそば「蕎陶庵」あげそばもち

相変わらずウマいね〜
明日の送別ツーリングでも『千利庵』の予定だからそば三昧だね。
大満足で再出発、輪熊shopに立ち寄り帰宅。

本日の走行距離:96.6km、AVS:23.9km/h
今月の走行距離:96.6km
本年の走行距離:537.2km

激走ひつじやツーリング

出羽機くさんと「練習会しましょう」と連絡を取り合って10時に県庁に待ち合わせ。
マスターにメールすると9:30PetitNoel集合で既に先約アリとのことで、合流しましょうとお声をかけていただき、じゃがらもがらで合流することに。

県庁で出羽機くさんにその旨を伝えてべにばなトンネルからじゃがらもがらに向う。
今日も上り坂は脚が重い
せっかく誘っていただいたのだから待たせてはいけないとバリバリ回すがなかなかペースが上がらない
急いでトンネルを抜けて高瀬地区を通過しじゃがらもがらに到着。

本日のメンバー
マスター、muraさん、UR山君、W田さん、出羽機くさん、僕の6台。
ここから広域農道を使って『ひつじや』へ向う。

マスターが「今日はポタリングのつもりだったけどW田さんの登場でそうも行かなくなってきたみたい」と笑っていたが、その予想は的中。
天童〜東根間のアップダウンであっという間に視界から消えていった
先で待っててくれて再び合流して走る。

この区間のアップダウンコースはまさに佐渡に向けてのトレーニングにはピッタリのコースレイアウトだ
堂の前公園まで車列を作って走る。
W田さんが結構速いペースで引っ張ってくれるのでとても良いトレーニングになる。

堂の前公園

堂の前公園で休憩。
これだけの台数でみんなと一緒に走るのは久しぶりだな。
驚いたのはmuraさんの走り。
チェント効果があるとはいえ、それだけじゃないポテンシャルの高さがあるんだと思う。
さすが宮城で麒麟αさんやAさんと走りこんだだけの事はある。
恐るべしmuraさん

バラ公園を通り抜けて富並へ。
ここの区間もW田さんとマスターとバリバリ進む
もちろん後続もそう離れず着いてくる
先々週行けなかった今年初の『ひつじや』に到着。
脚はもうパンパンだ

ひつじや

おいしいジンギスカンを食べながらW田さんとmuraさんの漫才のような会話を聞いて大笑いした
帰りは出羽機くさんのリクエストで高木酒造へ立ち寄って水を汲んで来る。

高木酒造1高木酒造2

帰りもW田さんの鬼引き
必死に食らい付いて先頭交代しながら進む・・・速い
出羽機くさん、muraさんも少し間隔が空く程度でしっかり着いて来る。

寒河江川の自転車道でマスターのリアタイヤがパンク
昨日muraさんもパンクしたらしく、やはりPRO3は耐パンク性が弱いのか
僕はハナっからユッチンソンユーザーなので改めて変えるのは止めようと思った。

ここから再びハイスピードラン
寺津でUR山君が帰還。
最後はさすがにバテたが、無事にみんなりんくまさんに到着。
すごく疲れたが、最高のトレーニングになったツーリングだった

本日の走行距離:98.8km、AVS:25.8km/h
今月の走行距離:262.7km
本年の走行距離:440.6km

七ヶ浜周回コース〜松島ツーリング

この三連休どう過ごそうか、毎日天気予報をチェックして思案していたが全体的に天気が崩れ気味
11日、muraさんがA野さんと宮城遠征する話を聞いていて良かったら一緒にどうぞと言われていたのだが、天気予報では時々当日の天気はなのだが前日まで一時で11日の最低気温が-2℃ということは前日の雪が残っているか路面凍結の恐れありか
で、月山自然博物園にも電話すると9日は団体が入っているが10・11日は空いているのでガイドしてくれるとのこと。
誰か遊んでくれる人いないかな〜と出羽機くさん、いたちょうにメールすると出羽機くさんは9日のみ、いたちょうは11日のみの返事をもらっていた。

今日の山形は天気がいいな
宮城県、福島県の天気予報がのちに変わってる
ライブカメラで松島や松川浦の様子を見ると晴れてるジャン
よし、走ろうとダメ元ですぐに出羽機くさんにメールして宮城遠征のお誘いをすると出撃の返事、急いで支度する
「今日は七ヶ浜方面に向いましょう」ということになりmineさんに電話し何処に車を置いて走るのか聞いたら一緒に走ってくれるとのこと
出羽機くさんと県庁で合流し出発
ETC割引の時間には間に合わなかったけど、この天気が良い内に1分でも1kmでも多く走りたいから山形自動車道で宮城に向う
七ヶ浜町菖蒲田浜海浜公園でmineさんと待ち合わせ。
途中ではる某さんにも電話したら「ゾンコランの坂を見てみたい」と来てくれることに

今日はmineさんBlog『クラクラ覚え書き。』で公開されていたmineさんのトレーニングコース、七ヶ浜周回コースを走ることに。
このコースの途中にmineさんが発見した“28% ゾンコランの坂”がある。
はる某さんが到着するまで先にウォーミングアップを兼ねて走り出す

七ヶ浜周回コース4七ヶ浜周回コース2

mineさんに案内してもらい後ろを着いて行くと結構アップダウンがあってたちまち息が上がる
アップダウンの先に見える景色がすごくキレイ
風が少し冷たいけど天気が良くてホント来てよかった〜

ゆっくり目に走ってもらっているのだろうけど結構キツイ。
mineさんの足元を紐がブラブラしているので何と思ったらスニーカーで走ってる
いつもながらmineさんの高ケイデンスのフォームは勉強になる
このアップダウンの具合が佐渡のコースに良く似ていてトレーニングには最適、この冬のトレーニングに何度か来たいと思った。
2周した後、はる某さん合流
4台で3周目出走

今日のメンバーゾンコランの坂で

少し温まってきたのか最初よりは脚が回り始めた
途中反対側からロードが走ってきたと思ったらイズミンさんだった
合流して一緒にゾンコランの坂へ。
ここでみんなで記念撮影

一旦駐車場に戻りはる某さんがBIKEをMTBにチェンジ。
イズミンさんはここで帰還、僕らははる某さんのゾンコランの坂チャレンジのお供に。
mineさんがカメラを構えてる最中にはる某さんがスタート

ゾンコランの坂

あれあれ?と見ている間になんと、一回でクリア
すっげー
戻ってきたはる某さん、すかさず「もう一回行こうか?」と2回も登っちゃった
すごいの見ちゃった後はお腹も空いたし松島にカキを食べに行こうとmineさんに道案内してもらい松島へ向う

45号線は予想通り車の量が多く走りにくかった
途中mineさんの前に出て引っ張ってみるが・・・あっという間に売り切れ
結局スニーカーのmineさんにぶっちぎられる羽目に・・・
無事にJR松島海岸駅に到着。

JR松島海岸駅

観光案内所で『カキ小屋』の情報を仕入れると牡蠣焼きのみで生は無いことが判明。
前回いたちょうと行った『杉原功商店』に向う。

カキホタテ串&つぶ串ホタテお造り

生ガキ、ホタテ串&つぶ串、ホタテのお造りを食べる。
相変わらずウマいね〜
ここでも記念撮影

杉原功商店にて

海の幸を堪能した後は「観光汽船で塩竈に帰ろうか?」と話題になるが、料金が大人料金+子供(自転車)料金で2,100円という。
うーん結局少し裏道を通って自走で帰ることに。

最初行こうかと話になった『かき小屋』の様子を見に行くとすごい行列

松島かき小屋

どんなにウマくても並んで待つのは大嫌いなuganda、「良かったね来なくて・・・」とホッと胸をなでおろす。

帰りもmineさんに先導していただき裏道を通るが、区間は短いけど結構良い雰囲気でした

塩竈を過ぎたあたりで「途中ラーメンか何か食べませんか?」と聞かれてホッとする。
実はお腹がまだ物足りなくていたのをガマンしていたのだ・・・
七ヶ浜町の『らーめん「蔵」』に立ち寄り、mineさんお勧めのラーメンを食べた。
これは別スレッドで紹介します。

菖蒲田浜海浜公園に戻り、mineさんに御礼を言ってお別れした。
mineさん本当にありがとうございました。

帰りに『石窯パン工房パンセ』に立ち寄りパンを買って来る。
さらにBELLE EQUIPEに顔を出してきた。

BELLE EQUIPE店内2BELLE EQUIPE店内

広くなってからは初めて入ったが、電球色の蛍光灯とスポットライトがブティックのような高級感を出していてカッコ良くなってた

帰る頃に天気予報どおり雪が降り始めてきた。
今日は突然だったけど、いい練習コースを教えてもらったし、楽しかったし美味しかったしで最高だった

本日の走行距離:56.0km、AVS:23.4km/h
今月の走行距離:150.7km
本年の走行距離:177.9km

亘理〜相馬ツーリング

このところPawerMaxでのトレーニングもしていないし自転車に乗りたいな〜と宮城と福島の天気予報を見ると土曜日は晴れ、日曜日は崩れるという予報。
これは行かなきゃと決意。
出羽機くさんにメールすると出撃OKの返事、ETC通勤割引が適用される9:00前に高速に乗るためにam8:30県庁待ち合わせに。
はる某さん、mineさんにもメールをするが、はる某さんは用事があるとのことでNG、残念

翌朝、車に積んであったスノーシューの道具を下ろして自転車を積み込む。
県庁で出羽機くさんの自転車を積んで出発
BBを交換しようとして外していたらしく、昨夜作業が出来ずにサブの自転車を持ってきていた。
みんな2台持っているんだな〜。

このところ毎週のように出羽機くさんに遊んでもらってる。
出羽機くさんは実にいろんなことを知っていて話題が豊富なのでホントに話が尽きない
あっというまに村田ICに到着、ETC割引で600円ホントお得だね〜

鳥の海荘の駐車場に車を止めて準備をする。
古い建物は取り壊されてすっかり無くなっていた。
mineさんからメール、今日はお仕事だそうだ
「今度七ヶ浜を案内してください」と返信するとの返事。

天気は晴れ荒浜港から西の空を見ると雲はあるが崩れる様子は無いようだ。
ウキウキ気分で出発

亘理荒浜港出発

少し風があるが山形よりは全然温かい
脚が回らな〜い
驚くほど脚が回らなくなっている。
トレーニング不足は認めるが、こんなに衰えるのが早いものなのか・・・
今日はインナーオンリーでケイデンスを高めでいくようにしよう。

阿武隈川の堤防に入ると、いつもながら同じ季節とは思えない風景にため息

阿武隈川から柴田町を望む阿武隈川堤防上

少し風はあるが、雪で走れない山形に比べたら天国だ
併走して話をしながら進む。
今日の出羽機くさんのサブマシンは少し昔のフルカーボンでダブルレバー、サイズもだいぶ小さめでちょっと窮屈なのだそうだ。

いつもは角田橋、角田市陸上競技場から左折して県道28号へ進むのだが、今日はもうひとつ上流の枝野橋まで堤防沿いを走る。
県道245号〜県道28号に合流、枝野小学校の交差点で出羽機くさんに「ここから小斎峠を経由して大内に抜けるか、そのまま県道28号で大内に入るかどっちにしますか?」と聞くと「こっち(小斎峠)にしましょうか」と笑顔で指を指す
おぉ〜さすがだ
今回ははる某さんの鬼引きにあわずに済むので(笑)あまりがんばらずに出羽機くさんの様子をうかがいながら上る。

小斎峠農道復旧工事

キツイと言いながらもしっかり上ってくる出羽機くさん、サイズの合わない窮屈なポジションながら前傾しているカッコイイ
去年A野さん麒麟αさんと走った峠をショートカットする農道の土砂崩れの復旧工事をしていた。

国道113号に出て「いきいき交流センター大内」で休憩。
ここで引っかかったのは『自然薯うどん』ののぼり。
店の入り口まで行ってどうしようか迷ったのだが、頭の中でほっきめしと喧嘩している。
これから旗巻峠をクリアすることを考慮して食べずに出発した。

ゆずの木

県道228号の佐野西上地区の民家のゆずの木をいただいてくる。
先週A野さんたちがもらっていったらしく手の届くところはほとんど無かったが4つほどもらってきた。

旗巻峠旗巻峠から相馬を望む

旗巻峠は日陰のところどころに雪が少し残っていたが走るのに支障は無い。
途中相馬の町が見える場所でパチリ。
日陰は寒いが下りて来るにつれてだんだん温かくなってくるのがわかる。

相馬駅前から国道115号で線路を越えて国道6号の交差点で「松川浦を走りますか?」と尋ねると「このまま飯に行きましょう」とまっすぐ「たこ八」に向う。

「たこ八」に到着。
自然薯うどんをあきらめさせた海鮮丼だったが、結局ほっきめし定食1050円にする。
さらにほっき貝刺身525円を1人前追加。

待っている間、一台自転車が・・・ピナレロFP2だ
BELLE EQUIPEのステッカーが貼ってある。
席に着いたところで声をかけると若林区の方で、あても無く仙台新港の方から南下して来たのだそうだ。

注文したほっき飯定食が出来てきた

「たこ八」ほっき飯定食ほっき貝刺身

ほっき飯は去年食べた以来だな
ホッキ貝の刺身もウマそー

ほっき飯UPカニ入り味噌汁

ほっき飯は見た目よりボリュームがある。
ズワイガニの半身が入ったお味噌汁もウマい
食べてる席の窓からカレイと目光りの干物が見えるのだが、お店の女の子に「これは焼いてくれるの?」と聞いたら小ガレイの唐揚げ420円がメニューにあるとのことで注文。
これはうれしくてすぐにかぶりついちゃって写真を撮るのを忘れました

さっきのピナレロの人はここからさらに南下して帰りは輪行して帰るとのことだった。
おいしいメニューに満足した僕達も出発
帰りは追い風かと思ったら向かい風気味
だいぶ脚に張りも来ているのでケイデンスも無理して上げずに走る。
無事に鳥の海に到着、わたり温泉に入ろうと思ったら2月6日OPENなんだって・・・
結局そのまま山形へ帰ることに。
村田IC目の前にあるGSの軽油料金が121円安い
しかしそのまま給油せずに高速に乗ってしまった。

帰りに古関PAに寄ったら売店脇の食堂が「福龍」というラーメンチェーン店になっていた。
これはということで食べていくことに。
こちらは別スレッドで紹介する。

無事に県庁に帰って来て出羽機くさんの荷物を降ろして帰宅した。

本日の走行距離:94.7km、AVS:23.5km/h
今月の走行距離:94.7km
本年の走行距離:121.9km

2008年初の〜その3(Bicycle)

元日は寝正月、2日は治基を送った後七日町の様子をちょっとだけ見て、『ごま蔵』でラーメンを食べて、西蔵王に様子を見に行って・・・結局何もしないまま2日が過ぎた。

今日はBELLE EQUIPEの初売りの日
前々から行くと決めていたので前の晩からソワソワしていた。
とは言っても最初からそんなに散財するつもりはないのだが・・・
それと初乗り、昨年も3日に初乗りしているのだが、今年は山形での初乗りはしばらく先になりそう。

ETC割引の効く9時前に出発、村田ICで降りて亘理に車を置いて自転車でBELLE EQUIPEに向かうか、それとも仙台南ICで降りて名取市閖上に車を置いて行こうかとあれこれ迷うが、ツチダレーシングにも行きたかったことと帰りにあちこち回りたかったので結局仙台南で降りてツチダレーシングに向かう。
仙台宮城ICで降りればよかった

ツチダレーシングに行ったら未だ開店前で初売りは昨日だったんだね。
10時開店と書いてあったので外で待っていたが、10時になっても開かない
電話して開けてもらうとすぐに「グローブまだ来てないんだ」と言われる。
なぁんだ・・・電話で確認してから来ればよかった

そのままBELLE EQUIPEに顔を出すと初売りの準備で大忙し
開店は12時なのでそれまで近場でどこか走れるコースを聞いてみると「海のほうに向っていくと田んぼの中の道が走れるよ」と教えてくれたので車で向ってみるが、車を止める場所が見当たらない
結局、仙台東ICの近くまで戻ってきて閉店になったスポーツ店の駐車場に車を止めて出発

田んぼの真ん中に「大沼」なんてこんなところに沼があったんだね
隣接して『仙台市民農園・農業園芸センター』なる立派な建物も。

県道10号に出て深沼海水浴場の方から「仙台亘理自動車道」に入る。
天気もいいし気温もさほど低くないみたいで心地よく走れる。

仙台亘理自転車道1自転車道脇の馬

途中乗馬クラブの馬をパチリ
ここ、以前はる某さんとポタリングしたコースなんだけど、犬がいっぱいいるんだよね。
ワンワン吼えてるし・・・鎖でつながれていないのがいるとイヤだな〜
急いで走り抜けて名取川河口まで行き、閖上大橋を渡らずに引き返す県道10号を渡り種次地区から東六郷小の脇を通りBELLE EQUIPE方面に戻る。
帰りはひたすらまっすぐの田んぼ道が多く、TTモードでぐんぐん回す
しかしこのところの練習不足は正直だった・・・体が重くて堪えるね〜
向かい風だったのもありパワー系、ケイデンス系といれこれペダリングを使い分けてなるべく長く速く走れるように心がける。
こうなるとツーリングというよりトレーニングだな

車に戻って11:50、ちょうどいいね
財布とカードを持ってBELLE EQUIPEへ向うとたくさんの常連さんが・・・

BELLE EQUIPE初売り

今年も掘り出し物満載のBELLE EQUIPE初売りでしたが、残念ながら今年はシューズの安売りは無し、ウェアーもugandaサイズのものは無く、お宝GETはならず
MAVIC R-SYSが147,000円、2008キシリウムSLが94,500円は安かったな〜
はる某さん、イズミンさん、武蔵さん、熊谷夫妻、K藤さんらとお話して車へ戻る。

ウェルサンピア仙台

ウェルサンピア仙台でお風呂に入って着替えてアウトドア系の初売りを探索。
ICI石井スポーツ、WILD-1と回るがここでもお宝GETできず。

お昼ご飯を食べていなかったのでお腹がペコペコで菅生SAで牛タン丼+ミニ花うどんセット980円を食べる。

菅生SA牛タン丼+ミニ花うどんセット

予想通りの味で残してきた
山形へ戻ると一気に雪が出て来てがっかり、やっぱり溶けなかったのね。
雪遊びもできないし、自転車にも乗れないし、結局遊ぶためには車でどこかに行かなきゃ行けないのね〜

本日の走行距離:27.2km、AVS:25.2km/h
今月の走行距離:27.2km
本年の走行距離:27.2km

奥松島牡蠣ツーリング

板長と宮城へツーリングに出かけた。
土曜日に仲間数名へメールでお誘いしたのだが、全滅
はる某さんにも連絡したらとのことで春子さんと4人で走る予定だったのだが・・・

朝起きたら山形は雪
慌ててライブカメラで松島を見ると松島も雪降ってる
亘理は?とこちらもライブカメラを見てみるとこちらは大丈夫そう。。。
はる某さんから出走中止のメールをいただき、板長にも「どうする?」とメールをする。
板長から「前々から地元の牡蠣を食べてみたいと思っていたので行ってみたい」とのリクエストがあり、「ならば雪の中でも走れるようにMTBで行こう」と連絡、MTBを積んで出撃した。

しかし県庁周辺は積雪10cm以上だ、笹谷トンネルの手前で反対車線で車が単独事故を起こしていた。
笹谷トンネルを抜けても雪が多くこんな感じ。

20071216笹谷

車を進めるとまた反対車線で単独事故
危ない危ない

宮城川崎ICを過ぎた辺りから道路の雪が消え始めたが、相変わらず空から雪は降っていた。
菅生SAでコーヒーを飲んで高速道路情報をみても三陸道付近も降雪のため80km/h規制と出ている。
しかし、仙台南まで来たらなんと目の前に青空が・・・左側(海側)はまだ厚い雲で覆われているが、このままいけばあの青空が海側に来ることになると期待しながら南部道路を走らせる。

20071216仙台南

途中、はる某さんに連絡すると「『モーターショー』を観に行くところだ」とのことで僕らも会場の夢メッセに行ってみるが、会場付近の渋滞を見て断念
はる某さんに連絡し、そのまま松島に向かった

以前まで無料だった水族館手前の駐車場が有料になってしまったため、某所に駐車。
予想通り空は青空に変わるが風が冷たい
県道27号奥松島パークラインを走り、セブンイレブン宮城野蒜店で小休止。

セブンイレブン松島野蒜店にて板長

運河を渡り野蒜海水浴場へでて、奥松島パークラインを散策。
嵯峨溪遊覧船乗り場付近でパチリ。

奥松島

良い景色だねー
山形の雪からは想像もつかない。
さらに大浜、月浜と散策を続ける。
月浜がおおよそ島の突端で、民宿街にある案内板を見ながら「次は室浜へ行こう」と進むとはる某さん夫妻が車で来てくれた
少しお話をして春子さんがガンマニアであることが判明、今度見せっこしなきゃ

はる某さん夫妻と別れて室浜に着くと、結構釣り客がならんで釣っていた。
すぐ近くの見晴らし台に登ってみることに。
降りていろいろ歩いて回れる、これがMTBツーリングのいいところだね。
「儀兵衛、多十郎世界周航図」記念碑があった。

儀兵衛、多十郎世界周航図記念碑脇からの眺め

見晴らし台とはいうものの周りの樹木が邪魔でよく見えないのだが、そこそこ良い眺めだった
そろそろお腹が空いたので戻ることに。

帰り道近道できないかなぁと思っていたら、ちょうどパトカーが通りかかり道を尋ねたら「ここは島なのでこの先の橋を渡らないと行けません」と言われる。
うーん、やはり事前に地図で調べなきゃダメだね
風が冷たくなってきたな〜と思ったらハラハラと雪が降ってきた。

帰りは向かい風にいじめられたが、無事に磯崎まで戻ってきた
売店が三つ並んでいる真ん中の「杉原功商店」に入る。
アサリ汁を無料で振舞ってくれて、生かき、ホタテお造り、ホタテ串、つぶ貝串、焼きがきと次々食べる

磯崎「杉原功商店」生がきほたてお造り

ほたて串、つぶ貝串焼がき

大満足で完食後、さらに生がきをおかわり
「生かき、焼かき、と来たら次はカキフライだね」と自転車を車に収納後、以前もりくま牡蠣ツーリングで訪れたことのある『味処 双観山』に入る。
ここは眺めの良いカウンター席で食事ができるところ。

「味処双観山」の眺め

カキフライ定食1,575円を注文。
眺めを見ながら待っている間にコックリコックリ居眠りしちゃった

カキフライ定食カキフライUP

フライの良い匂いがしてきたな〜と思ったら定食が運ばれてきた
牡蠣は小ぶりなんだけど味が濃厚でウマーい
すでにお腹一杯だったはずなのにしっかり完食した

帰り道、天然酵母のパンを売る店を発見し板長が購入、さらにツチダレージングに顔を出し、板長が携帯ツール、僕はNIKEのウインターグローブを注文して来た。
山形からAさんWさんが顔を出したらしい。

やけに道が渋滞しているな〜と思ったら、原因は光のページェントだった
せっかくだからと男二人で光のペーシェントを見学してきた。

光のペーシェント

久しぶりに見たけどやっぱりいいもんだね〜。

その後、山形に戻ると路面に雪が残っていて今日無理やりでも宮城に行ってよかったな〜と改めて実感した。

本日の走行距離:39.0km
今月の走行距離:39.0km
本年の走行距離:5,411.8km
livedoor プロフィール

uganda_

訪問者数

    最新コメント
    月別アーカイブ
    Google
    Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
    Twitter
    followme