My Favorite Goods & Foods Life

ugandaこだわりのグッズ、食べもの、遊び、つぶやきetc

蔵王温泉

蔵王温泉スキー場の情報発信

正月休み最終日、妻と蔵王温泉に来た。

全国的な暖冬の影響で蔵王温泉スキー場も雪不足で悩まされている。

昨年の火山噴火警報による風評被害に続いて今度は雪不足。
ここ2年は蔵王温泉スキー場にとって試練の年のようだ。

観光協会のサイトもリニューアルされ、よりリアルタイムなら情報発信がされるのかと期待される中、現在の様子が見られるライブカメラは中央ゲレンデと横倉ゲレンデのみ。

山形蔵王温泉スキー場ガイド ←クリック

横倉ゲレンデライブカメラ ←クリック

中央ゲレンデライブカメラ ←クリック

まあ、地元の人や何度か来た事のある人ならこの二つがわかれば他のゲレンデがどうだか予想がつくというものだが、そもそも初めての人にはそのゲレンデがどこにあるのか?をわざわざ別のゲレンデマップのページを開いて確認しないとわからない。

それらの様子が見られるというのは、これからどこに滑りに行こうか?と計画を立てる客層には蔵王温泉スキー場を選んでもらうかどうか?の指標・決定打になるはずだ。

早急に全ゲレンデに設置するか、せめてゲレンデマップからライブカメラがどこにあってそこから飛ぶリンクを貼るのが良いと思うんだけど。

(※1/7加筆)
※いまどきTOPページにFlashを使ってるってどんだけ時代遅れな音痴業者使ってるんだ?って話です。
※昨日『大平ホテル』の岡崎靖代表に聞いたら、この「山形蔵王温泉スキー場ガイド」は策動協会作成のポータルサイトであり、蔵王温泉観光協会のサイトとは別管理であることがわかりました。

因みに15時現在の上の台ゲレンデジュピア前は滑走可
image

上の台ゲレンデジャンプ台側(ハイム前)は滑走不可
image

その他の状況はスキー場ガイドのこちらを参照してください。
ゲレンデ情報

さらに。。。
近くの旅館に日帰り入浴に行ったら、こんなパンフレットを見つけました。

IMG_0378

IMG_0379

IMG_0380

こういうのもね、行かないとわからないってもったいないじゃないですか。
せめて協会のポータルサイトに載せて欲しいですね。
宿泊者限定の割引なんて当たり前の真ん中のサービスです。
宿泊者は蔵王温泉街の居酒屋とかバー、食堂、お土産屋すべて割引になるぐらいのサービスが欲しいです。

それから、こんなのも全部スマホで解決できるようにしてくれたらいいのにねぇ。

以上、蔵王大好きウガンダがお届けしました。

蔵王温泉は紅葉シーズン真っ只中

先週の水曜日蔵王温泉に行ってきました。

蔵王温泉は今まさに紅葉シーズンで、山頂部はもう葉が落ちています。
_DSC3357

_IMG2619

中央高原散策路周辺はすでに落葉していますが、ウガンダのお目当ては群生している「ななかまど」
自然の中のこの赤色が大好きで毎年のように観に来ています。
_DSC3359
 
_DSC3364

_DSC3367

_DSC3368

_IMG2590

片貝沼への道の途中に立つ白樺
_IMG2577

片貝沼
_IMG2618

散策路
_IMG2580

目玉沼
_IMG2587

散策路
_IMG2600

五郎岳登り口
_IMG2602

五郎岳山頂
_IMG2603

山頂からの眺望(パノラマ)
IMG_0288-2

うつぼ沼
_IMG2613

温泉街に下りて「食事処きくち」でラーメンを食べました。
 

温泉街がちょうど見頃です。
IMG_0303-3

観光協会の大沼さんにあいさつして、湯めぐりこけしをいただいたので絵付けができる「田中こけし屋」に行ってみました。
_IMG2625

_IMG2627

IMG_0296-2

_IMG2622

_IMG2623

_IMG2624

_IMG2626

よく温泉街にはこけしがあるが何か関係があるのか?と聞いてみたら山間部の温泉は材料の調達が容易だったのが原因だろうとのこと、東北にも様々な伝統こけしがあることを教えてもらった。

ちょうど女将さんとお会いしたので『ルベール蔵王』さんでお風呂に入って来ましたが、そちらは別スレで紹介します。

帰りに鴫の谷地沼にも立ち寄ったらちょうど夕焼けで綺麗でした。
山の写真を撮る方がたくさんいました。
_IMG2630

_IMG2629

蔵王温泉日帰り入浴「Hotel Oakhill(ホテルオーヒル)」

先日の日曜日、サッカーの帯同がキャンセルになり妻も娘も休みということで、YBCラジオフェスタに行ったあと蔵王温泉に行ってきた。

蔵王温泉はシルバーウィークの宿泊状況はまずまずだったそうで、ジャニーズ『嵐』の影響も少なからずあったそうです。

これから紅葉のシーズンに入り、ますます蔵王温泉の魅力を発信して噴火騒動以前よりさらに増えるようなアクションが求められると思います。

そんなこんなで、いろいろ事前にグループメッセージでお話しを聞いている中、前回お世話になった吉田屋旅館の千草さんから「今回もうちへどうぞ〜」とお誘いをいただき、系列店の「Hotel Oakhill(ホテルオークヒル)」さんにお邪魔してきました。

蔵王体育館から龍山ゲレンデやジャンプ台に向かう道沿いにあり、温泉は吉田屋旅館の前の源泉から引いているのだそうです。

日帰り入浴の時間とお値段は


入浴可能時間は午後12時〜21時まで、料金は大人500円、子ども300円

男湯には内湯、露天風呂×2の合計3つの湯船がありました。






たまたまお客様がいなかったので内部の写真を撮らせていただきました。
内湯の湯温は、熱い風呂が好きなウガンダにも満足のいく温度で、硫黄の香りもほどよく湯ノ花も湯船に沈んでいます。
檜の露天風呂も空が開けて直ぐそばの樹木がとてもきれいで、まもなく赤く染まりますますキレイになると思います。
岩風呂の方は屋根が付いていて、その日も突然強いにわか雨が降ったのですがそのまま入浴していられます。内湯に比べると少しぬるめですが十分温まる温度です。(蔵王温泉は共同浴場などの湯温が非常に高温で、それと比較すると低いという意味です)。
離れた源泉からポンプアップしているとのことだったので加温しているのかな?と思いましたが、成分表をみると循環はしているが加温はしていないようです。


大変いいお湯加減でした。

カランは7つ有り、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープがおいてあります。



お風呂から上がって、天井の高いロビーのソファーで妻と娘を待ちました。
傍らに暖炉があり、冬は火が入るようです。


残念ながらWiFiの電波は拾いませんでした。

館内にカラオケスナック&ダーツバーがあるようです。
 

これからの季節、蔵王温泉はとてもきれいな紅葉に包まれます。
ロープウェイで上に行くともう紅葉は真っ盛りでトレッキングや写真愛好家の方々で賑わっているようです。

何度も言いますが是非お泊まりで来てみたいところです。
千草さん、今回もありがとうございました。



『Hotel Oakhill』
〒990-2301
山形県山形市蔵王温泉756−1
023-694-2110

蔵王温泉「旅館 吉田屋」さん

山形市長選挙に立候補している友人、さとう孝弘君の選挙カーが蔵王温泉地区に入ると聞いて、自称蔵王温泉サポーターとしては「これは行かねば!」と急いで蔵王温泉に登った。

あまりにも早く着きすぎて、蔵王温泉の皆さんとのグループメッセージで「誰かうぢさござっしゃい(うちにおいで)とお茶飲みに誘ってくれる方いませんか?」と流したら、『旅館吉田屋』の千草さんから「うぢさござっしゃい」とお誘いをいただき、お邪魔しました。

本当にお茶飲み話でもしようと思って行ったのですが「お風呂いかがですか?」と嬉しいお言葉♡
お言葉に甘えて温泉に入らせてもらうことに。

お風呂場まで案内されながら「うちは古い建物の旅館で」とおっしゃられましたが、いやいや、こういう雰囲気がいいんですよ。

お風呂場の入り口
IMG_9037

男湯は「多賀由」、女湯は「霧氷」
この理由を聞くの忘れた

源泉かけ流しの温泉
IMG_9036

風呂桶が「ケロリン」ww

先に宿泊客の学生さんらしき人が入っていたので、声をかけてみました。
法政大学の合唱部50人が蔵王温泉で毎年合宿をしているらしく、昨日までアストリアホテルに全員で合宿していて、最終日だけ各学年毎に違う旅館に分散して泊まっているのだそうだ。

風呂からあがり、すっかり気持ちが良くなってフロントに。
玄関先にこんなカワイイ籠が。

IMG_9038

これ、なかなかシャレ乙でいいじゃないですか。

千草さんにお礼を言い、一緒に記念撮影。
IMG_9039

蔵王温泉もいろいろ仕掛けを考えているようで、今度「ウガンダのそうおっしゃるラジオ」にもご出演いただくようお誘いしてきた。
今度は是非泊まりに来たいです。

『旅館 吉田屋』
〒990-2301 
山形市蔵王温泉13
TEL:023-694-9223(代)
FAX:023-694-9404
ホームページはこちら
IMG_9040

livedoor プロフィール

uganda_

訪問者数

    最新コメント
    月別アーカイブ
    Google
    Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
    Twitter
    followme